秋はなんとなくしみじみ

2学期が始りました。
うちは幼稚園にいれず、シュタイナー教育をしたい母子が集まったグループで
試行錯誤しながらの自主保育。
子供達も大きくなってきたので、今学期から待望の月曜~金曜活動になり、
私は午後のお砂場担当。1学期からとは一日増えただけなんだけど、
ここ最近の30度超えもあって、夜は子供と共に7時にはバタンキュー☆
じんましんまで出ちゃって、体力ないにもほどがあるなあ~

「見守る」「守る」に重点をあてた今学期。
子供達も良く遊んでるし、雰囲気もスゴク良い♪
幼稚園に入れてしまうと見れなかったであろう、
子供の遊んでる姿や成長を見ることが出来て幸せだなあと思う。
もちろん成長としては本当は親がいない方が良いんだけど、
でもなんというか、与えられた条件の中で精一杯子供のためにしてあげれるというのは
親冥利に尽きます。しかも仲間がいて補い合える(モメたりもしたけれど・・・)。
親の努力を見ることで子供も生きる力をつける、というシュタイナーのコトバを
信じて、あれやこれや失敗もしつつ、子供にとって良い環境、と言うのを与えてあげたいデス♪

午後の当番は砂遊びなので、子供を横目で見つつ、草取りしたり編み物したり。
すっかり草取りオバサンになってしまって、どこ歩いても雑草が気になって抜きたくなっちゃいます。

秋になってそろそろ麦飯も終わりです。
マクロビオティックは食事の四季を大事にするので、夏の麦は終わり。
まるでフルータリアンのように夏は果物ばかり食べてたけど、そろそろ火を入れないと。
オーブン料理も始めていいのだけど、この暑さのせいか・・・なんにも料理する気になれない!

話は長くなりますが、山口に来て出産して、もともとあったそばかすが増えました。
札幌帰ると会う人会う人みんなしみそばかすの話題になるの!
という事で、九州の産物で作った美白を売りにする「よかシリーズ」のせっけんや
日焼けクリームをしばらく使いました。しかしあまり美容に興味のない私は数年使って
中止。で、そこはたまったポイントでいろいろプレゼントがあって、私は九州の有機野菜
半年間プレゼント、にしたのです。それで、もうよか商品は使ってないけれど野菜は毎月来る。
で、見た事ない野菜が・・・「つるむらさき」と「白かす?白がす?白はす?」
画像

はすの仲間かな?不思議な食べ物・・・
画像

山口でも、葉物の少ない夏、空心菜とか、ようわからん葉っぱたべたりしますが・・・
あとはお馴染みでも触った事のないゴーヤ、モロヘイヤなども来ます。
そして料理にやる気の出ない私は挑戦もせず、友人へプレゼントです。
有機だし、喜ばれるし、一石二鳥(笑)
白かす、モロヘイヤ、ゴーヤ、空心菜、つるむらさき、あけび、いちじく・・・
西日本ならでは?みたいなものけっこうある。北海道ならでは、って、あまりないなあ~。
アイヌネギとかワランブキとかかな?(←でっかいふき)ラワンブキ?(笑)

ネットでアレコレ見てたら・・・カワイイ!と即衝動買いしてしまいました。
画像

さくら型になるコップです♪
食器は可愛くていろいろ見るけれど、最終的に買うのはいつも白になっちゃうんですよねえ~。

これは最後の紫蘇ジュース。
甘味料代わりの酵素がなくなって、ただの紫蘇茶になってたんですが、
思いのほか子供が喜んで飲んでまして。
私はといえば、やっぱ甘みがほしくて、はちみつを入れてみたらこれが意外にあう!!!
はちみつもマクロビオティックでは極陰なんだけど、酵素の時の方が冷える感じ。
もうちょっとたくさん作ればよかったな~♪来年の紫蘇ジュースが楽しみ♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2009年09月11日 05:09
つるむらさき?白はす?うーん、最近はよく知らない野菜が増えた気がします。
モロヘイヤというのも、最近、ようやく耳に慣れた感じです。
紫蘇ジュース、祖母がよく作っていました。
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2009年09月11日 06:19
どっかで見たような形だけど
知らない名前のオンパレードですね(^_^;)

さくらな紫蘇はいい景色です。
2009年09月11日 06:40
白はすってのは、初めて聞いたなぁ。
最近は、野菜に四季がないもんね。なるべく夏野菜は夏に食べるようにと思っているけど。
きゅうりやトマト、冬でもあるのが不思議。
でも身体を冷やす夏野菜を冬には食べたくないよ。
2009年09月11日 07:00
親の努力♪結局こどもは気がつかなくて親の自己満足で
終わってしまうことが多いのかも...
僕は出張したらその土地のスーパーに行ってみると言う
変な趣味があるんだけど、いろんなその土地にしかない
食べ物に出会いますね。
先日も斜里のスーパーで見たこともない生焼きそばを
3袋買って帰りました(^-^;
桃源児さま
2009年09月11日 08:12
品種改良なのか、今まで食べてなかった物を食べるようになったのか、はたまた外来種???この目新しい野菜はなんなんでしょうね(笑)西日本ならではかと思ったけれどそういう訳でもないんですね!モロヘイヤはわりと知名度ありますね♪紫蘇ジュース、来年はもう少し多く作ります!近かったら執筆のお供に差し入れしますのね♪でもばあばのなつかしの味には遠いでしょうな~☆
└|∵|┐高忠┌|∵|┘さま
2009年09月11日 08:14
私も、南国~~~って言う目でこれらの野菜たちを見てたんですけど(笑)どうも西日本の人でも馴染みがないみたいですね。でも白はす?だかなんだか言うのは、おばあちゃんに聞いたら分った、とか言う人がいたので昔良く食べた野菜なのかもです。さくらな紫蘇は良い景色座布団5枚!(笑)
ブルー・ブルーさま
2009年09月11日 08:16
ブルー・ブルーさんが知らないんじゃあまり馴染みの野菜じゃないんですね~~~。白はす?かなんかは、おばあちゃんに聞いたら知ってた、と言う人がいたので昔食べてた野菜かもしれませんね。夏野菜、実際そろそろ時期より味も落ちますよね!ナシも水水しくておいしかったけれど、確かにそろそろ無理がある感じがします。ナシも火を通すと美味しいですよね♪
達さま
2009年09月11日 08:19
自己満足♪それで良いのです、見返りを求めてませんゆえいやいや幼稚園に行かすより、自己満足の自主保育の方が私の心が安定して、結果家庭が安定するという図式ですな(笑)母は太陽ですスーパー!それは楽しそうですね!市場はなかなか便利なトコにないですしね!斜里で生焼そば!?生流行ってますね~~~!で、お味のほどは…
2009年09月11日 10:52
あら、紫蘇ジュースが、まだあったんですね
器がとっても可愛いですよ

つるむらさきって、最近すごく出回ってますね
有機農法ではないとは思うけど、地元のJAのやってる野菜の直売所へ行けば、余り馴染みの無いお野菜とかも売られてはいるんですが、食に関しては保守派の私なので、まだ試してません

自主保育・・頑張っておられるんですね
教会とかのつながりで、そういったお仲間にもご縁ができたってことかしら・・いいことです、頑張ってくださいネ(^-^*)/
2009年09月11日 15:04
こんにちは~♪
見守りながらの育てるのって良いですね。
きっと!素敵なお嬢様に成長しますよ~楽しみです!
白かすってどのようにして召し上がるのか気になりますね。
さくら型のコップ可愛いですね。
紫蘇ジュースの色も綺麗です(^_-)-☆
2009年09月11日 16:31
こりすさん、こんにちは
自主保育、見守る子育されてらっしゃるのですね。
親も大変でしょうが、子供と触れ合う時間が多く持てるというのは、良いことですね。(頑張ってね)

>「白かす?白がす?白はす?」
う~ん、田舎では、何て言っていたかな~?
白芋の茎?だったかなぁ・・・?
母たちは、よく食べていましたね。
茹でて皮を剥き、適当な長さに切って(4,5センチ)
冷やして、酢味噌で戴いていたような気がします。
「空心菜」、先日、初めて朝市で買って食してみたのですが、クセが殆どなく、美味しく戴けました。

紫蘇ジュース、今年は、あまり飲んでなくて
我が家は、まだいっぱいありま~す。(笑)
紫蘇ジュースは、冷凍も利くので、たくさん作っておいて、冷凍保存しておくといいですよ。
白い器で、ゼリーなど作ると、出来上がりが可愛いでしょうね。(笑)
風子さま
2009年09月11日 17:50
紫蘇ジュースは2回目の分でした、甘味料代わりの酵素が残り少なかったので少なめに作っちゃってて失敗でした~!来年はたっぷり作ろう♪つるむらさき出回ってますか!葉物が少ない夏という事で去年から使ってみました。なんとなく粘りがあって…私もわりと保守的なのですが、思ったほど悪くないですよ♪ただ旦那が好きじゃないのであまり使わないです…☆自主保育は教会とは全然関係ないんですよ~教会の子は普通天使幼稚園に入ってモンテッソーリです!なんで愛ちゃん教会の幼稚園に入れんの!?と、ウワサされてるかもしれません(笑)と言っても小さい子供のいる信徒は少ないんですが、少ない故に言われてるかも(汗)
ミモザさま
2009年09月11日 17:54
シュタイナー教育は非常に難しくて、人によって考えや受け取り方もマチマチ。だからすごくモメたり面倒でした。1学期、大モメにモメて(笑)基本に返ろう!って感じで、守ること、親が楽しむこと、に方向転換したんです♪それが良い感じで…すごく良かったです。子供にとっていいかどうかはわかりませんよね、ほとんど親のエゴですけど、それで良いの~~~って言う、居直り保育です白かすは酢味噌とかで食べるみたいですが…歯ざわりとか、きっと不思議でしょうね!(笑)さくらのコップ。うちの子が割りでもしたら鬼に変貌するかもしれません(爆)
kirariさま
2009年09月11日 18:02
自主保育ってほんと自分の時間がなくなっちゃうので大変です☆でも、遊んでるところとか見ると、こうやって遊んでるのか~とか、家との違いとか見れるので、こういうのって見れる人あまりいないよな~って、ありがたいと思ってしまいました♪白かす?あ~そうか、茹でるんですね。名前がはっきりしないのでネットでも料理法検索できなかったんですよ☆酢味噌はおばあちゃんがそういってたって人がいました!でもスポンジみたいな茎でしょう~~~!どういう歯ごたえなのか、不思議すぎて挑戦できませんでした(笑)空心菜、クセがなくてほんとに食べやすいですよね!うちは夏の葉物はほとんどこれでした♪紫蘇ジュース、冷凍できるんですね~!糖分をいれずに作るので、沢山作るの心配だったんですよ!これで来年は心置きなくたくさん作れますね(笑)さくらコップ、ほとんどゼリー型みたいですよね♪でも飲む時楽しくて良いです
そよ風
2009年09月12日 14:06
自由保育に一斉保育そして自主保育・・シュタイナーの提言に沿って保育をなさっているのですね。お仲間と大いにディスカッションしてよろしいではないですか・・大波を越えて「これでよかった」と辿り着けて、何にも無しでより、はるかによかったと思います。
お砂場係り・・ちょこちょこと子供さん達に目をやりながら草抜きや編み物をなさるお姿・・お子様方もいつもどなたかに護ってもらっている安心感の中で遊べる幸せ・・こりすさんのお話をお聴きしながらホッとしています。子育てってこんな風にキメ細やかになされれば、きっとよい大人に成長すると思います。ご自分の時間が今は少なくなっても、きっと大きな安堵感となってこりすさんに還ってきますから。
保育所を増やすことばかりに大きな声を挙げて、子育てを他人に委ねるのは私は??です。心の育つ時期は大切にお母さんが護ってあげなければね。こりすお母さんのココちゃんを思う温かいお気持ちは小さなココちゃんの心と身体に染み通っていますよ、きっと! (ココちゃん=愛ちゃん?)
少し肌寒くなってくると、温かい食べ物が食べたくなりますね。私も今朝は暖かいコーンスープを作りましたよ。
本当に、このごろは耳慣れないお野菜がありますね、食べるのに勇気が要ります。
桜型のコップに紫蘇ジュース、演出家のこりすさん!これではココちゃん「ワーッきれい・・」て喜んで飲んだことでしょうね。
こりすさん&ココちゃん、お風邪に気をつけてくださいね。
そよ風さま
2009年09月12日 16:56
お~!そよ風さん、励ましありがとうございます~(涙)ディスカッションも痛みを伴ったりして、もうこんなんイヤ~とか思うし、親の成長も楽じゃないと思う…。でもシュタイナー教育は親教育とも言うようなので、大波はつきモノだったかもです☆子供にとって一番何が良かったかはほんと、何年先、何十年先にならないと分らない…だけど一生懸命できる事は自分にとってはすごく良いです。働くお母さんなどは、こういう子供の成長を全然見る事ができないので自分は幸せだなあとつくづく思いました。小さいうちはホントは一緒にいられると良いですよね、後はどんどん離れていく一方ですものね!(笑)ココ助(愛です♪)に見返りは求めませんが、こういう風に後姿を見てもらう事で心と体に染み通り、人を信じられるようになってくれればなあ、と、やはり期待したりして(笑)。桜型コップ、まさしく「わあーっ」って声出してました!(笑)「わあーっ」って好きなんですよね、私♪盛り付けなどは大雑把な私なんですけど(笑)こういうのは可愛くて良いですよね季節の変わり目、もう少しココ助と梅肉エキス飲もうと思ってま~す♪
2009年09月12日 22:51
こんばんわ
色々試行錯誤をしながら、その子に大して親がベストだと思う方法で付き合うって素晴らしいことだと思います。
今、どうしても、みんなと一緒じゃないと不安だと言うのが世間一般にあると思うんですよ。
本来違うんですよね~。
個性を伸ばすには、それぞれが独自の教育方法を考え実につける。あえて実を使いますが、これが大事なことなんだろうなぁ~と思います。

うちの親もかなり個性的な人でしたから、
ちょっと人とは違う考えの大人になってしまってますけど、これは失敗例として
個性の伸ばすって凄く大事だと思います。

そばかす。
やっぱり日差しの強さの差なのかな…。
北海道だと、日差しが強いのはホンの一時だけですもんね…。
2009年09月13日 00:06
つる紫やゴーヤにモロヘイヤはよく頂きますけど・・・「白かす」は初めて聞く名前です。どんなお味でしょう。。
私も「よかせっけん」使っております。あの白い火山灰のような感じが好きで、泡をいっぱい作って遊んでいます(笑)。

白いうつわ可愛いですね!!
シソジュースを入れると、さくらの花が咲いたよう~~♪
ブルースカイさま
2009年09月13日 05:19
はは(笑)私は人と一緒で安心できるタイプではないみたいです(笑)でも現代は「個人」の時代だと思ってたんですよね~、もっと個性を大事にしても良い頃だと思うんですが、やっぱ「皆と同じように」が主流なんでしょうか☆シュタイナー教育は特にここんとこ!大事にしてるので好きです(子供は皆違う!みたいな)個性的なお母さん♪どんなかしらんそばかす~~~。札幌帰るとみんな言うんですよ~~~、でも北海道だと夏は短いし、仮に焼けても冬でリセットされてたんですよ!それが山口は冬がないから(笑)
komichiさま
2009年09月13日 05:24
つるむらさきはあるんですね~、白かす?もうホント不思議な食べ物です(笑)おお!komichiさんも「よか」ですか!?火山灰せっけん、良いですよね!日焼け止めもシャンプーもリンスも良かったですよ♪うちは他に変えた、のではなくて、どれも手作りにしちゃっただけなんですよ(日焼けクリーム以外)。たまったポイント、komichiさんの目指すは温泉かなあ♪白い桜カップ、カワイイでしょう!ネットで見つけて即買いでした(笑)みかんジュースの黄色もカワイイですよ♪
2009年09月13日 09:12
こりすさんへ
お早うございます。モロヘイヤ、ツルムラサキ、ゴーヤ、アケビ、イチジク皆美味しいものばかりではありませんか。白カスって名前は初めてですが多分里芋の茎、随喜の涙のズイキだと思います。ズイキなら子供の時分随分たべました。大好物でしたよ。
ひょうすけ
2009年09月13日 09:28
追伸
書きわすれました赤い茎の里芋のことをダツイモトいいその茎のことを「ダツ」とよんで食用でした。赤ダツにたいしての白ダツではないでしょうか?
雨漏り書斎主人
2009年09月13日 11:09
こりすさん   おはようございます。
昨夜お邪魔したのですが、BIGLOBEと相性が悪く、コメントが置けませんでした。何度もtryしたのにぃ・・・



拙、”わたし食べる人”なので、完成品にしか興味がなく、野菜のこともサッパリですが、耳慣れない名前の野菜たち、どんな味なんでせう?

紫蘇ジュース 味はみえませんが、色にとても惹かれます♪
ひょうすけさま
2009年09月13日 14:20
ズイキですね!さすがひょうすけさま~~~名前が分からなくて検索もできなかったんですよ♪ズイキで検索すると「芋茎」でももう「ずいき」と読むんですね。柔らかく食べれるよう日光にあてずに作った白芋茎というのまでありました。でも九州から届いた野菜なんですが、手書きで白がすかなんか書いてあるんですよ。九州ではなんかそういう呼び方があるんですね。里芋の葉っぱはビックリするくらい大きいですものね、食べれるんですね~。そうそう山口に来て、さつまいもの茎も食べれるって知りました!まだ食べた事ないんですが、今年は食べてみたいなあ~って思います♪ありがとうございます~~~
雨漏りさま
2009年09月13日 14:23
おおここではミー太郎さまも時々画像が見れないとか、嫌われた~とか言ってました☆そういう時、あるんですね★「わたし食べる人」(笑)調理される前の姿ってわかんないですよね~♪私もそうでした…(笑)案外この見慣れない野菜たちも、どこかで食べた事あるかもですあ、雨漏りさまも姿を変えたこの野菜たち、食べた事あるかもですね♪紫蘇ジュース、見目麗しいでしょう

この記事へのトラックバック