Merry Christmas!リキファン、性格遺伝子

メリークリスマス♪
画像

先週のクリスマス会で燃え尽きてしまったワタシ・・・
そして、クリスマスが待ち遠しすぎ、いよいよ差し迫ってくるとクリスマスカードや
プレゼントの宅急便が来てそのボルテージが頂点に達し発熱したチビ(笑)
というか高熱で最後のアドベントカレンダーも開けれず、ふらふらでトイレ行くのもおんぶという・・・
インフルエンザかも・・・馬小屋セットのイエスさまもワタシが作ることに。
画像

というわけで、チビがろくに食べられないしワタシもやる気ゼロなので料理もなし、
家の中に閉じ困ったまったりしたクリスマスになりました。
しかしチビが一生懸命作ったクリスマスプレゼントは、ミサには出席せずとも
ワタシがとりあえず配ってくるしかないかなあ???正月に配ってもねえ・・・
それにしても、毎年なんだかんだと、プレゼントがたくさん♪
画像

今年もレーダー、人工衛星、サンタ カメラ、ジェット戦闘機の 4 つの最新鋭システムで
追跡してるというNORADでサンタさんの居場所をチェック!!!
http://www.noradsanta.org/ja/index.html
もうかなりプレゼントは配られた模様。今年も前半そうそうに日本を訪れています。
今年は仙台で配ってる模様が動画にアップされていますよ!

いつもいく庄内さんブログで気になる話題ふたつ。
http://homepage3.nifty.com/tak-shonai/
12/14 "ネズミもすなる 「思いやり」 というもの"
これは、要するに、ネズミは透明な樹脂製の容器に閉じ込められてしんどがっている仲間を、
ご褒美がもらえるとかそういうのなしに、進んで助け出すということが、実験でわかったという事らしい。

キムタクの「南極物語」はかなり前評判が良く放送後はかなり視聴率が悪いという事だった
らしいけど、私にとっては唯一キムタク出演ドラマでちゃんと全部見たドラマである。
その中で、置き去りにされた犬たちが助け合っていく姿のシーンがいくつかあって
そんな馬鹿なことがあるか、群れでは移動しても、人間じゃないんだから、海に落ちそうな犬を
助けあげたりするわけがないと思って、ここだけちょっとしらけていた私だったのだけど、
ねずみでさえも、助けるのだったら・・・やっぱ助けるのかなあ・・・
しかしリキ(犬)・・・男前でしたねえ!!リキファン、いたのでは・・・♪
画像

で、確かタロとジロって帯広動物園にいたよねー?と思う。
まあ小さい頃の記憶だからと思ったけど、けっこう帯広出身の人はみな、いたよねー?と
ネット上でも書いている。でもWikiには帯広動物園の「お」の字も出てこない。
実際はなんとタロは14歳でなくなる昭和45年まで北大植物園にいて、しかも現在も同じ場所に
剥製となってそこにいるという!!!こっちのほうが全然知らなかったよーーーどこにあったっけ???
ちなみに第4時越冬中に南極で5歳で病死したジロは上野の国立科学博物館にいるという。
おびひろ動物園のHPには旧犬舎もあり、でも冒険家の植村直己さんが北極圏犬ぞり探検した時の
犬がどうもおびひろ動物園に預けられていたらしい。しかもなくなったのは1984年。
タロとジロと思ってたのは、この「イグルー」という犬だったろうか。
ちなみになくなった日は、消息を絶った植村直己氏の創作を打ち切った当日だったそう(涙)

12/17 "人間の 「幸福を感じる能力」 が活性化されるには"
法政大学のグループによる 「幸福度ランキング」 で交通網が
完備されているところほど幸福度が低いということも言えるような結果が。
国民総幸福量(GNH) ナンバーワンも決して近代化が進んでるわけじゃないブータンだそう。
考えさせられますね~~~!

さて。チビの学校では普段から日曜何したとか書くような日記のようなノートがあり
チビはかなり、書く。長くて読んでられないので、たまにしか読まない。
で、久々に読んだとき、確かコマかなんかだったと思うんだけど、回すと
自分のだけが綺麗な模様ができ他の人にはできない、何度見ても自分のだけで
不思議でならない、でも他の人に羨ましがられるといけないので黙っていた、というような
文があった。ワタシは、えーーー発言するのに人がどう思うか気にするなんて・・・
どうなの~~と思い・・・

で、ワタシがやってるシュタイナー教育って、やっぱ子供は環境よ、と言ってると思っている。
で、この事を旦那に言った時、「人がどう思うか考えて発言したりやめたりするなんて」
と言ったら、旦那が「俺は考える」といってまたビックリ。
で、さらに「君は考えず発言して損をしてることがたまにある」とまで・・・
えーつまりは旦那のDNAってこと???
でもね。
遺伝子のできることはタンパク質を作ること。
性格を作るタンパク質というのはないらしい。
やはり性格は遺伝子ではなく環境だという。
チビはワタシが可愛いリボンやゴムを買ってあげても、喜ぶものの
学校にはしていかない。
旦那よりワタシの方が一緒にいる時間がはるかに長いのに、旦那の影響も
受けてるんだろうか?ワタシを見て反面教師になってるんだろうか?(笑)
もちろん人が傷つくような思いやりのないのは良くないけど
人がどう思おうが、自分の好きな格好や発言しても良いと思うけど。
ましてチビは小学生なんだから・・・
だけど、人間関係って小学校、いな、幼稚園から始まってるんだよね。

これはこちらのサイトを参考にしました。
「性格が遺伝する(遺伝子に支配されている)という証拠もないのです。
そもそも「性格」そのものを科学的に定義することも難しいです。
温厚な性格の人が突然暴力を振るったとしたら、「温厚なのに暴力を振るった」のか
「温厚だと思っていたのに実は粗暴だった」のか、どちらが正しいと思いますか。」
面白いですね。
http://dna-cafe.cocolog-nifty.com/

この記事へのコメント

2011年12月25日 09:14
せっかくのクリスマス、ちびちゃん発熱ですか。
インフルなら、高熱になるかも。お大事に。
南極物語、一度も見ないままです。
再放送あるかな。
雨漏り書斎主人
2011年12月25日 09:49
珍しく、こりすさん、おはっ です ww

貴地は文字通りホワイトクリスマスでしたか。
姫様、はやく回復するやうF市から祈ってますヨ

昨日のイヴは、チビ達と数時間、共に過ごしましたが、無責任に可愛がっている拙たち、少しは考えた方がいい鴨ぉ
ブルー・ブルーさま
2011年12月25日 11:48
そうなんです~高熱だったからインフルかもと・・・。でも今日はだいぶ下がりましたよ♪南極物語、再放送・・・どうでしょうねえ・・・話題のミタは総集編?特番かなんかあったみたいですね♪
雨漏りさま
2011年12月25日 11:50
おはっです~♪はい、ホワイトクリスマスでした、プレゼント、どうしても配るというので仕方なく行ってきました(涙)雪があると空気が冷たいですね☆無責任に可愛がってる~~そういうただただ可愛がってくれるじじばばが必要なのですよ~~うちも近くにいればなあ・・・♪
2011年12月25日 13:34
私は話題の2作品は残念ながら観てないんですが、南極物語もドラマ化でかなりの脚色もあるみたいな??
確か、南極で生き残った犬は、タロウとジロウの2匹だけだったってことだったんじゃなかったかしら?
その2匹の剥製は東京のどこかで展示されているって聞きましたが
それと性格は育った環境もあるのは間違いないですが、この私は亡くなった母の性格にそっくりで最近は顔はおろか、水虫まで同じようなところにこしらえてしまい、母の遺伝子が大なのは確かで・・
つまりは性格にもそれらも反映してるような気もしますが~~??
風子さま
2011年12月25日 14:50
お~見てないですか、南極大陸、やっぱ脚色もありますよね~☆けど一応生き残ってたのはタロとジロだけ、というのは変更なしでしたよ♪ジロが上野の国立科学博物館にいるそうですよ。タロは札幌にいました♪性格は遺伝子に関与してないらしいですが、その、まさに骨格とかもう遺伝子ですよねー。それにと不思議と歳をとるごとに似るような気がしませんか!!不思議ですよねー。うちは犬とも、病歴が似るんですよね・・・やはり一緒にいると・・・☆
2011年12月25日 15:21
こんにちは
ちびちゃん大丈夫ですか?
トイレ行くのもおんぶと言うのはかなりの高熱ですね。
我が家も今年は家でのんびりとしたクリスマスを過ごしてますが、それが本来のクリスマスの過ごし方ですよね。
早く良くなると良いですね。
新年を迎える頃には元気一杯になってほしいなぁ~。

タロ、ジロ、北大にいたと言う話は聞きました。
実際に剥製になったのを見たことないんですが、研究材料として必要なんでしょうね。

サンタさん、今ごろ我が家に向かって来ているはずなのですが、レーダーを見ると…
サンタさん歓迎の幟を立てて待っているのですが
2011年12月25日 15:56
こちらの北海道新聞でも サンタさんを追っかける企画をしばらくやっておりました。
このノリってすきだなあ。

そのご 具合はどうでしょう?
熱はさがりましたか!
ブルースカイさま
2011年12月25日 17:05
そうなんですよ、元気なんですが熱が高くて起き上がると目が回るようで☆今日はだいぶ良いですよ♪ほんとにのんびりしたクリスマスとなりました。家族で静かに過ごすのが本来の過ごし方と言いますね♪ほんとは今週スキーの予定でしたがどうなることやら・・・☆彡ワタシも剥製みたことないんですよ!どこにありましたっけね???植物園自体あまり行きませんでしたが、近くはよく行ったのにな~。サンタさん歓迎の幟(笑)(笑)(笑)先頭を走るルドルフの好物を置くという手もあったかも~ブルースカイさんちに行きますように!!!
└|∵|┐高忠┌|∵|┘さま
2011年12月25日 17:12
サンタ追っかける企画、良いですよね~♪こういうノリは日本人的にはあまり得意じゃじゃないかもですが、ナイスです!まだ、サンタさん配達終了してません~~~いつ終わるかな?そのご具合。朝のプレゼントでまたヒートアップ、熱がぐっと下がりましたが、プレゼント効果夕方に降下し始めております・・・(笑)が、高熱は一段落落ち着いたみたいです!高忠さんもお気をつけ下さいませ!うちの旦那はウツル・・・と近寄りもしない・・・
2011年12月25日 18:45
お子様の平癒をお祈りしております。
プレゼントがたくさん、嬉しいですね。
2011年12月26日 06:34
旦那の発言は思い余ってのことなのかも知れません(笑)
チビちゃん、風邪気味の神父さまから移されたのかな?
それにしても今年は散々なクリスマスでしたね。
ミー太郎
2011年12月26日 06:52
ふ~ん、性格の遺伝って説明できるもんではないのですね。私の兄弟達も私も全然性格似てないし、両親そっくりのもいれば全く違うのもいて、その性格はどこから来た?とよく思います。^^ チビちゃんの発言も興味深い。確かに人間関係って幼稚園から始まってますよね。小さいながらにちゃんと人間関係が成り立っているから侮れません。
インフルエンザ、お大事に。
2011年12月26日 07:29
お早うございます~♪
ラブちゃんの具合は如何ですか?
心配ですね・・・お大事になさって下さいませ
南極物語は昔のなら見ましたがキムタクのは見ていません。
タロとジロの姿には涙しました。
桃源児さま
2011年12月26日 11:22
今日やっと熱が下がりました♪きっちり3日間、クリスマスホリデーはお布団の中でした(笑)プレゼント、見てるワタシのほうも、多いと嬉しいですね♪
達さま
2011年12月26日 11:24
思い余って旦那とは北海道の乗馬の学校から一緒で一匹狼(古い?)なワタシを知ってるので・・・やっぱ思い余ったのかな(笑)どこから移されたんでしょうね!学校でもインフルエンザが流行ってましたからどこで移されてもおかしくない状況ではありました☆そういえば(笑)達さんの風邪はどうなったかしらん☆彡
ミー太郎さま
2011年12月26日 11:30
性格って面白いですよね。でもやっぱ環境は強いですね。親が違っても長男次男末っ子ってけっこう共通してるんですよね。ふたごも別々で暮らすとその類似性はどんどん下がるそうで・・・どっかの大学が意図的に双子を入学させて研究してるらしいですね。チビ、小学校で頑張ってるなー(勉強じゃなくて・笑)って感じますね。おかげで今日熱が下がりましたよ~♪
ミモザさま
2011年12月26日 11:32
今日やっと熱が下がりました!きっちり3日間でしたね~♪まあ少々退屈でしたがチビはほとんど病気しないのでたまには・・・ね(笑)南極物語、昔ありましたね!多分見たと・・・。タロとジロの生還は感動ですね♪
2011年12月26日 16:05
こりすさん、こんにちは
クリスマスのイベント、すべて終わりましたね。
Iちゃん、高熱がでたのですか
大変変でしたね。(↑レスに、下がったとのお返事、よかったですね)
沢山のプレゼントですね~。これだけ頂くと言う事は、これだけプレゼントを差し上げてる、ということですよね?
プレゼントって、開封する時、ワクワクしますねぇ。(笑)

>性格は遺伝子ではなく環境だという。
へぇー、そうなんですかぁ・・・
私は、両方がミックスされて、子供は形成されていくのでは?ないかと思っていたのですが・・・。
確かに、産まれた順番によっても、環境が違うので、性格(考え方)も違うのは、我が子たちを見ていたら分かります。でも、親に似た性格も持っているように思うのですが、これは、遺伝子ではなく、親がそのように教育して育てたので、そのようになったのかしら?
と言うことは、やっぱり環境???(笑)
kirariさま
2011年12月26日 17:34
ほんと、終わった!!!って感じです(笑)チビはあまり高熱を出さないのでインフルだったかも・・・でもきっちり3日で終わりました~よかった♪25日は、とにかく顔も洗わず着替えもせずひたすらプレゼント開け(笑)一通り見たら顔洗って着替えて、それから吟味♪性格、遺伝子は関係ないと言うんですよねー。ワタシ小学生の頃、夏休みなどで長く親戚の家に行くと性格が変わって帰ってくると言われたのを今でも覚えていて・・・まあ・・・私も経験がない(というか経験中?)ので、育児が終わったらひと意見いけるかもですが・・・どうも、一緒にいる人の性格に似るらしいです(夫婦も・・・)☆
kawazukiyoshi
2011年12月27日 13:05
遺伝は難しい話ですね。
遺伝子の突然変異によって
色んな形態が変わるのは分かっています。
突然異変が起こる確率を研究していたこともありました。
分枝過程を使うのですが、木村理論など
まだまだ多くの問題が残っています。
でも、楽しい分野です。
今日もスマイル
kawazukiyoshiさま
2011年12月27日 14:10
遺伝子は研究中なんですよね?意図的に双子を入学させて研究する大学もあると聞いた事がありますが・・・。突然変異って不思議ですね。そのことで有利になったり不利になったりするのが出てくるでしょう、するとまた不思議な進化?があったりするのかしら・・・難しいけど面白いですね!確率の研究だなんて・・・どんなかしら・・・ムズ面白そうです(笑)
2011年12月28日 07:05
チビちゃん、スゴイですね。もうすでに人がどう思うかを考えて行動している。立派な大人です。きっと小学校の人間関係の中で学習したんですよ。子供社会っていうのは時として大人が思ってるよりも大人社会よりも残酷でストレートですから。イジメがそのひとつですよね。多かれ少なかれ小学校ではあるでしょうね。自我が芽生えて個人差がある小学生、みんな仲良くなんてありえないでしょう。・・・・間違ってる?私の小学校のときの話ですけどね。

「君は考えず発言して損をしてることがたまにある」・・・・ははは。こりすさん、自覚ないでしょ?(笑)まぁ、私も人がどう思うか考えずに発言することは多いですけど、一応、サラリーマンですので、社長や上司の前、客先では「こう言ったらこう思われるからこう言うか・・・いや言うまいか」のように、どう発言するかを必死で考えます。

考えない人もたまにいますけど・・・・
けいつ~さま
2011年12月28日 09:16
いやほんとにね、小学生の人間関係って大人が思ってるより大変なんだという事なんですよね~。こういうことに時代はあまり関係ないでしょうね☆そして言わない事に決めたチビはワタシより大人と言って良いでしょう(笑)自覚ね、ないというか、言う時はもうそれでどう思われようと良いと腹くくってますから。それで去るなら追いかけないし残る人は残る!みたいな・・・強気です。まあ旦那に言わせれば敵を作ることは無意味だそうで・・・確かに旦那はオソロシク人当たりがよくウケも良いです(笑)そんな旦那をヒドイ人間だと思ってるんですけど・・・☆

この記事へのトラックバック