はしっこちゃん♪

最近の山口は春?というか、秋?
暖かくてストーブクッキングもままなりませぬ☆
画像

空が高くてキレイなときは、特に見上げてるわけでもないのに目に入る。
ついでにさぎまで目に入った。うちのチビが木に飾りがついてる!と言ってましたね(笑)
クリスマスからまだ間もないですしね・・・
画像

さぎは北海道も棲息範囲らしいんだけど、私は山口に来るまでみたことがありませんでした。
ここに魚屋さんがあって、おこぼれにあずかってるみたい。良いですね♪
画像

さぎを見たときは、恐竜!?って思っちゃいました。
でかいし~飛ぶ姿は恐竜みたい・・・鳴き声も・・・
ツルはデカイけど、なんだろ、見慣れてるからかな?特に恐竜っぽくないけど。

やはり空のキレイなある晴れた日、久々に津和野に行ってきました。
ここには巨大化したコイがたくさんおります。えさなんぞ豊富にもらいすぎて見向きもしません。
画像

いなりずしの有名なとこがあるらしいよ、と聞いて、調べてから行きました。
太鼓谷稲荷神社の鳥居からでてすぐ。山口から行くと、こちらの鳥居をくぐって行く。
画像

そしたらいつも行くおそばやさんの隣だった(笑)
蕎麦屋さんが2件並んでて、手打ちが私達が行ってた方、手打ちじゃないけど
のれんがいなりずし、ってなってたのが、有名な方でした。
黒っぽい油揚げは2日間煮込み、さらに1晩寝かせて味をしみ込ませるそう。
画像

でもなぜいなりずし???太鼓谷「稲荷」神社だからか・・・

山口方面から来た場合の目印の鳥居のところに源氏巻屋さんがあります。
源氏巻は旦那の好物で必ず買うんですが、必ずここで買うの。
画像

なんでかって、はしっこちゃんをくれるの♪人形もオマケです。
画像

源氏巻はコチラ。このカットしたときに出来るのが↑
画像

今回ワタシが未食である栗のお菓子も買いました。
画像

このお店、源氏巻では明治初期創業、一番の老舗だそう。
なんで源氏巻って言うかと言うと、幕末に津和野藩の御用菓子司が銘名を頂くため、
このお菓子に紫色の餡を詰め込んで、藩主に進上した時、藩主の妻が紫色の餡に感動し、
『源氏物語』の「若紫」に出てくる和歌「手に摘みていつしかも見ん紫の根に通ひける野辺の若草」
を詠んだのだとか。それにあやかったそうです。
源氏巻の由来は、赤穂の浅町内匠守の刃傷が起きる前の頃、当時の津和野藩主、亀井滋親公が
勅使接待役を命じられ、吉良上野介に典儀故例の指導を受けていた時、浅野同様、
数々の辱めをうけて大いに憤り、吉良を斬って自らも自害する決意をしました。
それを知り、国家老多胡外記が、御家の一大事と早速吉良家に進物を贈りつけたところ、
吉良の態度は一変、殿様は無事大役を果たす事ができました。
その時の進物、「小判を包んだお菓子」が源氏巻の原型になったということです。
小判の代わりにあんこを入れたわけです。
「津和野藩を救った縁起の良いお菓子」とされているんだとか。

しかし吉良さんて言う方は悪い事だけの人ではなかったようですが、刃傷事件は
いつ起こってもおかしくない人だったんでしょうか(この時も指導しないばかりか愚弄ばかりだったそう)。

30日のブルームーンの沈むのを見て感動したワタシ♪
写真、撮りた~~~い!って画だった・・・でもカメラも携帯も持ってなかったから、
ではなくて、私のデジカメではあの大きくてオレンジの月は撮れないんです(涙)
で、kirariさんが国際宇宙ステーションも撮れないのよ~と言って、そういえば
ステキな写真がニュースに出てた・・・と、いう事で
画像

しかもこの写真、山口県下関なんです、アマチュア天文家(アマチュアカメラマンじゃなくて
アマチュア天文家なるものがあるんですね)の方が撮影(0.5秒露光の連続撮影を16回重ねた)。
宇宙飛行士の野口さんが乗ってる国際宇宙ステーションの光跡です。
26日午後6時16分ごろ、西北西の空に肉眼で見え始め、関門海峡のランドマーク
「海峡ゆめタワー」の上空を右から左に移動。約4分半後に南南東の空に消えたそうです。
「一番星よりちょっと明るく、流れ星をスローモーションでみているようだった」と言うコメントでした。
ゆめタワーが入ってるのがステキですね。
昔札幌でミールが通るところを見たことがあります。夕方でしたね、白い星が動いてる~
って感じで・・・。いつもは閑古鳥の中島天文台に、たくさんの人が来ました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2010年02月02日 06:16
サギは、四天王寺の池にたまにいます。
2010年02月02日 07:00
アマチュアカメラマンの達です♪
私の家の裏を流れる鴨川にもサギは飛んで来ます。
しかしサギを恐竜と思ってしまうとはスゴイ
津和野、こじんまりしていて好い町ですねぇ。
地形的にも毛利藩から攻められたら、ひとたまりもないって
感じの立地だけど、肥満した鯉が泳いでいたりして
平和な町を感じさせますね。
そこで貰うはしっこちゃんは、遠足の時に母が作る巻き寿司の
端っこを思い出させて嬉しいです
凡・ハヤトさま
2010年02月02日 08:08
サギは私の観察ですと非常に警戒心が強いように思います。きっといつもいるんでしょうけど、人が来ると飛んで行ってるのでしょう~
達さま
2010年02月02日 08:12
鴨川にもいますか♪サギ、ペリカンの仲間でしょうか?鳩とは全然違うし、ツルだってあんなぐわっしぐわっしみたいな飛び方鳴き方しませんよ(笑)アマチュアじゃなくてミニチュアの恐竜のようです津和野、攻められたらなどと考えられない平和な、かつ閉鎖的立地ですね。巻き寿司のはしっこ!どうしてこうも端っこって美味しいのでしょう♪ここの源氏巻も、はしっこちゃんをもらうために本体を買ってる感じです(笑)
2010年02月02日 08:35
こっちでは、サギは干潮時の河口付近によくいます。
いなりずしは、味がしみてて美味しそう。
はしっこ、今流行りのわけありチーズケーキみたい。(笑)
ただでくれるところが、いいよね。
ブルー・ブルーさま
2010年02月02日 08:40
やはりサギ、けっこう出没してますねいなりずし、フツーでした(爆)でもわざわざ外で食べないので、そういう意味では美味しかったかな♪今流行のわけありチーズケーキ!?なんだかわからないけどどっちの方が食べたいかも(笑)はしっこちゃん、ただゆえに、ふたつみっつ欲しくても買えない辛さはあります♪
2010年02月02日 08:48
津和野、何度も行ったことがあります。山間の小さな城下町。いいですね。黒いいなりずし、仁にも出ていましたね。
源氏巻き、筆者も好きです。
筆者は吉良に同情しているので、この由来はでっち上げではないかと思っています。
2010年02月02日 11:06
サギが屋根の上にのかってる光景はじめてみました
こんな大きな鳥が屋根の上にいるなんて、なにかすごいですね
実は私もサギを実際に見たのは今の住所へ越してきてからです
けっこう田舎なので、野池だとか、田んぼのあぜ道にいるのを車越しに見ることがあります
生まれ故郷の四国の片田舎では何故見なかったのか不思議ですが・・

吉良家は確か東北でしたよね
吉良のお殿様は実は人格者だったというお話は有名ですね・・
源氏巻・・名前は違いますがこれと同じ和菓子食べたことありますよ・・
みゆきママちゃん
2010年02月02日 12:36
凄いな~
私の知らない世界だよ
日本も奥が深い
日本知らずとして
海外旅行なんかに行ってられないね
゚+.(○´∀`ノノ '`゚チ'`゚チ
2010年02月02日 13:59
源氏巻の切り落とし・・・こちらの方が食べたいです~!
どら焼きなども餡子を少し減らしていただいているので、あの皮のところに少しついた餡子の具合がたまりません~♪ 炭水化物(?)好きな私です(笑)。
桃源児さま
2010年02月02日 15:41
黒いいなりずしが仁に?キャーどこだったかしらん、また見てみようかな♪源氏巻、私のまわりだと圧倒的に男の人がすきだって言うんですよ!広島でお会いする時、ダジャレ的に源氏巻をおみやげにしようかと思ったんですが、これってキライだったら大変な事になりますよね~!で、やめた、という経緯がありました(笑)。源氏巻の由来、確かに出来すぎといえば出来すぎですね。吉良氏の名誉ももう少し復活されても良いようには思いますね。面白くない史実はやはり無視?それとも変えられない事情?
風子さま
2010年02月02日 15:49
サギ、すごいでしょう、一般にサギは川辺とかたんぼとかにいるようですね。ここはお魚屋さんが捨てる魚にサギが寄ってきたんだと思います♪悪名高き吉良の殿様。そうじゃない説も良い事もしたという史実もありますしね。悪名の高さからこんな挿話が出来ても不思議じゃないですね。しかしウワサどおりの悪代官でも、こんな挿話があっても不思議じゃないけれど…(笑)
みゆきママちゃん
2010年02月02日 15:51
私は歴史の浅い北海道出身ですから、教科書で習ったような人物、地名が出てくるだけで、キャーです(笑)。ほとんど信じられないというか…☆ワタシ無知なまま海外旅行に行って、日本では寺はどれくらいあるのかとかいろいろ聞かれて、まったく応えられませんでした…
komichiさま
2010年02月02日 15:53
お~!komichiさんもお好き♪しかもドラ焼きのあんこ量オーダーして頼むトコがスゴイワタシもできればたいやきのしっぽにはあんこを入れないで欲しいタイプです♪炭水化物も好きですけど…シュークリームも、中のクリーム少し捨てちゃうこりすでした好きな比率ってありますよね♪
2010年02月02日 17:01
イナリ!大好きですから
o(^-^)o・・・美味そうです。
そして、源氏巻!
ん~ん!くずの方を
食べてみたいですねえ。
柳月のサンポウロクも
くずが!美味しいんですから・・・
  って十勝ローカルねた?!
└|∵|┐高忠┌|∵|┘ さま
2010年02月02日 17:22
イナリ♪お好きでしたか三角のカタチがまた良いですよね♪うちもそれでやってみよう~!やっぱくずの方ですか!なんではしっこって美味しいのでしょう…三方六のくず!?三方六のくずですと!?そんな確実に絶対美味しいものがあるのですか!???よもや十勝の工場(出来たらしいですな!)とかで…?う~む行かなくては…札幌経由帯広!
そよ風
2010年02月02日 23:00
こりすさん こんばんは♪
ココちゃんが木のお飾りに見えた鷺、私の住む所からしばらく奥に入った所に昔鷺のコロニーがあって、地元のカメラマンが毎日通って素晴らしい鷺の生態を撮り続け、アメリカのライフ誌にも載ったことがあります。この鷺の卵になぞらえたお菓子が地元のお土産になってよく売れています。とても美味しくて、いつもお世話になるこりすゼミの皆さんにご馳走したいくらいです♪
源氏巻きも栗のお菓子もとてもおいしそう!はしっこちゃんの横におすまししている花嫁人形の可愛いこと!
津和野の街中をこうして鯉が泳いでいるんですよね。沢山、それに随分とおでぶちゃんがいますねぇ(^^) おいなりさん、随分とお味が染み込んで美味しそう!
ブルームーン、早起きしてみましたが、ちょっと霞がかかったようで見られなくてしょんぼりでした…。
そういえば、毎年この時期に東京ドームで開催されるキルト展の今年のキルト大賞は、「Fly me to the moon」という題で、大きな宇宙ステイションのような銀色のお月様に向かって三羽の鳳凰のような鳥が飛ぶスピード感と躍動感溢れる素晴らしい作品でしたよ!
国際宇宙ステイションの光跡、素晴らしいですね!関門海峡の「海峡ゆめタワー」もキラキラと、とっても綺麗~!
[ココちゃん語録:*(木にとまっている鷺を見て)木に飾りがついている *まんまるな卵の黄身のようなお月様が山の端に乗っかって、そのままストンと道路に落ちたかな? 詩人のようです!大切に書き留めておいてあげてくださいね(^^)v]
せいパパ
2010年02月02日 23:58
源氏巻と言うお菓子だったのですね
子供の頃に良く口にしてたのですが
名前までは覚えて無くて
見た瞬間に知ってると思っちゃいました。
山口は春の陽気ですか!
茨城は冬真っ只中で寒いです・・・。
きらママ
2010年02月03日 05:07
源氏巻ー、大好きでしたー。クラスに源氏巻の製造・販売をやってる子がいて(竹風軒)、あだ名はまさに「げんじ」。懐かしいです。「はしっこちゃん」もよくお裾分けしてもらいました。
夏に帰ったら、津和野に行ってみようと思います。うずめ飯っていうのも名物ですよね?
ところで夏に1ヶ月ほど帰省するので、もし、お時間あれば、娘の歳も近いし、一緒に遊べる機会があればいいなと思い、メッセージを入れたかったのですが、ブログ内にはメッセージがないようなので、もーし、よければ、私のブログからメッセージいただけると嬉しいです。
http://blog.goo.ne.jp/ybayer
ずうずうしいお願いなので無理なら大丈夫ですよ~
2010年02月03日 07:08
お早うございます~♪
雲の動き良いですね・・・時々私も雲を見ながら夢の中へ。
おチビこりすちゃん感性が良いですね。
木々に止まっているサギさんを見て(木に飾りがついている)
とても感性豊かで、さすがこりすさんのお子様だけあります(^_-)-☆
源氏巻かなり前に食べた事がありました。
お上品な味で美味しかったように記憶しています。
そよ風さま
2010年02月03日 08:39
おお!サギのコロニー山口にもどこかにあるんでしょうねえ♪サギの卵のお菓子かあ、楽しい美味しそうですブルームーン、月が沈むのに感動したのは私くらいらしく(笑)その日の夕方、富士山から昇る月を撮るカメラマンで某所は渋滞したんですって。昇る月もステキでしたでしょうね~♪キルト、宇宙ステーションに鳥。いろんな思いや希望をキルトに縫いこむんですね、柄によって時代も、その時代に話題になった事まで分かるかも?ココ助語録、良いですね!5歳になると言う事がほんと面白いです
せいパパさま
2010年02月03日 08:41
源氏巻きみて、あ!って?思いました?懐かしいでしょう、食べるともっと懐かしいですよ~(笑)どうも周りに聞くとこのお菓子は男性ファンの方が多いような気がします♪茨城、寒いんですか~、関東は雪も降りましたしね、寒波が行ったんですね。その間も山口は雨は降りましたが暖かいですねえ…
きらママさま
2010年02月03日 08:45
(笑)あだ名がげんじ(笑)避けられないですね(笑)はしっこちゃん、嬉しいですね~♪この写真はまさしく竹風軒です!うずめ飯?それは知りませんでした!またチェックしてみます!夏の帰省!わ~楽しみですね、私こそぜひ遊んでほしいです!メッセージはトップページにあります(って使えるのかしら…多分大丈夫なはずですが・笑)。ブログお持ちだったんですね!さっそく伺います~
ミモザさま
2010年02月03日 08:48
雲、キレイですよね、秋の空のように空気がきれいで天が高く感じます♪そしてミモザさんは夢の中へ…って、お昼寝?(笑)はるかかなたへ行けそうですうちのチビも5歳になるといろいろ面白い事を言うようになりましたよね、楽しいです♪源氏巻き、津和野おみやげで食べられたのですか?似たようなお菓子、どこかにあっても不思議じゃない感じがしますね。でも案外津和野だけなのかな~♪
2010年02月03日 08:53
こりすさん、おはようございます。
津和野の”鯉”見るのは、何十年振りでしょう。
津和野には、2度ほど行きましたが、お土産はいつも源氏巻でした。
美味しいですよね、源氏巻。(^-^)
昔は、薄板?って言うのかなんて言うのか
うすーい板に巻かれていたのですが、今はビニール?に巻かれているのかな?
味が染み込んだ、いなり寿司
北九州の八幡の祇園町商店街にも、同じような色をした有名な、いなりがありました。
八幡に行った時は買っていましたが、いまもお店は存在するのかなぁ?
kirariさま
2010年02月03日 09:00
鯉、何十年前はもうちょっとスリムだったでしょうか?すごい肥え方だとおもいませんか?(笑)動くのもしんどそうです☆源氏巻き、板にまかれてたんですか!?今はビニールに巻かれてるというか、ビニールに包まれてはいますが…面白いですね♪いなり寿司、三角のは初めて見ました、可愛いですね。あまり買って食べる事がなかったんですが、美味しいトコがあると聞いたら行きたくなりました北九州の八幡にも行きたいです~♪
2010年02月04日 01:29
こんばんわ
またまたこんな時間に…。
と言ってもいつもより早いかな。。

天体を撮るのは大変ですよ。
おそらく手持ちでは無理です。
三脚があればデジカメでも十分可能だと思いますよ。

ここ最近、星空を見てないかな…。
逆に言えば、星空が出ると、朝の冷え込みが厳しいし…。

ちなみに先週、中島公園を横切ってコンサートホールに行って来たのですが、
中島公園の天文台、道がなかったんですよ
ビックリしました。
ブルースカイさま
2010年02月04日 04:51
やっぱりそうなんですね~、私が下手なだけかと思ってたんですけど…でも三脚があれば撮れます?一応なんかおまけでもらったのがあります…(笑)。私も山口だから夜明け前散歩とかできるのかなって思った事ありますけど、でも乗馬の自主トレを早朝やってたので、やっぱできるかな…時間ですね、北海道だったら30分が限界かしらん♪中島公園の天文台の道がない!?道がないってどういう事~~~あそこはよく行ったので…帰ったらチェックしなくちゃ(っていつ帰れるんだ~~~)☆
kawazukiyoshi
2010年02月04日 14:32
本当に、この何日かは、春ですね。
川岸には菜の花です。
今日もスマイル
kawazukiyoshiさま
2010年02月04日 15:12
ハイ♪菜の花も咲いてるんですね~と、思ったら今日は雪がちらつきましたね!暖かい日が多いので、少しの寒さもこたえます☆
2010年02月04日 18:26
こりすさん、何も言わずに私のブログ「08,11,24冤罪を晴らして」をご覧いただけませんか。世上名君中の名君といわれた上杉鷹山、上杉家を救った人です。鷹山は何と吉良上野介の孫なんです。そして吉良上野介も自分の長男を送ってお家断絶を救った人なんです。良いことをした、どころか清廉潔白で吉良上野介は調べれば調べる程名君中の名君でした。源氏巻きのいわれ、哀しくなります。風子さんには吉良は愛知の人だとお伝えくださいね。津和野は確か森鴎外の出身地でしたね。一度訪れたことがありますよ。
2010年02月04日 19:02
やっぱり鳥類は恐竜の進化したものなんでしょうね。
僕から見ればエサにしか見えませんが(笑)
天体写真は本当に吸い込まれて行くようで綺麗ですね~
昔はよく天体写真を撮ったものですが、最近は寒くて、眠くて駄目です(笑) =^_^=
ひょうすけさま
2010年02月05日 08:27
何も言わずに(笑)そのブログ、よく覚えていますよ!それで吉良氏は悪い人とは言えないのか、と思ったのです。源氏巻きの由来は、悪者吉良氏にはうってつけの話ですので、イメージで作られたとしても不思議ではないですね。吉良氏は三河国ですものね♪津和野は森鴎外がいますね。この方も軍医として悪い評判と仕方なかったという擁護の評判と二分してますね。
よしおさま
2010年02月05日 08:29
エサって!!!そんな大物も範囲内ですか。さすがよしおくんですねサギ、というよりペリカンとかものすごく恐竜っぽいですね。くちばしが少々面白いので怖さのない恐竜のような…(笑)でも目なんかは恐竜そのものでは!?天体写真、夜ですもんね、夏ならまだしも…。自然を撮るという事は大変ですね。よしおさんならステキな写真撮れるんだろうなあ~♪
雨漏り書斎主人
2010年02月05日 23:42
栗の虎焼きみたいなの食ってみたひです~ ♪

浅野は江戸家老がボケーッとしてたんですね ww
雨漏りさま
2010年02月06日 05:08
栗の虎焼き♪これ「栗御門(くりみかど」って名前でしたが、栗の虎焼き、の方が美味しそうですね!これって見た目ほど甘くないんですよ!粒餡だからかしら?源氏巻きの方はすご~く甘いんですけど。浅野の江戸家老、ボケーっと…笑っちゃう…結果は笑い事じゃなかったですけど…

この記事へのトラックバック