ひこにゃん、トンデモ、猫背

ひこにゃん・・・
画像

桃源児さんが滋賀県の旅に行かれました~、来年の大河ドラマ”江”に縁がある場所など♪
レポはコチラ♪↓↓↓
http://t-genji546.at.webry.info/
彦根城のゆるキャラ、ひこにゃん・・・そのゆるさにかなり脱力しました(笑)
実は見るまで全然知らなかったんですが、ゆるキャラブームの火付け役だったんですね~。
ゆるキャラには三か条があって、
1.郷土愛に満ち溢れた強いメッセージ性があること。
2.立ち居振る舞いが不安定かつユニークであること。
3.愛すべき、ゆるさ、を持ち合わせている事。
ちゃんと条件を満たしてますね!
全国ゆるキャラ人気第一位!ちなみに2位はかわいくないと評判だった「せんとくん」

ひこにゃんの本名「彦根の、にゃんこ」
彦根藩の2代目藩主・井伊直孝に縁ある1匹の白猫をモデルなんだそうです。
江戸郊外武蔵国荏原郡世田谷村(現・世田谷)の豪徳寺で、井伊直孝がにわか雨にあって
大木の下で雨宿りをしていた際に、手招きをする白猫を見て近寄ったところ、
直後に大木に雷が落ちたそうな。この白猫のおかげで難を逃れたと感じた直孝は感謝し、
のちに豪徳寺を井伊家の菩提寺とした・・・というお話が元になってます。
兜は井伊の赤備えだす。

救急車をタクシーのように使うなどトンデモ患者(?)がいたりして
トンデモなくないのにトンデモじゃないかと思われてしまうという一般人にまで迷惑をかけてるわけですが
最近は困った患者は多様化してきていて、「本当にひどいクレーマーが増えている印象はないが、
治療内容に疑問を呈するような“小さなクレーマー”が最近かなり増えた印象がある」という内容が
日経メディカルに出てました。
それは
1、医療知識を振りかざす患者
2、過保護な患児の保護者
3、お金をかけたくない患者
なんだそうです!
1なんかは最近の健康ブームもあるんじゃないかとか、ワタシのようにちょっと長く入院して
やたら詳しくなっちゃったとか(もう過去の事だけど・笑)そんなのかな・・・
3は、笑ってしまった、これ、ワタシです(笑)もうあんまり治療したくない。
お金かかるんならこのまま悪化させて死にたいと思う。悪化しても不快なだけな時は仕方ないですが。
ホメオパシー問題があがったとき、やっぱり重篤になるまでホメオパシーやって、
手に負えなくなってから来るもんだから、医者が困ってるとか言う記事も出てましたね~。
アメリカなどで医療保険に加入してなくて救急車も呼べない患者の悲劇とはまったく別世界です。

ワタシ山口に来て8年、すっかり猫背になってしまいました。
山口に来るまで、背筋が良くてがに股(笑)で、よくバレエやってる?とか声かけてくる人がいたものなのに…
要は馬に乗らなくなったので背筋腹筋がダメになったのではないかと・・・
最近の若い子も猫背が多いそうです。
猫背は背骨の負担が内臓にもかかり、内臓が圧迫されて内臓疾患のおそれもあるし
第一血行が悪くなって肩こりの原因にもなる。
それに喉の奥の起動が開きにくく音域が狭くなってしまって上手に歌も歌えないんですって。
(音痴だからその辺は知らない)
が、しかし!バランスと瞬発力が生かされるような、サーフィンとか旗取り競争などでは
猫背が有利!まさにネコのようなスポーツはネコのようなのが理に適ってるんだそうで・・・
短距離競争もそうなんじゃないでしょうか・・・末續慎吾選手のナンバ走りとか(笑)
あれは上体を動かさないというだけで猫背とは言わないですね☆
ちなみにワタシもチビもナンバ走り♪超~~~遅いです(涙)
走り始めてからいつ到着するのかってよく言われる・・・

世界陸上2003年パリ大会の200m。日本人初の銅でした♪

ほんとのナンバ走りは「右手と右足、左手と左足を同時に出す」という意味不明??な走りで
江戸時代の飛脚がそうやってたとか・・・。だから末續選手も言ってるように、ナンバ走りなんじゃなくて
ナンバ走りを意識した走り方だったんですね~。
それはそうと、飛脚はもとより、武士?の走り方も上半身動かさないですり足で走ってますよねー。
これは早いかどうかは知りませんが、着崩れしないのは間違いないです。
着物を着たときは上半身(肩、腰)を動かさないように、歩くときは膝下でというような気持ちで
歩くと着崩れないです肩で風切って歩くとすぐはだけます♪
いわゆる丸太な自分になれば良いんですけど、これって案外健康的なんですってー。
洋装と違って、体のゆがみがすぐ分かる(現代だと逆にゆがんでる人が多いので最初は着物はきついらしい)。
いつも着物を着てると一本中心があるカラダなんだそうで。帯でお腹は冷やさないし。
それに着物を着るととたんに気持ちが引き締まりますよね~。
着物を着ておしとやかにしてるんじゃなくて、タスキをかけて掃除でもするとこれけっこう楽しいです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2010年10月12日 04:51
ひこにゃん、可愛いですよね。
2010年10月12日 06:28
桃源児さんのプレゼントは鮒寿司かなと思っていたら、ひこにゃんでしたか
せんと君は先日奈良に行った時、気に入った完成度のものがあれば買おうと思って土産物屋を覗いてみたけれど、土産物屋自体がせんと君の売上には見切りをつけているようで、顔の部分が平たいのとか碌なものは置いてなかったです
着物、着物姿でパンティ穿いてちゃ違反ですよね
凡・ハヤトさま
2010年10月12日 08:02
ひこにゃん、ユルかわですね
達さま
2010年10月12日 08:06
プレゼント、滋賀県でしょう、さっぱり想像がつきませんでしたよせんと君、お土産屋さんも見切りつけちゃいましたか(笑)ランキングも2位にせんと君を見た時はランキングそのものの信憑性を疑いましたものね☆着物のパンチーですね…ワタシ基本違反者ですが最近はパンツ一体型ストッキングやらTバックやらで…世の中便利になりましたね♪
2010年10月12日 09:19
実は、何年か以前、ひこにゃんの出始めの頃に、バスツアーで滋賀の辺りも走り、サービスエリアのどこかに止まったんです・・バスガイドさんが「今、ひこにゃんが人気です」と言っていたんだけど、その時はさほど有名でもなくひこにゃんグッズ買ってなくて・・後で「しまったぁ」とも思いましたが、ひこにゃんは見るからに可愛くて人気ナンバー1も解る気がします

昔の人って走るのにも藁ぞうりでしょう・・そこへ着物ですからね・・飛脚の人も相当根性なければ走れませんよねo(^▽^)o
ミー太郎
2010年10月12日 10:27
わお!彦にゃん!ゆるくて可愛いですな~♪
「ぐんまちゃん」よりもゆるいぞ?^^

かくいう私も猫背でやんす。もうこれは子供の頃から
直らないですね。自分ではすご~く真っ直ぐに立っている
つもりなんですけど、実は猫。
猫といえばウチの猫ってよく後ろ二本足で立つんですよ。
猫背が伸びるんじゃないかと心配。。(笑)
2010年10月12日 11:52
無事に届いたようで、何よりです。
その猫の話は知りませんでした。
でも、せんと君が2位というのは納得いきませんね。
昔の人、現代と同じような歩き方だと、着物の合わせ目がずれてくるので、自然にナンバ歩行になっていたとか聞きました。
2010年10月12日 14:11
「ひこにゃん」という名前は知っていましたが、そういう由来だったのですか。。ゆるキャラ三か条、笑えます~~♪
私も以前すこし猫背だったのですが、今はヨガをしているお陰もあって背筋が伸びてきました。。
そよ風
2010年10月12日 15:40
こりすさん こんにちは♪
桃源児さんの直筆サイン入りお手紙付きのひこにゃんが届いたのですね。こりすさん母子さんの嬉しそうなお顔が目に浮かびます、よかったですね ひこにゃんは直孝さんの命の恩人!白い猫というところがなにか神がかっているような・・? 救急車をタクシー代わりに使う人、高齢者社会が進むと更に増えるかもしれません。その時は痛みや苦しみや不安や恐怖でどうにもならなくて呼ぶのでしょうね。日経メディカルに出ていた三か条、患者側から訴えたい事も沢山あるでしょうね。私も過剰治療やチューブ人間は・・ただ痛みのコントロールだけはお願いしたいです、注射針を見ても脚がすくみます
末次の僅差での銅メダルの走り見せて頂き有難うございます。アテネのリレーも感動でしたね。
お着物のお話、こりすさん似合いそう
風子さま
2010年10月12日 16:43
おお~出始めですか、ひこにゃんがゆるキャラのはしりと言うんですから、そんなキャラクター自体興味持てませんよねー。まさか1位になるほどとは…ねえでも見れば見るほど愛嬌ありますよね♪昔の人、足の裏は鍛えられてたと思います~。藁草履なんてほとんどはだし?(笑)でも早く遠くまで…ナンバ走りはちょっと不可解ですが、早かったんでしょうね~。根性も現代とは比べ物にならないでしょうね♪
ミー太郎さま
2010年10月12日 16:49
ぐ、ぐんまちゃん???そのまんまじゃないですか(笑)思わずググってしまった(笑)ワタシの好きな馬ではありましたがユルさはひこにゃんが上でしたね猫背、多いですよね。猫背じゃない人は「背筋良いよね」って必ず言われるくらい猫背が普通ですもんね。二本足でたつネコ!ネコ卒業では?(笑)立ってる時猫背じゃなくなっても座ってるとき完璧な猫背だから心配しなくても大丈夫♪
桃源児さま
2010年10月12日 16:56
おみやげありがとうでした♪より桃源児さんの記事が身近になった感じしましたワタシゆるキャラ自体よく分かってなかったので、思わず調べてしまいました(笑)だって~あれが直孝だったらあまりにもあまりにもかなって思って…で、ネコだったからちょっと許せました♪せんとくん、2位と言うのを見てこのランキング自体の信憑性を疑ってしまいましたねー。昔の人の歩き方、確かに、武士とかそれどころじゃなくて着物着てる人は自ずとそうなったでしょうね~~!着物を着てると所作さんかも違ってきますものねしかしナンバ走りの飛脚…ほんとなんでしょうか…
komichiさま
2010年10月12日 17:00
ゆるキャラ自体しらなかったので、このユルさに、なんなんだ???と思わず調べてしまいました(笑)三か条見て納得♪しかしこのゆるキャラ…日本ならではでしょうねえ~おお~ヨガでも背筋が伸びましたか♪ワタシなどは肩が内へ内へと入るし、猫背になった今もやっぱ苦しいんですよね(普通猫背の人は猫背が苦しくないらしいです)。背筋がまっすぐだと、自覚はなくても内臓も楽だと思うんですよね~♪
そよ風さま
2010年10月12日 17:06
おみやげ嬉しかったです、桃源児さんの記事もより身近になりました♪ココ助と取りあいでしたよ(笑)白と言うのはやっぱなにかありますね!この間の白い彼岸花も天上の花、白い蛇は神の使い(でしたっけ)山口市の湯田温泉は白狐が見つけたそうです♪日系メディカルの、医者にとっては迷惑でしょうが、患者なりに理由はある感じしますよね。医者と患者の希望が一致しないというか…迷惑と思わず歩み寄りを期待しています末次選手、ちょっと懐かしかったですね!久しぶりにどんだけナンバ走りかな?と思って探してみました(笑)
2010年10月12日 21:01
こんばんわ
せんとくん、キャラクター登場当初は色々批判もありましたが、
何だかんだ言ってそれなりに認知されて来て、そして今や可愛いと言う人まで
何か不思議ですね。

お金をかけたくない患者さん、これは僕もそうですね
と言うか、病院行くくらいなら他のところに金をかけてしまう。
多少の風邪では絶対病院には行きません。
って、風邪は万病の元なのに…。

でも、自分の体は自分が一番判りますよね。
よほどひどかったら行きますし

自分で歳をとったと感じる事は、坐骨神経痛になった事と高い声が出なくなり、その代り声が太くなった事でしょうか
歳を取ると大なり小なり、変化が出て来ますね。
出て欲しくないけど…。
珊底羅
2010年10月12日 21:29
 今晩は。
 私の住んでする地域で飲み屋のゆるキャラの虎が休日の駅のコンコースにでている。奈良公園にも鹿のゆるキャラをみかけた。鹿の角切りの会場前で。流行っているのでしょうね。
 体調おかしいと思ったら医者へ。自転車はやめて歩こう。強弱つけるだけでも汗だくになるよ。
2010年10月12日 21:35
ひこにゃん、かわいいですよねぇ。
娘が狙っています(笑)
背筋は、歩いていると鍛えられるって聞いたことが。腹筋はやはり鍛えないとつかないけど。最近やばいです。
救急車、2回乗ったことがあるんですよ。1回目は友だちの車に乗ってて事故。
私はぶつかるのに気がついて、踏ん張ったから大丈夫だったけど、4人で病院に運ばれた二十歳の時。と、もう1回は友だちがはねられて付き添いで。
タクシー代わりに救急車を呼ぶって最近よく聞きますけど、本当に救急車が必要な人を待たせることになるんですよね。
雨漏り書斎主人
2010年10月12日 23:17
こりすさん   こんばんHA

ほほうかわゆいのが届きましたねぇ ♪

豪徳寺  天才アラーキーの住んでるところですね
(また 外したぁ)
よしお
2010年10月13日 01:12
ひこにゃんって猫背じゃ無いですよねぇ(笑)
僕は典型的な猫背ですが・・・
ひこにゃんは招き猫の元祖なんですね。初めて知りました(・_・)
健康ブーム、こんなものまでブームになるご時世なんですねぇ =^_^=
ブルースカイさま
2010年10月13日 07:16
せんとくん、ワースト2位とかならまだしもひこにゃんの次に人気って不思議です!いくら慣れてきたとはいえ(笑)3か条の3、愛すべきユルさにはあまり外用してない気がするんですが…☆かぜは万病の元ですがだからと言ってすぐ病院へ行けと言う意味じゃないので、仰るとおり病院に行くくらいなら風邪に良いような他の事にお金かけたいですね~。ただし癌などは症状がないのが普通で症状が出たときにはかなりすすんでるので、予防と言えば検査になるのかなー。この辺悩むところです☆坐骨神経痛!?スゴイ痛いじゃないですか☆声が太くなる、そういう事もあるのかなー。確かにキャーキャー高い声は出なくなったというか出さなくなりましたね(笑)
珊底羅さま
2010年10月13日 07:20
奈良公園の鹿のゆるキャラはまだしも、飲み屋のゆるキャラ~~~相当流行ってるんですね~~~☆自転車、ワタシのは電動だから余計ダメですね~。朝のお散歩も、チビとダラダラ歩くのでリフレッシュ以外の効果はないかも…。強弱つけて歩くともうスポーツですよね。そういえばお散歩の時にすれ違う人で腕降りを入れてる人がいます。あれも良さそう
ブルー・ブルーさま
2010年10月13日 07:25
ひこにゃん、若い子にウケそう!(笑)ワタシ基本自転車なのですが背筋はそんなダメになってないと思うんですけど、やっぱ腹筋が、ね~☆何年かぶりで馬に乗ると特に下腹部の筋肉痛になるんですよ。だから、出てます、出てます救急車、乗った事な~い!なのに2回も乗ってる~ズルイ(笑)ホント、本当に必要な人を待たせる事になりますよね。実際救急車呼ぶよりタクシーで行けば?という感じの人も救急車呼んでたりするし…。悪質な人は一番に見てもらいたいからとかそんな人もいるようで…
雨漏りさま
2010年10月13日 07:30
はい、カワユイですこれで世の中の事をひとつ知りました♪おお~アラーキーは豪徳寺に住んでるんですね、なんか外国の賞とってましたね☆
よしおさま
2010年10月13日 07:36
ひこにゃん、ゆるすぎて猫背も保ってられない感じですね(笑)手招きする白猫、手招きするって…ほんとかしらちなみによしおくんは手招きするのかな~。こっちきてよ的に睨むと言うならスゴク想像できるんだけど…♪健康ブーム、ねえ、ブームなんだか…ほんとに、こんなものまで、ですよねえ…
2010年10月13日 09:59
こりすさんへ
馬に乗らなくなって猫背になったのですか?ご主人様は何をしているのでしょう。私なら私が馬になってこりすさんを乗せ、こりすさんの美を保ってあげるのに・・・。救急車3ですか。同感です。私は2でひどい目にあいましたよ。
2010年10月13日 10:42
お早うございます♪
キャラクターが好きで、勿論全国のゆるキャラクターも大好きですから
ひこちゃんの人気ナンバー1も知っていましたよ
素敵なお品を贈って頂き良かったですね。
救急車をタクシー代わりに使う人が増えているとは聞いていましたが
秩序のない国になってきているので不安になります。
猫背でしたか?意識して歩くと良くなりそうですよ!(^^)!
ひょうすけさま
2010年10月13日 11:58
ご主人様、ほんとに何をしてるんでしょう~~~!(笑)嫁入り先を間違えましたねそれにしてもひょうすけ号は元気にワタシを乗せてくださったでしょうね!でも草の間にひそむ幼虫をみつけては道草をしそうです2でひどい目に?まあ…心配されてる証拠ですからねえ…
ミモザさま
2010年10月13日 12:02
おおっゆるキャラ好きでしたか♪ワタシは今回のひこにゃんで世の中ではこういう事になってたのかと知った次第です(笑)救急車の濫用?多分都会に多いんだと思うんですけどねー。それで本当に救急車が必要な人達が待たされたりするのはカンベンですね。猫背、意識するのとしないのとでは全然違いますね!以前のワタシの上司は気をつけて治したという人でした。多分山口に来てだらだら~と過ごしてるのも一因だと思います…
2010年10月13日 12:45
こりすさん、こんにちは
ひこにゃん、ほんと可愛いですね~♪
ゆるキャラの三か条、初めて知りました。
>馬に乗らなくなったので背筋腹筋がダメになったのでは
なるほど、乗馬は背筋が鍛えられるのですね。
私も猫背で、体操の時、意識して背筋を伸ばしているのですが、なかなか直りません。(涙)
昔から背が高かったので、低く見せるために前屈みになってしまったようです。(-"-)
救急車をタクシー代わりに・・・
今の世の中、自分さえよければいい、という思いやりがない(常識がない)人間が多過ぎます。
kirariさま
2010年10月13日 15:38
ゆるキャラ、ちゃんと条件があるという事自体が笑ってしまいますね♪でもひこにゃんは笑えますね!乗馬は背筋だけじゃなく、腹筋もきたえられてるみたいなんですよ!何年ぶりかで乗ると、とくに下腹が筋肉痛になるんですもん!背が高くて猫背、以前のワタシの上司もそうで、でも治そうとして普段気をつけることで治してましたねー。すらっとしてステキでしたよ♪救急車の濫用、都会なんだと思うんですけどかなり非常識ですよね~。本当に必要な人を待たせる事になっては大変ですよね
2010年10月19日 02:59
ゆるキャラブーム・・・なんか日本全国にはいろんなゆるキャラがいるようで・・・・こういうキャラを作ってる人がたくさんいるという番組を見た事があります。

当たれば関連グッズをたくさん作るので、収入も多いとか。

この記事へのトラックバック