認定されないかな・・・何に・・・(^_^;)

画像

久しぶり、山口の不思議な風景「その8」です(#^.^#)

ピサの斜塔より傾いてる、とドイツの小さい村にある教会の尖塔が
ギネスに認定されました(傾度5,07度。ピサは3,97度。でも高さはピサの半分)。

こちらは「たわんで」ます!
どうしてこういう風になっちゃったのかしら???
な~~~んかうまく撮れなかったけど・・・
分かるかしら?
屋根の両側がたわんでるの・・・お椀をかぶせた感じ。

普通に使用されてるみたい。
うちの中はどんなになってるのかしらん。
「木」って、釘で打たれても膨らんだり曲がったりして、
もう「木」じゃなくなって「家」になったのに、
まだ「木」の習性が抜けきれないって感じ???
「木」って不思議だわ・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年11月20日 01:58
あります!(笑)
よく見ますよー!たわんでいる家。
台風来たら危ないよぅ!!って思いますが(汗)
これは山口だけなのかなぁ?でも北海道だったら雪の重さで屋根がつぶれちゃいそうですよね!
 屋根と言えば、東北出身のうちの旦那さんは、
「山口の家の屋根は瓦がオレンジ色が多いよね。
 何で黒じゃないの?」
と驚いていましたが・・・なんでオレンジなんだろ???(汗)

ひなさま
2007年11月20日 09:09
むむッ!東北も瓦なのか~~~~(@_@;)
北海道には瓦屋根はないので、とても不思議です!
雪と関係あるかと思ってましたが、東北も瓦かあ。
台風くると危ないし、アツアツに焼けるし、
近代的なおうちでもしっかり屋根は瓦ですもんね~~~。オーストラリアとか熱いとこはオレンジの屋根でしたよ♪なんか関係あるかな~~~(^0_0^)

この記事へのトラックバック