こりすのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS ファンタジーと科学、ベツレヘムの星、餅つき機

<<   作成日時 : 2010/11/17 04:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

先日、子供向け(5歳〜小4)天文講座があったのでどんなもんか参加してみました♪
画像

ほんとは、まだまだお月様にうさぎさんが住んでると思ってほしかったので
月について詳しくやられたらいやだなあ〜と思いながら・・・の参加。
内容は、幼稚園の先生が実際に園の年長さんに教えてるらしいもので、
クイズなどまじえて惑星、月の満ち欠け、秋の星座、星の温度による見え方をやりました。
こんな事幼稚園でやるんだ!と驚き半分、小学生には簡単すぎるのでは?と思ったり。
月の満ち欠けでは、うさぎの存在にどきどきしたけれど(笑)
子供の中では、それはそれ、うまく同居してるようだったので安心しました。
ファンタジーと科学は同居できる♪(大げさ?笑)
惑星、ワタシの時代は「水金地火木土天海冥」でした。
その後数百年の一度海王星と順番が逆になるとかで「水金・・・冥海」になって・・・
その後冥王星が小惑星にランクダウンして・・・今はどうなってるのかしらん???
画像

星の温度で色を分けてシール貼り。
温度の高い:青→白→黄色→赤:温度が低い
ぬりえとシール張りがあれば内容は関係なく楽しそうなチビではありました・・・
画像


ちなみにこのくじら座のミラ。名前は「不思議なもの」という意味のラテン語からのもの。
直径が太陽の約400倍もある赤色巨星のミラAと伴星のミラBからなる連星で、
最も明るいときで2等星となり肉眼でもはっきり分かるほどだけど、極大を迎えると
次第に暗くなり始め数ヶ月して最も暗い時には望遠鏡を使わないと見ることができない。
イエス・キリストが生まれた時に、東方の三人の博士をイエスのもとへ導いたという
「ベツレヘムの星」の正体は、惑星の集合ではないか、あるいは超新星ではないか、
彗星ではないか、そしてこの極大時のミラだったのではないか、という説もあるのです。
去年くじら座ミラが11年に一度12月に極大を迎えました。

そして最後は、希望者のみ天文台へ行き、昼間の月を観測。
久しぶりだ〜〜〜♪札幌のいるときはよく天文台へ行ったなあ♪
画像

天文台からの昼間のお月様。半月です。この日もまだ黄砂の残りで白っぽい空になっています。
画像

そこから見た山口の紅葉。
画像

11/14は七五三、天文講座、それからこの区域のイベントがあって、春にみんなでイナゴの
大群のように取りつくしたよもぎ、この日に蓬餅となってかえしてくれるのです。それを取りに行ったら・・・
画像

餅つき機!?スゴイ!チビ、大喜びでした(笑)←右下のアタマ。七五三ミサの帰りでした♪
この日はクロード・モネ(1840年)の誕生日であり、世界糖尿病デー、パチンコの日、いい石の日、
アンチエイジングの日、明治4年この日の廃藩置県により、埼玉県と大分県が県民の日になってました♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
山口に天文台があるとは驚きです。
ベツレヘムの☆って天文学の原則に外れていて、その辺りをを知る現代人にはちょっと違和感ありますね。
冥王星、なんか気の毒です。

2010/11/17 06:59
ははは、ホントです(笑)博物館の中にあったんです♪聖書って処女受胎があったり、はたまたベツレヘムの星はホンモノだと摺り合わせたり、どこまでが象徴でどこまでが史実なんだかよくわからないとこがあります☆冥王星、アメリカでは大人気ですが日本ではどうでも良い存在かも
達さま
2010/11/17 08:11
月でウサギが餅をついてるっていうのもロマンですが、はやぶさがイトカワの微粒子をたくさん持ち帰ってくれたのも大きなロマンですよね
これからの子供たちは、そんな宇宙への思いを馳せながら大きくもなっていくんでしょうね
餅つき機・・ってタイトル見て、「?」って思ったのですが、すごい、コレは考えましたね・・見てて楽しくなります・・コレもお餅の大好きな私にはロマンです・・何年か前までは、機械でですが、お正月前には必ずお餅をついていた我が家なのです o(^▽^)o
風子
2010/11/17 08:55
はやぶさ、まさしくロマンでしたねーー♪山口でも展示されればきっと行くんでしょうがチビもこれをきっかけにすごく星に興味が出ました。早朝散歩も天体観測に変わりつつあります(笑)餅つき機、スゴイでしょう!みんなに配るもちを作ってるだけだったんですが、ワタシすごくやってみたかったです…!おもちつき楽しいですよね。それに機械でもできたてはとても美味しいですもんねーーー♪
風子さま
2010/11/17 18:02
ベツレヘムの星は、最初キルトの模様の名前と思っていた私。
子どもが幼稚園に入って、聖劇をみて知ったという。
そうそう、初ミサでも七五三みたいなことを体験してきたみたいよ。幼稚園の時は全員にメダイをプレゼントだったから、うちには娘と息子の分が6個あるはずなんだけど、今回メダイとお菓子をもらって帰ってきた(笑)
ブルー・ブルー
2010/11/17 19:28
子供のシュリーマンにはファンタジーだったけど、大人になって科学と繋げたことを想起してしまひましたヨ ♪
雨漏り書斎主人
2010/11/17 21:40
私はまだ一度も天文台から観察をしたことがないことに今気がつきました(笑)。ファンタジーから科学への自然移行が出来るのかもしれませんね。。
このお餅つきの様子も今まで見たことのない風景で、楽しいですね〜♪(笑)。ちびちゃんでなくても、目が釘付け!!
komichi
2010/11/17 23:20
お早うございます〜♪
先日、街の中にあった天文台が郊外に引っ越し新しくなりましたので
行ってきましたが、街の中にあるのとは違い素晴らしい星空が見える
そうです。私は大きな望遠鏡で空は見ていませんが
機会があれば星空を眺めに行ってきます。
こりすジュニアちゃんの手が可愛くて、天文に興味を持ち始めたのは
良かったですね!(^^)!
私が行った日にも大勢の園児が見学にきていました。
近いうちに仙台天文台をUPします。
山口の紅葉も美しくなりましたね
ミモザ
2010/11/18 06:48
キルトの模様にベツレヘムの星ってあるんですか?ロマンチックー♪でもキルトって一種お手紙みたいな面もあるんでしたっけ?それならキリスト生誕の事ををキルトで現したりできるのかも〜☆七五三でメダイが!すご〜〜〜いカトリックはお菓子だけ…(しかもグリコ。いらんの〜〜〜笑)
ブルー・ブルーさま
2010/11/18 06:58
トロイア発見そう思うと子供のファンタジーも侮れませんよねえ〜!朝はスッカリ天体観測になってしまった我が家の早朝散歩です…
雨漏りさま
2010/11/18 07:33
天文台、あってみなかなか行かないかもしれませんね!ワタシも天文台よりは普通に夜空を見るほうが好きです♪望遠鏡で見る星は蛍光灯のように無気質になって興ざめです☆まだまだファンタジーの世界で良いとおもってるんですが、共存できるのが面白かったというか、さすが子供と言うか…餅つき機、スゴイでしょう!手作りですかねーーー、すごく沢山作るので、人力じゃあもう無理だったんでしょう(笑)
komichiさま
2010/11/18 07:36
天文台、なかなか行く事はないですよねー。土星が見えるようになると望遠鏡で覗くのは楽しいですよ♪チビの手、面白いでしょう〜。小指が(笑)朝の散歩は天体観測になってきて、聞きかじったギリシャ神話の事を聞いてくるので大変です☆山口の紅葉も、もうすぐ見ごろです…♪
ミモザさま
2010/11/18 07:38
科学とファンタジーの同居、素晴らしいかも。
そういえば、冥王星、惑星ではなくなりましたね。どうなっているのか、ちょっと気になります。
餅つき機、手よりも足の方が力が出るかもしれないけど、食べ物を作るのに、横着な気もしてしまいます。
桃源児
2010/11/18 08:31
餅つき器(笑) 最初は木馬かと思いました!

どこの天文台でも悩みの種は「光害」だそうですが、星の世界はロマンにあふれていますね。
この間ラジオを聞いていたら、サハラ砂漠の真ん中で星を見て来たという話でした。星が見えなくなる線が、地平線なんだそうで・・・・地平線から天頂までもの凄い星! この話を聞いていたら星を見るためだけに、らくだをチャーターしたいと思ったぐらい(笑) =^_^=
よしお
2010/11/18 13:08
子供ってやっぱスゴイですよねー。科学とファンタジーの同居は大人には無理ですもんね☆冥王星、今の子供達はどうやって覚えてるのかしら…。今までどおり水金…で覚えて、惑星じゃなくなったのはどれ?という問題になる、という説が出てましたが(笑)餅つき機、でも一応ついてるのは杵だから…♪足と言えばうどんとか、足ふみするとかあるでしょう、ビニールとかしくんだとは思いますが胸中フクザツですよね
桃源児さま
2010/11/18 16:04
木馬(笑)確かに〜〜〜♪あれ、作ったんでしょうねえ…光害。そうですね、ネオンに外灯、ほんと明るいですね。その上山口はいつも霞んだ空…あっこれはナゼなのか天文台の人に聞くの忘れたーーー☆砂漠の星空、スゴイでしょうね!北海道十勝の星空もスゴイですよ!すごく寒いので空気が澄んでるんです。今までで一番すごいなー。砂漠ではダウン(乾燥で???)して見に行けなかった…でも夜の砂漠。迷子が怖いですね☆
よしおさま
2010/11/18 16:08
こんばんわ
そうそう、一時期冥王星は惑星か衛星かで揉めてましたよね。
月より小さい星が本当に惑星なのかってね。
結局、冥王星は70年余りで準惑星に格下げになっちゃったんですよね。

太陽系第9惑星から、ただの準惑星…。
冥王星ってちょっと悲劇的な星なのかも

星の温度による見え方とか教わるんですね。
そんなの、小学校入ってから、それも高学年になってから教わったような気がします。
早いけど、星に興味を持つのは良いことだと僕は思います。
そして、昨日は流星を見に深夜3時からお外にいたのですが…。
星って、なかなかこちらの思い通りになってくれないものですね。
ブルースカイ
2010/11/18 17:23
冥王星、ほんとちょっと悲劇的な…特にアメリカ人は大好きでしたから、相当もめてましたね(笑)で結局日本の学校ではどうなってるんだろうなあ〜☆おお〜〜〜外に出たんですか!北海道で頑張りましたね!(笑)我が家がいつもどおりの5:50から見てますが、なかなか見えないですね〜。山口の空はだいたいぼやけてますから、ちょっと無理かも…。でも大出現なら少しは…と思ったんですけど、大出現にはならなかったんでしょうね☆
ブルースカイさま
2010/11/19 05:11
こりすさん こんにちは♪
>ファンタジーと科学は同居できる♪ 私もそう思いますよ
>うさぎの存在にドキドキ 私もドキドキしました^^
くじら座のミラ 直径が太陽の400倍!巨大なお星様にびっくりです!!
白い半月見えましたよ〜 ココちゃんよい天文講座に出席されましたね♪
蓬の美味しいお餅早く食べられるとよいですね (ココちゃん、杵がお餅を反す人の頭にぶつかりはしないか心配したのでは?かわいいおつむがちょっとそんな風に見えてしまいました。でも大喜びしたそうで良かったですね(^^)v
そよ風
2010/11/19 12:54
子供って不思議ですねー大人では考えられないアタマの構造をしてるんでしょうね〜♪うさぎはどうしたのか聞かないか、ほんとドキドキしました(笑)ミラ、最大事は東京の空でも見えるそうですから、まだひょっとして見えるかも…♪今は金星がまぶしく光ってますね!ココ助、餅つき機を発見した途端走っていきましたよ〜〜〜、ゲラゲラ笑ってましたそろそろおもちが美味しい季節ですね、うちでは朝ごはんで食べたりするんです〜♪
そよ風さま
2010/11/19 16:34
こんばんは。
天文台があったんですね。行った折りぜひ見てみたいですね。
惑星の順番、忘れていましたね。随分昔の事ですから・・・。
紅葉もしてますね。愛でるよりは、食べる方が優先するでしょう。
美味しかったことと、思います。
yoshi
2010/11/19 18:53
そうなんです、博物館の中にあるんで、私も知らなかったんですよ♪市内の紅葉もずいぶんすすみました。今年はどんぐりが遅いんです…しいのみが美味しいんですけど、まだ殻に入ってるようです☆
yoshiさま
2010/11/20 08:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
ファンタジーと科学、ベツレヘムの星、餅つき機 こりすのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる