光と色

オーラソーマは簡単に「カラーセラピー」なんて言っちゃうんですが、
本当はヌメロロジー(数秘術)や占星術、過去世も含める、
奥深いものなんです。
もちろんカラーがとっても大事なんですがね、
だからとりわけ色や光にはとても関心があります。

レイキのティーチャーも持ってる私ですが、
やはり色や光の存在を強く感じます。
アチューメントしてた頃はオーラソーマのビーマーペンを
使った光とカラーのセッションもおまけでつけてました。

光と色ってすごく不思議です。
例えば、空は青く見えるのは人間の目に入ってくるのが
青なだけであって本当はもっときらびやかだったりする訳ですね。
鳥は人には見えない紫外線や赤外線の一部も見えるし
光の波長識別能力も高いのだから
かなりカラフルな本当の世界を見てる事になります。
早朝の空が白々する頃が私は好きなんですが、
私の眼には見えないけど白々した空にはたくさんの色があるんだろうなあ
なんて思いながら空を見てます。

例えば白も不思議ですね。
お花の白は白い色素があるのではなくて、
花びらの細胞の中の気泡に光があたって白く見えるだけで
実際はほぼ透明だって言うんですよ。
文は理解できるけど、白い花を見て、そうか、なんて納得できない。

暗闇でのモノの色。
光がないと結局色はないという。
「ない」ってどういう意味!?(+_+)
でも実際本当に何も見えないんですよね~光がないと。
でもそれは人間の目のしくみがそうなってるって言うのもあるんだけど、
仕組み云々言っても光がないと色はない・・・(?_?)

虹なんかはやはり世の中本当は見えないだけでカラフルなのよ!
と気づかせるようなもののように感じます。
カトリックでは鳩と並んで平和の象徴で、有名な洪水のあとに、
もう洪水は起こさないよって神様が虹をかけた契約のしるしです(許しの愛ですな~)。
虹は出ただけで嬉しくなりますが、360度の虹、二重の虹、
見てみたいな~~~

こよみの上ではもう秋?9月ですもんね。
でも実際秋とは言えない暑さ。残暑は夏の内な気がする。
近頃朝焼けを見るんですが「朝焼けは雨」と言いますが・・・
「春や秋は当てはまるが、梅雨や真夏は当てはまらない」そうで、
朝焼けでも雨が降らないとこみると、やはりまだ真夏なんでしょう(#^.^#)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • オーラソーマは、カラーセラピー

    Excerpt: オーラソーマは、新しいと同時に、古くからの色に関する知恵が凝縮されたカラーセラピーです。いわば、忘れられていた色の効用をまた、現代に蘇らせたのです。オーラソーマのボトルから、色、植物、鉱物という自然の.. Weblog: オーラソーマは心のセラピー racked: 2007-09-09 21:08