こりすのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 綿、月森紀子さんとあ〜さんが来た♪

<<   作成日時 : 2012/05/31 05:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 24

チビが、土曜学校で綿を脱穀?して、綿と綿の種に分けました。
画像

なんか素敵な木製のふたつのローラーではさむような器具があったんですが
どうもそれで綿をはさんでローラーにかけると、種がポロポロ落ち、反対側には綿が
でる・・・というものらしく・・・綿くり、というらしい。
                   (これが種ですが、種にはまだまだ綿が・・・)
画像

                   (これは種つきの綿。ひとつのカタマリに7個くらい種)
画像

これを綿うちするとふたん綿になり、それを糸車やスピンドルで紡ぐと、糸になります。
画像

綿の種は今時期が植える時期みたいで、調べると日本古来にあった「和綿」を
復刻させようとしてるグループとかあるみたいです。
和綿というのは、昭和20年代までは全国に約200種もあった日本在来の綿で、
和綿から紡いだ糸や布には独特の弾力と厚みがあり、湿潤な日本の気候に適って、
夏は湿気を吸い、冬は空気を含んで温かいらしい。
明治には生産量世界一にもなってたのに、維新後、政府が繊細均質な綿糸、
綿布となる米国産原綿や低価格な中国産原綿を用いる綿産業の工業化を選択して以来、
戦後一度復活したものの以降衰退しちゃって、現在は全て輸入なんだそうデス。

シュタイナー教育では、例えば羊毛で何かを作るんですが、小学校くらいになると
羊の毛刈り、洗って染色すること紡ぐことをやったりするんですね。
でもここは日本だから、和綿だと良いですよね。
本当だと、秋に収穫して、冬の間洗って紡いで、編んだり織ったりして、種はまた植えて、
って繰り返していく。作りたいと思ったとき、種から作ること考えるとものすごく長い工程が
待ってるわけだけど、去年紡いだ糸で織る、というのが本当なワケですよね。
この一本の糸はどうやってできているのか、その繰り返しのいちパターンを見るのですね。
油がない分、和綿の方がやりやすそうです(笑)それに、織ってみたい〜♪

ちなみに、綿は初めから色つきの綿があるんですよー。
というかそもそも綿は茶色と緑で、品種改良で白になったみたい。
変種同士をかけあわして黄色やピンクもつくられたみたいで・・・
ちなみに原種の茶の綿は天然にして95%UVカット効果があるそう。さすが自然だ!!!

「玄米菜食」など何冊も料理本を出されている月森紀子さんのクッキングライブに参加しました。
画像

マクロビレストランの前は日本食シェフだったというだけあって、「早い」のひとこと。
画像

あれ!これにサラダに二色のドレッシングをかけ、スープとロールケーキもついた
写真が・・・ない〜〜〜。まあ、メインの玄米コロッケがどでかいのもありますが
すごいボリュームでありました・・・半分弁当箱に詰めてチビ用に(笑)
半分でも、満腹で夜までひきづりました・・・弁当箱でのお持ち帰りは私くらいかな♪

いつもお世話になっている雨漏りさんが山口に来たよ〜♪
雨漏り書斎http://amamori.exblog.jp/
雨天→曇りの山口でしたけど、とりあえず山口は瑠璃光寺五重塔ご案内勤めさせていただきました♪
雨漏りさんダンディ〜で、奥さま、カワイーーー!でしたあ、ますますファンになったこりすです。
で、雨漏りさんご夫婦の後ろ姿とか参拝してるとことか写真撮ろうと思ってたのに
すっかり楽しんでしまって・・・☆
雨漏りさんを待つ時間、五重塔の観光案内所の裏にこんなとこがあって初めて知った〜!
画像

雨漏りさんお疲れさまでした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
プロと素人の一番の違いは スピードだからねえ・・・
味!?じゃないのって
それが違うのは 当たり前ですから(o^v^o)って

そうですか、
雨漏りの師匠夫妻を案内されたんだ
〜ツーショットが欲しかったねえ\(~o~)

ときに 種から綿 育つのでしょうか?
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2012/05/31 06:00
僕も山口に行くから後姿撮って欲しい〜☆
こりすさん、玄米コロッケをちゃっかり愛ちゃんのお弁当のおかずにしてはいけません(笑)玄米コロッケは何となくのイメージだけど、僕も半分食べただけでお腹一杯になってしまいそうです♪
綿花の話興味深いですね。
江戸時代に綿花の生産を支えたのは、肥料として北前船で大阪に送られて来る松前藩のニシンだったと言うことは知っていたけど、それが和綿だとは知りませんでした。勉強になりました(^^)v

2012/05/31 06:04
いや〜ほんと、玉ねぎなんか、涙か出る頃にはフライパンの中って感じでしたよ〜♪ワタシは最近和食に興味があるので楽しかったです♪雨漏り夫妻、来てくださって嬉しかったですよ〜!秘密のツーショットは撮りましたよ(笑)後ろ姿を撮りそこねたのはほんと・・・何も考えず楽しんでました☆ときに種から育つみたいなんですよ〜!
└|∵|┐高忠┌|∵|┘ さま
2012/05/31 08:37
達さんの時は忘れずに撮らなくっちゃ、ガラス越しではなしに♪達さんだとガイドするというよりガイドしてもらう感じかも(笑)弁当のおかず、というか弁当満杯にして完成させちゃったんですよ、こんな人いない〜(笑)ニシンが肥料???そりゃ〜すごいニシンが取れたということでしょうか???ニシンの栄養価が良いのかな(笑)和綿、ふとんにはすごく良いみたいなんですよね〜。文化と密接ですね〜。でも織ったり加工するのにはやはり外国産に及ばず・・・でも紬にはむしろ味が出て良いという・・・すごいな〜、勉強になりましたです(笑)
達さま
2012/05/31 08:49
綿は、種を蒔いたら芽がでて、また綿が出来ましたよ。
それもね、リースに使う手芸用の綿の一枝に付いていた綿の花の中の種。
雨漏り夫妻、たぶん会っただろうと思っていました。
しかも、その後は北九州のホテルに泊まっているし(笑)
ブルー・ブルー
2012/05/31 09:26
そうみたいですね、今植えると秋取れるみたいで・・・♪手芸用綿〜(笑)種が生きてたんですね〜、それを栽培して一石二鳥♪雨漏りさん、会わずにおれんでしょう〜、なかなか、山口に来る人いません(笑)これ幸いとひとっぱしり♪うちからすぐでした☆彡
ブルー・ブルーさま
2012/05/31 13:03
綿の木といえば、TVドラマで見た、日本からアメリカへの移民の人たちの農場でのシーンですね
あの頃は綿の木とかがアメリカでも沢山作られていたんだと思います・・なくらいな知識しかない私
マクロビ料理の講習会とはいいですね
でも、こりすさん、習わなくてもお料理の腕は一級みたいなのに・・まぁもっともっと修行して、「こりすの○○料理」なんて本の出版もいいかも
雨漏りさん、どんな方か解りませんが、ダンディで奥様は綺麗・・これまたいいですね・・絵に描いたかなご夫妻とは最高〜
風子
2012/05/31 16:37
綿、ワタシも詳しくないですが、移民や歴史的にもけっこうドラマなものありますよねー。それでひと記事かけそうな感じでした☆彡お料理、ダメですよ〜まあとりもなおさずマンネリで(笑)たまにこういう新しい風、良いですよね、それに最近和食に興味があったのでちょうど良かったです!雨漏りさん夫婦、ほんと仲良しで羨ましいおふたりなんですよ〜♪
風子さま
2012/05/31 17:41
こりすさん、こんばんは
殻の中から、白い綿(繊維)が出て来ているのを初めて見たのは、12〜3年前くらいかなぁ?
生協仲間の一人が、畑に植えていたという綿の木?を見せて貰ったのですが、こんなところで普通に出来ると言うことに、当時、驚いたものでした。 その綿で、ネズミ等の置き物を上手に作られていましたね。
Iちゃんは、イイ体験をされましたね。
ブログ友さん(ご夫婦)とのオフ会、楽しいひと時を過ごされましたね。 私はまだ、オフ会の経験はありませんが、なんか初めて会ったような感じがしない、という感想をよく聞きますが、ネット交流しているので大まかにその人の事を知っているので、初対面という感じじゃないのでしょうね?
kirari
2012/05/31 22:24
おばんです
雨漏りさん、山口に行かれてたんですね〜。

昔は綿と言えば日本の基幹産業だったんですよね〜。
と言うものの、それも歴史の教科書で知った話で、実際すでに物心付いた時は、綿は海外からのものばかりでした。

和綿の種って200種類もあったんだぁ
今はどれくらいの種類が残っているんでしょうね。
かなり貴重な種ではって思ってしまう。
ブルースカイ
2012/06/01 02:03
お早うございます〜♪
あーさんが山口にお見えになったのですね。
和やかな雰囲気で良い時間を過ごされましたね(*^^)v

和綿の話を聴いて納得です。
いつか山口へ遊びに行きたいですよ。
そしてラブちゃんにも合いたいです(*^^)v
ミモザ
2012/06/01 06:22
けっこう個人で作られてる方おられるようですね!うちもさっそく植えてみるのであります♪わたわたが出来ると素敵〜でも花畑のように美しくはないですね(笑)収穫してやったらもっとイイ体験になるんじゃないかと期待してます♪オフ会楽しかったです〜、ほんと、あった事がないだけで気心は知ってるというか・・・興味のあることとかわかってるのは会いやすいですね〜。会う前は、ほんとドキドキなんですけど。。。(笑)
kirariさま
2012/06/01 08:28
おばんです・・・丑三つ時の挨拶はなんていうんだろう??(笑)そう〜雨漏りさんが来たのです〜楽しいひとときでしたよ〜♪綿ねえ・・・習いましたっけ(笑)さっぱり覚えてなかったこりすです・・・世界一だったなんて・・・その上今はパッタリないなんて・・・歴史って面白いですね。特に綿はいろんなドラマがあるようですね。現在はやっぱりあまり残ってないみたいで・・・有志の間で配ったり売ったり広めようとしてりみたいです。古くて面倒なもの、でも、良いもの、って感じですかね〜。
ブルースカイさま
2012/06/01 08:31
そうなんです〜来てくれて嬉しかったです!頑張ってガイドしました(笑)ちょっとの間ですけど楽しみました♪和綿、ほんと納得なところありますよねー、すごいでしょう〜。ワタシもずうっと考えてるんですよお・・・教会からはしょっちゅう東北に行ってるので、どこかに紛れてその帰りに・・・などなど(笑)
ミモザさま
2012/06/01 08:35
私はまだ和綿がなっているのを見たことがありません。
最近藤野で綿を育てようという運動(?)が始まったので、いつか見せていただこうと思っています。摘み取りは棘があって大変だとも聞いていますけど・・・綿を取って糸にして機織りをしたら楽しいでしょうね。
今頃が種の撒き時なんですね。

マクロビのプロの技は凄そう〜!!
量も半端ではないですね(笑)。
komichi
2012/06/01 09:57
お〜さすが藤野ですね、藤野なら復活和綿やりそうです!今植えると秋出来て、秋植えると今頃出来て・・・2回取れるみたいですね。調べた時は秋の一回だけだったんですが・・・。いや〜ぜひぜひ機織りしたいですね〜〜!その前に紡ぐという最大の難関がありますが(涙)。この先生、ほんと量が半端ではなく・・・生野菜と煮野菜だけでワタシは半ばお腹いっぱいに・・・デザートは米粉のロールケーキでしたが、〆の米粉はお腹にたまるのであります☆彡
komichiさま
2012/06/01 13:43
綿を収穫、布団綿、糸にする実習。学校で教えてるんですね。
その昔、わたを収穫した事有ったような記憶が・・・。
綿を栽培している農家も少なくなったでしょう。
持ち帰りできる量がある?さすがこりすさんです。
この鉄道模型の館、見て見たいですね。
レールを走らせているのかなぁ?
yoshi
2012/06/01 19:35
しかし、綿って不思議ですよね。いったい何のためにあんなものができてしまうのか?布団に入れるために生まれてきたような植物です。神さまが人間が寝るときのために軟らかいふとんが必要だからと作ってくれた植物なんでしょうか。不思議だ・・・・
けいつ〜
2012/06/01 22:22
こりすさん   こんばんHA

その節は、情報が錯綜?して、随分お待たせしちゃったやうで、申し訳もありませぬ <(_ _)>

お忙しいのに、ガイドしていただき 万謝このことにござんす

近々、瑠璃光寺もUPしますが、こりすさんとの2ショットも、皆さんに
ご紹介を♪
ダイジョウブ こりすさんの美顔は、残念だけど、出しませんから

お詫びと御礼まで <(_ _)>
雨漏り書斎主人
2012/06/01 22:31
綿の実習は土曜日にやってるシュタイナーの方で、道具や時間の関係で脱穀まで・・・あとは家で糸にしましょう・・・なんですは、これが難しくて(笑)生産として綿を作ってるとこはもう無いみたいですね、個人では時々いるようです。持ち帰り、これホント量が多いんですよ〜。ワタシは少々胃が小さいのもありますが、生野菜と煮野菜でかなりふくれました☆鉄道模型の店、ちょうど休業日でしたが、面白そうですよね!
yoshiさま
2012/06/02 07:21
ほんと不思議ですよね!はじめっからあんなふわふわした物体ができるんですから・・・。イギリスだったか・・・外国の書物で「羊毛のなる木」と紹介されてました(笑)しかし植物などでかなり文化が決まってしまいますよね。さらにこの綿を紡いで糸にして・・・と・・・このあたりはさすが道具を使う人間らしいです♪
けいつ〜さま
2012/06/02 07:23
いえ〜大丈夫、たいした時間じゃないしなにせ暇人ですから(笑)それより時間オーバーしてひきまわして失礼しました☆楽しかったです〜♪2ショット〜キャー☆彡
雨漏りさま
2012/06/02 07:24
いとまきまき、いとまきまき、引いて引いてトントントン・・・という歌がありましたけど、綿糸を紡ぐ歌だったんでしょうか?
そう言えば布団は綿が入っているものでしたが、今は化学繊維か羽毛が主流になってしまいました。
手際の良さも味のうちと言いますからねぇ。プロの流れるような仕事に憧れますにゃ!
よしお
2012/06/04 01:47
おお〜そうかしら?スピンドルはいとくるくる、いとくるくる、ひいてひいて巻き巻き巻きかな(笑)糸車はかたかたかた・・・だし・・・なんでしょう(笑)布団、そうでしたよね、昔は打ち直しとかいって布団もリサイクルして?使ってましたね。けっこうあの重さが好きでした。手際の良さも味のうち!キャーまさしく・・・プロの早さはもう・・・遠い目(笑)
よしおさま
2012/06/04 08:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
綿、月森紀子さんとあ〜さんが来た♪ こりすのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる