こりすのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS かたいニュースと癒しのうらん

<<   作成日時 : 2010/07/14 04:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 30

山口でショックな事件があり・・・

「昨年8月3日に自宅で生まれた女児は、母乳のみで育てたが、生後約1か月頃に嘔吐し、
病院でビタミンK欠乏性出血症と診断され、10月16日に呼吸不全で死亡。
新生児や乳児は血液凝固を補助するビタミンKを十分生成できないことがあるため、
厚労省は計3回、ビタミンKを経口投与するよう指針で促し、特に母乳で育てる場合は
発症の危険が高いため投与は必須としている。
しかし、母親によると、助産師は最初の2回、ビタミンKを投与せずに錠剤を与え、
母親にこれを伝えていなかった。3回目の時に「ビタミンKの代わりに(錠剤を)飲ませる」
と説明したという。」

この錠剤とはホメオパシーのレメディであるようです。
ホメオパシーを利用した助産師さんなんですね。山口市ではひとりしかいなくて
私のまわりでも、ステキなお産をして赤ちゃんを取り上げてもらってる人が何人かいて
ワタシは関わる事がなかったけれど、応援している助産師さんだったので、
この事件の事、提訴になった事、に、少なからずショックを受けてしまいました。

ビタミンKは副作用はないと(ゼロではない)言うのもありますが、もちろん投与されても
100%出血を防げるという訳でもなく、投与されていなくても元気な赤ちゃんもたくさんいて、
ごくごく稀なケースだったのだと思いたいところです。
「投与しなかったが故に死亡した」という因果関係が認められるのか、気になります。
お医者さんのブログでも取り上げられてたのでコメントを入れましたが、
「私は今回の新聞記事を読んで初めてビタミンKを投与しなくてはならないケースが
少なくないのかなと思いました」と返事をくださいました。
やはりワタシのは素人的希望的なもので、医師から見るとそうなんでしょうか・・・

ホメオパシーにしてもマクロビなんかもそうだと思うんだけど、一種教育の一環というか
どういう風に子供を育てたいかっていう事と密接に繋がってると思う。
だからこそ、「選択」したのだと思うのだけど、それで子供が病気になったり、
最悪今回のようになくなってしまった時、どうなのか・・・

思うのだけど、これ、と決めたら、あまり説明を求める事無く、この先生に任せておけば良い
と言う感じで、何も知らない事が多々あるように思う。
K2シロップもそうだけど、任意なのにやるかやらないか聞かれる事もなく
病院では何の説明もなく、ちゃっちゃと口に放り込んで終わり。
最悪なのはポリオワクチンで、簡単な冊子は渡されるものの、ちゃっちゃと終わらせる弊害が
親に来ている。下痢などでポリオが流れ、おむつを安易に替えてしまう父親母親がポリオに
感染してマヒになってしまう。説明してる暇はないから自分で調べて下さいという事なんだろうけど。

ネットでも少々ささやかれてる事だけど、この事でむやみやたらとホメオパシーが
魔女狩りの対象になるのだけは、避けられると良いなと思う・・・

病院だと逐一サインさせられるものね。
ワタシも出産の時難産で緊急手術になったのだけど、痙攣してる私に、長々と手術の
危険性を読み上げ、震える手でサインさせたもんね。
病院は病院と医師を守る。でもこういう個人の産院やなんかはいちいちサインなんて取らないし
守ってくれる病院もないし・・・どうなるのかな。いちいち全てにサインしなければいけない時代かも。

ついでにワクチンもそうなんだけど、この情報社会で、素人である親が判断しなくちゃ
いけないことが多い。私などはどちらがより副作用が重篤か、という判断なのだけど、
素人には難しい。要はどちらをやっとけば、後で後悔しないか、という事なんだけど・・・

例えば、インフルエンザワクチンだとその効果も低すぎるし、ギランバレー症候群の重篤さ、
日本脳炎ワクチンによる急性散在性脳脊髄炎(2005年の死亡例がでて現在は任意摂取)
ワクチンはその効果が不確かであっても使われるし、ポリオみたいにここずうううっと
発生してなくてWHOも中止と言っていても、日本は続けている。
毎年、見直しをして欲しいと強く思う。
逆にヒブワクチンは海外で20年以上前より使われ始め、WHOが定期接種として導入すべきと
して先進国でやってないのは日本だけで、2007年にやっと承認を受け、任意摂取になってます。
これは行政が予防接種に慎重になっているそうなんですが(!?意味不明)
承認の遅れに関しては、他国に比べてあまりにも貧弱な我が国の審査体制が指摘されています。
新薬の審査担当者は、米国では2735名いるのに対して、日本では198名であり、このうち、
ワクチン等の生物製剤系の担当者は米国800名に対して、日本では19名と極端に少ないのだそうです。
不幸なサリドマイドの事件も、アメリカでは1960年9月に販売許可の申請があったのを
食品医薬品局の審査官がその安全性に疑問を抱き審査継続を行ったため、
治験段階で数名の被害者を出しただけでした。日本ではサリドマイド児の報告があがったにも
関わらず製造を続けました。

医療ネタ続きます。
最近AEDもずいぶん普及し、心臓マッサージとこれの使い方の講習も頻繁に
行われているようです♪人工呼吸はやはりなかなか難しく、また心臓マッサージだけ
やってた方が社会復帰率が1.5倍になると言う報告もあり、今は人工呼吸のない講習が
広くすすんでいるそうです。
しかし子供に関しては約7割が呼吸原性など非心原性の心停止が占めているため、
やはり人工呼吸が必要なようです。
しかも心臓マッサージを15回やって人工呼吸を2回では、あまり心臓を押せていないことがわかり、
蘇生法は2005年に30回、人工呼吸2回に変更になりました。
子供というのは、観察研究対象が1〜17歳でした。
ちなみに「30:2」の優位性を調べる実験ははブタで証明されました・・・動物実験だったんですね・・・

人工呼吸、確かに成人は難しいですね!特に女性が男性にするとき、鼻も口も
密閉するようにしなくちゃいけないのがほんとに難しい。
けれども最近、直接口をつけるのを少しでもさけるため、胃カメラを飲むときの口にはさむ
マウスピースにビニールがついたものが講習で配られる事が多いんですが、これ!
すっごい、人工呼吸しやすいです!!!商品名「キューマスク」みたいです。
(だからと言ってする機会がないことを切望してますが。そう思ってるせいか、なくしてしまった☆)
画像

心停止から1〜2分で行った場合、約9割の生存率、3分の場合は、約7割の生存率、
5分の場合は、約5割の生存率。10分ではもう無理・・・
救急車の到着まで全国平均で6.3分、救急隊員が傷病者と接触するまでに12.7分かかると
言われています。

心無いニュース。
「世界自然遺産に登録されている北海道・知床の羅臼湖に向かう木道で
「日本で最後に咲く桜」と言われるミネザクラを、道根室振興局の職員が「通行の妨げになる」との
理由で枝払いしていた。」法的な問題はないけど、あまりにも心無い。
画像

「特別な桜だとは知らなかった。今後は関係機関と相談してから判断したい」と言ってるそうだけど。
公園なんかもそうだけど、子供たちが楽しみにしてる胡桃の木とか、簡単に伐っちゃう。
ちなみに知床は、知床五湖地区に、1日の利用者数を制限する利用調整地区制度を導入することが
決まったようです。利用者に対し、自然を保護し、危険な動物から身を守るための事前講習の受講を
義務付け、ヒグマの活動期には必ず登録ガイドの同行。07年に導入された吉野熊野国立公園の
西大台地区に次いで全国2例目で、来春から適用するそうです。
もともと知床の住民は道民にしてはすごく自然を大事にしてたけれど、観光客による
被害は甚大だったでしょう。とっても大事で良い処置だと思う!

かたい話でした・・・うとうとする癒しの(笑)うらんです
画像

画像

カメラ向けてるのに寝るなよな〜☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
ワンちゃん、可愛いですね。
凡・ハヤト
2010/07/14 05:38
ハイそれだけがとりえです(笑)
凡・ハヤトさま
2010/07/14 06:47
人間が神の領域を侵せば侵すほど湧き出るように発生する問題なのでしょうね。
生まれて来ることの意味、長生きすることの意味が問われる現代ではあります。

2010/07/14 09:22
「キューマスク」は常時携帯しているというか背負っているリュックサックのなかにお守りと一緒に万が一に備えて持ち歩いております。
ぴちぴちギャルならいいけれど(相手がいやがる?)おっさんだったらなあと思うと必須う常備品ね^-^y。

で、無くした( ̄人 ̄)ですと〜
探さんかい!!って、
確かに小さいからなくなりやすいよねえ・・・

・もとい・
生きることは、一人でななしえず。
悪意無く、代償を欲さず、
自然に支えあうことが寛容
されど、そんなあたり前が
難しいかも(-_-)な昨今でしょうか。
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2010/07/14 09:56
まれな医療的な事故がマスコミによって、以上にヒステリックに報道されると、本来の問題を離れて、魔女狩りのようになることは避けて欲しいと思いますね。。
子育ては親の生き方の方向でさまざまでしょうから、難しいですね。
私はビタミンKの新生児への投与のことを知りませんでした。私の時代にはされなかったことかもしれません。。
komichi
2010/07/14 09:57
まさしく神の領域ですな〜〜〜☆難しくって…答えなんかでるわけないのに、もんもんと考え込んでしまいました生まれてることの意味…意味って難しいですね。さらに長生きする事の意味って〜〜〜長かろうと身近ろうと意味は「生きる」…う〜んややこしくなってきた
達さま
2010/07/14 12:05
おお〜高忠さんも持ってる〜(って、ワタシはもう「も」って言えないけど☆)ワタシ救急キットも作ったんですが、使うときが来るのはイヤ!とばかりに、押入れの中…(笑)キューマスクは一応、探したんですよ〜〜〜でも嫌われたのが分かったんじゃないかしらもとい♪寛容、まさに。寛容さがないよなあ〜とそういってる自分が寛容じゃない…
└|∵|┐高忠┌|∵|┘ さま
2010/07/14 12:09
そうなんですう〜ビタミンKを飲ませても脳内出血でなくなった場合、報道はされないですよね。因果関係って証明なんて出来ないですし…どうなるやら。ネットで見る限りホメオパシーを嫌ってる人が多く、ここぞとばかりにバッシングしてます。ほんと魔女狩りっぽいです。でもホメオパシーの協会もこの助産師さんを助ける風でもなく…K2シロップ、最近なんですかね、そうだとすると、ワタシ自身も飲まなくても元気だった赤ちゃんな訳で…
komichiさま
2010/07/14 12:22
ビタミンKの新生児への投与・・・私は知らなかったよ。
うちの子どもたちの頃は、なかったのかなぁ。
AED、マンションに設置するかどうかで、議論に。
いたずらする子どもが出てくるんじゃないかとか、1階に設置したら11階の人は取りにいくのに時間がかかるとか・・・
結局、設置に至らず〜
ブルー・ブルー
2010/07/14 16:23
なかなか難しいですね。統計的に云々であるとか、いわゆる「科学的」尺度で測れないところからスタートしているものごとはなかなかギョーカイでは受け入れられませんね。比較のしようがないですもの…
心臓マッサージ高校生の時に赤十字の先生に習ったこと思い出しています。1週くらい朝から夕方まで講習受けて昔の救急士の試験受けました。40年前は確かに少なかった記憶があります。今は隔世の感がありますね。
雨大丈夫ですか? 出先の喫茶店で休憩中の ☆ゑ
ゑこう
2010/07/14 16:26
こんにちは〜♪
余りにも難しいお話で頭が混乱しています
お医者さんに掛る時にはよく説明を求める事にします。
キューマスクをじっくり見てしまいました。
いろいろと考えさせられる事が増えたし、すぐに裁判をかける
事故も多くなりましたね。
うらんちゃんを見ていると和んできて幸せな気持ちにさせられます(^^)v
ミモザ
2010/07/14 16:44
キューマスクの存在はじめて知りました・・
これを使ったんではないですが、つい最近女子中学生だったかな小さな女のこの心臓マッサージをして、蘇生させたニュースありましたね・・その子はそういった知識があったわけでなく、見よう見真似でやったみたいですが
サリドマイド・・そんなこともありましたね・・
取りとめないコメントでごめんなさい・・
ウランちゃんの寝顔に癒されますo(^▽^)o
風子
2010/07/14 17:13
サインをさせる病院、話には聞いていましたが、本当なんですね。
患者も大切だけど、医師たちも自分達を守らねばならないということでしょうか。
キューマスク、これは初めて見ました。
桃源児
2010/07/15 05:02
え〜なかった?病院ではK2シロップって言うの。これってそんなに最近だったのかしらん???でもという事は、投与されなくても元気な赤ちゃんがいっぱいという事ですよね〜…亡くなった赤ちゃんは残念だけど不幸な稀なケースだと思いたいワタシです…。AED、マンションの設置〜スゴイ〜☆確かに11階の人は遠いかもしれないけど、ないよりは良いと思うんだけどなあ〜…
ブルー・ブルーさま
2010/07/15 07:47
喫茶店で糖分補給かしらまさに比較の出来ない事です…それを裁判で争うってどうなのかなあ…そして、段々極論化するでしょう(殺すつもりはあったのかって話になってきて…)なんともやりきれない事件です☆日赤の講習、高校生ですか〜。ワタシは過去4回受けたんですけど、一回は自動車免許の時なんですよ!ええっと山口来る直前だったので8年前ですか。だから最近免許とった人はやってる人多いかも。雨、山口は大丈夫ですね〜。ドシャ降りはありますけど。今朝はくだしたお腹のように何時間もゴロゴロやってました。うちは雨でもお散歩して遊んだりしてますが、去年大災害だったお隣の防府市はまた避難勧告出たみたいです…
ゑこうさま
2010/07/15 07:53
ほんとに混乱してしまいますね。あれこれややこしいです。でもほんと、どんなに信頼しているお医者様でもかならず今のこの薬はなんなのか、この注射は必要なのか、副作用はないのか、聞くのが一番良いです。聞きづらい事もあるでしょうが…☆病院は逆にその辺保身術がありますけど、こちら側は全然ないんで…。うらんの寝顔でも癒されないと、やりきれないでしょう☆
ミモザさま
2010/07/15 07:56
取りとめのない感想になっちゃいますね、ワタシの頭の中も、取りとめがないです…そんな話題ですね☆中学生のそんな事があったんですか、スゴイですね!こういうのは見たことあるのとないのとでは全然違いますもんね!すばらしいです。ワタシなんか卒倒しちゃうかも…と思ってマス☆サリドマイドあたりから、ワタシはいろんな事が信じなれなくなってきたように思います…あ〜うらんの顔でも見てないとやりきれないです☆
風子さま
2010/07/15 07:59
病院ではもうサインなしには何もやってくれない感じです!どんな小さなものでも、麻酔を使えば家族の了承がいるし(そういえば歯医者はないなあ〜)胃痙攣で転げまわっててもカルテを作ってからじゃなきゃ痛み止めもうってもらえなかったり。書類にはありとあらゆる「最悪のケース」がかかれてあり、それは診察の場面でも、必ず「最悪のケース」を言って、過剰な投薬、検査にも繋がってるという事も…なんとも難しいです。キューマスク、またちょっと違うタイプもあるようです♪
桃源児さま
2010/07/15 08:02
う〜〜む・・
こりすさんちに来るには脳味噌の筋肉を鍛えないとイカンですな。
それと、朝来ちゃダメですな、半分寝てるから。(笑)
来週出直し侍〜♪
ミー太郎
2010/07/15 10:09
ははは朝っぱらからできる話じゃないかも…(笑)ワタシは充電型で、朝が一番元気なので、バッテリー切れの夜はこういう話、出来ないかも〜☆
ミー太郎さま
2010/07/15 10:35
余談ですけど、コメント当方その昔、赤十字の講習かなり長い時間受けて(5〜6日くらい?)終了試験もあって、なんか合格点だと赤十字に登録するとか言われた記憶があったのです。で、気になって調べたのですが、今で言う赤十字救急法救急員というヤツらしいですね。登録票無くしちゃって定かじゃないですけど(笑)
一人で山登りすることが多かったので、その辺気分は楽でしたよ。今でも三角巾グルグル巻はできるかも…でもキューマスクというのは当時はなくて、へんなパイプ見たいのはあったような記憶もあります。ただ、それは応急処置用じゃなかったと記憶しています。状態確認→ショックの防止→気道確保…なんてならったような記憶もあるけど、再講習受けなければなりませんなぁ。 ☆ゑ
☆ゑ
ゑこう
2010/07/16 10:03
今でも昔でも乳幼児の死亡というのは、どうしても未完成なためか避けられない場合もあります。亡くなったのは避けられなかったのかもしれないし、なんともいえませんね・・・

僕も毎年救命救急の講習を受けていますが、人工呼吸も心臓マッサージも一度でも良いから練習をしておかないと、実際は絶対できませんよね。

それにしてもウランちゃんの寝ていない写真、見たことあったかなぁ(笑) =^_^=
よしお
2010/07/16 11:30
あーそれですね!ええっと指導できるようになるんでしたっけ??え?でも高校生?時々玄関に赤十字なんとかって札のかかった家があるんですが、あれかなあ…。ワタシのは普通の二日間かなんかのですね。何回か受けると指導員の受講できるとか何とか言われたような…でも確か数年ごとの更新ですね。三角巾のぐるぐる巻き!あれ超苦手です(笑)アタマのやつだけ出来ました☆へんなパイプみたいのは今でもあるようですよ♪あれなんかやりずらそうですね。へ〜ゑこうさんは山のオトコなんですね(笑)ワタシは陸のオンナなんで憧れます&Co.
ゑこうさま
2010/07/16 11:58
乳幼児って、まっこと不思議な「突然死」もあるじゃないですか、ほんとに難しいと思います。このビタミンKも、ほんとにわずかな赤ちゃんを助けるために全員やってるんでしょうが、人間にはどうしようもない感じもします。え〜毎年講習受けてるんですか?さすが!というか、やっぱり♪というか…(笑)受けてないと絶対できないですね、でもワタシなどは何度受けても、実際は卒倒しちゃって出来ない気がします…あああ〜そうなるような場面に出会いませんように…☆うらん、この暑いのに、いつも丸くなって…
よしおさま
2010/07/16 12:01
こりすさん。こんにちは。
雨が良く降りましたね。一の坂川は溢れませんでしたか?
厚狭は、大きな被害ですね。秋芳洞出口は濁流でした。

今回は、特別版ですね。いろいろ考えちゃいます。
うらんちゃんいると、癒されますね。

http://mb1.net4u.org/bbs/mkw71/img/350.jpg
「マンデビラ・ピンクパフェ」 花言葉「情熱」です。
次々と射いてくれます。


yoshi
2010/07/16 14:04
ほんとですね〜でも山口は去年ほどじゃなかったです☆一の坂もナイアガラかって(大げさ・笑)感じにはなってましたけど、浮き輪持って流されたいわ〜って、まだまだ笑える程度でした。それより〜岩国も避難勧告が出たようですけど???秋芳洞の濁流はひどいですね。秋吉台とか大雨の時は大丈夫なのかいつも心配です。ワタシはついつい考えちゃうんですが、うらんがいてくれて助かりますマンデビラ・ピンクパフェ!スゴイ名前。でも名前に見合う美味しそうなお花♪
yoshiさま
2010/07/16 14:26
初めまして。通りすがりでぶしつけですが、余りにも…だと思ったので。
ホメオパシーが魔女狩りされないと良いとかおっしゃる前に、
何の罪もない赤ちゃんが被害にあったこと、
しかもお母さんの選択ではなく「助産師の判断」で「勝手に」
シロップが投与されないという選択がされたこと、
そのうえ母子手帳には「シロップ投与」と虚偽の書き込みがされたこと、
そこを踏まえたうえで感想を述べていただけないでしょうか?
ホメオパシーのこれからについて心配している場合じゃないと思うのですが。
特に後半二つは「犯罪」に等しいことだと思いますが。

ちなみに、ビタミンK欠乏症になる子は2000〜4000人に一人だそうです。
今回のことはおっしゃる通り、ごくごく希なことではあります。
ただ、シロップを飲んでいれば発症しなかった確率は高かったのです。
(シロップを飲んでも発症する子もいるようですが、それは更に希なことです)
「皆がみんな発症するわけではないらしいから」
「薬を飲んでも発症する人もたまにいるらしいから」
…「だからシロップなんて飲んでも無駄だよね」と思って飲まない、
そんな選択もありでしょう(リスクマネジメントが甘過ぎると思いますが)。
しかし、母親の意思でなく助産師の判断で、そうした重大な選択がなされる…
そんなことは到底許されることではありません。

同じ県に住まわれている方として、もう少し詳しく事件の概要を知ってください。
つきこ
2010/07/16 20:09
不快な思いさせて申し訳ないです。事件の内容は、それらも知ってます。ただ本当に私の周りで彼女に取り上げられて元気な赤ちゃん、幸せな出産が出来た人がいるもので、ついつい贔屓目になってしまいました。だからと言って罪がナイと言いたい訳じゃなく、今はただショックで正当な評価みたいなのではなく、自分の心情を書いて見ました。「助産師の判断」と言いますが、母親がこの助産師を選んだ段階でホメオパシーですよね。それが、病院もそうだけど、信頼の上で、する側も説明しない、受ける側も説明を求めないなと強く感じました。病院も何も言わないでちゃっちゃとやっておしまい…。ホメにしたところでホメの優位性を言ったろうし…。ひとつひとつお互いのためにサインが必要な時代だなと。ただただ残念です。その助産師も今はK2シロップも投与してやってます。魔女狩りというのはネット上でほんと、殺すつもりの論点になったりして、極論化する事の恐ろしさを感じたのです。こういう事言う自体がまた不快にさせちゃうかしら?もうちょっとワタシも落ち着いてから書けばよかったでしょうね。けれど今頭の中を占めた重大事件だったので、今の心情を書き留めました。つきこさんの言ってる事はわかります。そういう意見が普通ですね。ほとんどどういう意見でした。ですから提訴された訳ですしね。赤ちゃんにもお母さんにも助産師さんにもただただ残念です…
つきこさま
2010/07/17 03:44
saeがお産をして子育てする頃まで生きていられるか・・・それがウチらの問題ですが、貴記事のことしっかりメモッ!!!

my職場にもAED 2カ所設置してあったけど全員が講習を受けて扱える、という訳じゃないんです。  使うことが起きなければいいんだけどぉ
雨漏り書斎主人
2010/07/17 12:08
saeちゃん♪早く結婚したらありかも〜山口なんかはそうでもないですが、出産も選べる時代ですからね!リスクと希望を考慮して…♪K2シロップは今30歳以上の人は受けてないんだと思うんですよね〜。おお〜AED設置。使う事がないお守りになると良いですね♪
雨漏りさま
2010/07/17 17:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
かたいニュースと癒しのうらん こりすのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる