伊勢熊野詣で+奈良~4日目

鳥羽湾沿いにあるホテルだったので、眺めが良い。
鳥羽湾は静かで、奇麗な良い湾です!
しかし今日は飛鳥経由で大阪に行かねばならないので
またもや早くに出発。
朝は昨日の夕食のとこで作ってもらったおにぎりです。

やるべき事を済ませて(←伊勢熊野参拝の事)今日からやっと観光気分です!
私のメインは「石舞台古墳」。
画像

巨石を積み上げた日本最大級の横穴式石室で、蘇我馬子の墓では
ないか、と言われている。
「鹿男あをによし」の中で、先生役の綾瀬はるかが、ここを案内した時のセリフ
「人は、文字にしないと忘れてしまうんです」と言うのが忘れられなかったのです。
日本書紀の時代。今のように引っ越しも転勤もなかったのに。
代々、ず~~~っと暮らしてきた人がいたろうに。
外国みたいに優勢な一族が攻めてきて住んだりなんて事なかったろうに。
文字にしないと、わすれちゃうの・・・・???なんで・・・
しかし。
結論としては、しっかり、忘れちゃったんですね。
分かってるものでも、やっぱり文字のよる資料があったから、と言うとこばかりだし。
34度の暑い中も、古墳の中はやはり少し涼しい。墓は石に限りますね(笑)
画像


さて~次は高松塚古墳。色鮮やかな壁画があることで有名。
カビによる劣化のため封鎖されてるので、隣にある壁画館でレプリカを見る。
渡来人が多かった町らしいので、渡来人によるものかもしれませんね。
やっぱり泥棒が入ってるんだけど、石を地道に削って入ってる。
墓の壁と天井に絵が描かれていて、泥棒が入った正面の壁に
北を表す亀と蛇のちょっと怪獣のような絵があって、どうも泥棒が
怖がって、刃物で削ったらしい。
泥棒を想定して怖い絵を描いたの?というとぼけた私の問いの答えは
もちろん否(笑)どこから泥棒が入るか分からないもんね♪
キトラ古墳でも有名な天文図がこの天井にもあって、当時の天文学が
どうだったのか、面白いですね。
一応シートがかかった当の高松塚古墳ものぞいて、
飛鳥寺など横目で見つつ(えらくちんまりしてるもんだから・・・
歴史的にはここ大舞台ですよね。岡田君が出てた「大化の改新」
面白くなかったけど、あすかに来るなら見ておくとちんまりした飛鳥寺も
もっと楽しめるかも)・・・甘樫丘へ。
飛鳥を眺める。ここは蘇我野氏親子の邸宅があったともいわれてるらしい。
人は偉くなると見降ろしたくなるもんなんですね。
画像

あすか村はやはり村だから小さいし、道もせまく
なんでも駐車場からとても遠いし、レンタサイクルが最適。
実際多かった。
古代米を出してる店や古代米おにぎりが多かった。
さて、駆け足観光なので、すぐさま大阪へ向かう。
大阪へは高速があるので順調に帰る。

私と子供はマクロビレストランで昼食を取るべく車を降り(旦那はもうマクロビに飽きた)
「ママンテラス」中央区西心斎橋1-5-4
和食御前1300円 ランチプレート1100円
ここはしっかり味がついてて、マクロビやってない友人主人と来るには良いです。
全然普通の味付け。本当は子供に和食御前をあげたかったんだけど、
マーボー野菜が私でもちょっと味が濃すぎだったので、
子供にはランチプレートに。ついてたコーンポタージュがまたすごく
あまくておいしくて、私が飲みました(笑)ふた口、子どもにもあげました♪
画像

しかも量が多くて、うっかり過食に・・・せっかく気をつけてたのに・・・
で、マクロビなのに残していいもんかどうか迷ってしまう。
だって、皮も種も全部いただくマクロビなのに、残しちゃったら本末転倒では・・・
で、「残しても良いですか・・・?出来るのだったら、持って帰っても良いですけど・・・」
というと、ここはテイクアウトメニューもあったので、今日の晩御飯と
明日の朝ごはんも頼んで、残したものも包んでもらった♪

旦那が昨日の移動と今日の早起きで疲れがたまってたので
今日は新大阪駅でお土産など見る程度にして、お風呂に入って寝る。
でも旦那は、例によって明石焼きやらお好み焼きやらいったらしい。
私も食べたかったけど、食事代わりに食べるか
しないとダメだし、体調が崩れると旅も楽しくないので、
やっぱりマクロビレストランへ行ってしまうのであった・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年08月31日 23:34
こりすさんこんばんはっ!
そういえば古墳・飛鳥・奈良時代とここつながってましたものね♪それとこれとは関係あるのかしら・・アハハ(古代歴史は最強に弱いです)
でも古墳ってここまで光をシャットアウトするものなんですね。隙間からこぼれる光でよく伝わりました。
(というか石だからそれはそうだけれども・・)
やはりひんやりしたものなのでしょうかv私も見てみたいです☆
 そして旦那様のマクロビに飽きたっていうのが大笑いでした(笑)!まぁ確かに飽きない食事というのはむずかしいですが、マクロビとかこういうのはむしろ他の食事よりも「飽きにくい」むしろ「慣れる」ものだと思うんですよね。旦那さま・・!(笑)
 味が濃い方がお好きなのですか?旦那さま。
ぶなさま
2008年09月01日 05:14
ふふふ♪そのとおり!結局は慣れです!!というか、私も慣れればまた普通の食事に戻れると思うし…(笑)旦那にはすべてが足りないみたい(濃さ、量、パンチ?肉魚的重み)。でもママンテラスは旦那もぶなさまも大丈夫だったと思うです!!!飛鳥奈良は大阪からほんと近いですよね~♪石の古墳は、本来その上に土が盛ってあったのが、ここまで露出した事にさすがに長い歴史、と言うか時間を感じましたよ~~~☆
2008年09月04日 11:45
石舞台、一度、見に行きたいと思っているのですが、まだ果たせていません。
高松塚、ここも行ってみたいものです。
桃源児さま
2008年09月04日 12:53
石舞台って名前も素敵ですよね。この墓の主があいまいなせいか、石舞台という名前の由来も諸説あって(きつねとか昔話もあって)、あいまいな事にとまどった私も、あいまいがゆえに興味深い諸説があるのかな、と、思ってしまいました(笑)高松塚は専属の説明してくれる人がいてためになりましたです♪
雨漏り書斎主人
2008年09月18日 11:26
北を表す亀と蛇のちょっと怪獣のような絵 < 玄武のことでしょうか?

39才の雨漏りですが(嘘  青龍してますヨ ww


ママンテラス  一瞬 天照(アマテラス)に見えてしまいました  困ったものです ww


リンク ありがとうございます。
今後ともヨロピク・・・です♪
雨漏りさま
2008年09月18日 12:29
あ~~玄武!パンフにそのようなのが出てました!意味不明でスルーしたんですが、分かる方には分かるんですね!!!ママンテラスにアマテラス!!もはや笑いの確信犯ですね!!!←意味不明(笑)

この記事へのトラックバック