こりすのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 第4待降節☆

<<   作成日時 : 2009/12/22 12:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 26

ついに第4待降節です!
第4待降節は「人間界」マリア様とヨセフ様登場〜♪
画像

下手ですな〜(笑)作ってるときは下手くそで笑っちゃいます、下手すぎると哀しくなります(笑)
ヨセフ様はウドちゃんに見えて哀しいを通り越してひとりバカウケでした♪
シュタイナーでは「想像力の邪魔にならないようになるべく簡素に作るように」とあったんですが、
あれこれやってしまいます・・・(胸の十字架とかね)
やっぱり来年はにじみ絵の先生(造形の先生)に作ってもらいましょう♪

先週作ったときはツリーの下で待機していてもらいました♪
画像

ところがある日、二人の姿がありませぬ。
うちのチビに聞くとあっちにあるという。なんで移動させたのか?
なんと!ゆりかごをうちのうらんがかみかみしてたそうで・・・慌てて修復しましたが、
なんともボロボロなゆりかごになってしまいました・・・(みつろうねんどだから良い匂いがしたのかな☆)
そこに、クリスマスにはイエス様が入ります・・・
画像

ろうそくも4本火が入り、天使さんもいよいよ降りています。
ほんとはお星さまも天使さんと一緒に降りてくるらしい。
でも東方の賢者の目印にもなるので、そのままにしてみました・・・

親も入って簡単なクリスマス会もしました。みんなで飾り付けをして、家で焼いてきたクッキーを
みんなで食べて、クリスマスの集い。そして最後の天使さんからのプレゼント。
「人間界」からくるみの針山。(去年まではコマ)
ちゃんとどの子にどの色が行くか決めてあったのか?意外とイメージにあう色が配られて気が・・・
画像

12月の手仕事はリース作りとろうそく作り。大人に手伝ってもらいながら子供が作ります。
種をつかった飾りが楽しい。
画像

ところでミンスパイ。その名前からてっきりミートパイのイメージだったのが、
なんとお菓子と知ってビックリ!前に読んでたハリー・ポッターシリーズに良く出てくる、
クリスマスのお菓子。調べたら「16世紀エリザベス朝からのクリスマスの伝統的な食べ物で、
その形状はキリストの眠る揺りかごを表わしたものとされています。クリスマスから十二夜
(公現節)までの間に12個のパイを食べると、新しい年に幸運が訪れるという言い伝えがあります」
で、やっぱり元々は挽肉(mince)が入ってたのが、保存のためにスパイスやドライフルーツが
入りいつの間にか挽肉がなくなって名前だけ残ったみたい。
じゃ〜作れるかも?ってまた・・・マクロビ風で作ってしまった。
相変わらず、下手ですな〜☆
画像

マクロビだからそんなに甘くはないけど、たくさんのナッツとドライフルーツ。
1月6日の御公現の祝日まで、毎日食べる・・・幸運を呼び入れるのも努力が必要ですな(笑)
これはキリスト教のお菓子と言うよりイギリスのお菓子なのかしらん?
イギリス人の小説にはけっこう出てくるようだし(クリスチャンと言うより)

イギリス英国教会ってワタシにはとても不思議です。
カトリックだったのに、ヘンリー八世が、最初の奥さんのキャサリンと離婚したかったから
(男の子が生まれなかったから。その後は有名な「アン・ブーリン」のお話しになって行きます。)
カトリックから飛び出しちゃったのだけど、教義はほとんどカトリックらしい。
同じ教義なのに、カトリック教会と英国教会に別れて教会に行く・・・変な感じ。
さらにカトリック教徒の多かったアイルランドを、教義は同じとしてもプロテスタントを国教とする
イングランドが統治しようとして軋轢を生み、抗争は現代まで尾を引いています。
なんだか意味が分からない・・・要するに政治がらみって事ですよねえ〜。

そういえばイギリスに乗馬で留学をした事があって(BSE騒動の真っ最中だったので短期)
その時はカトリック教会に行きましたけど、誰もワタシと平和の握手してくれなかったな〜(笑)
そういうの、全然気にならないしむしろ面白い体験だった。みんなワタシの事こっそり見てる。
田舎だったけれど、ロンドンから1時間ちょっとのとこ。そういうもんなのかな〜。
NYの乗り合いタクシーで「黒人と話すくらいなら日本人の方がマシ」的に話しかけてきた
おばさんがいたけど、タクシーの中では同乗した人達とおしゃべりするべしというマナーがあったのかしら。
エレベーターもそうですよね。日本だと話しかけてくるほうがヘンな人だけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
第4待降節ですね〜☆☆
私はクリスチャンではありませんけど友人がカトリック教徒などで、とてもクリスマスを大切にしていて・・・いいな〜と思って眺めていました。
こりすさんのところにも降りてくるのですね!!
テーブルに架けられたセンターマット(?)も星々の絵柄だったのですね〜すてきです☆☆
リースの柊の葉とサルトリイバラの紅い実が可愛いですし、ロウソクのひょろひょろ感がなんともいえず楽しいです〜♪
ミンスパイって初めて聞いたお菓子の名前、中身はシュトーレンのような感じでしょうか。。
komichi
2009/12/22 13:33
今年はシュタイナーチックにクリスマスを演出しております♪komichiさんの辺りにはシュタイナー学校もあるし宗教を問わずクリスマスを堪能されてる方も多いのでは?キリストがどう、と言うより、厳粛な感じや期待など感じる季節になれば良いなあと思ってます♪ろうそくのひょろひょろ、おかしいでしょう、ろうの入った鍋に入れたくてたまらなくて、ろうが固まるまで待てないからすぐ入れてどんどん細くなっていったり(笑)鍋に落としたり(笑)やっとできたって感じみたいです通常、ミンスパイは外はタルトかパイで、中はナッツやドライフルーツをスパイスや砂糖などで甘くこねこねしたものが入ってるようです〜♪私もホンモノ食べてみたい(笑)
komichiさま
2009/12/22 16:26
ミンスパイね、私も作ってみたいけど、最近のドライフルーツって中○産ばかりで、怖いんだけど・・・ナッツはア○リカ産・・・
うちの娘ね、幼稚園の時3人の賢者の役を聖劇で・・・
ふつう、天使の役をやりたがる女の子が多いのにね。
ブルー・ブルー
2009/12/22 16:53
ドライフルーツもナッツ類も外国産ですね〜やっぱり。一応全部オーガニックで揃えたけれど…。マクロビ風でもこれだけナッツやドライフルーツが入ると美味しい♪ほんもの食べたくなりました(笑)。生誕劇、良いなあ〜、幼稚園じゃないとなかなか難しくって出来なかった…。どんな役が人気なのかしら。女の子は天使、男の子は…ヨセフ…??ろばじゃないわね
ブルー・ブルーさま
2009/12/22 19:42
いよいよイブまで後2日ですものね
クリスマスモード一色のこりす家の厳かな感じが伝わってきますよ

ミンスパイ・・
とっても、美味しいそうです
白っぽくふっているのは粉砂糖かな?
こりすさんの手にかかれば不可能なものは無いくらいのお菓子作りに拍手です
本当主婦の鑑、母親の鑑・・
今更見習ってももう手遅れですので、駄目主婦を貫きます鯛(^▽^)ノ
風子
2009/12/22 19:44
大昔 リーダーズ・ダイジェストを購読していましたが、
「ところかわれば」というのが毎号載ってたのを思い出しました ♪
こりすさん
2009/12/22 20:10
あと二日なんですね〜、待降節を追いかけてるだけだったんで、肝心の当日の事って案外抜けちゃって…(笑)明日買物行かなきゃ白いのはですね、ふふ、片栗粉♪マクロビなんで砂糖なしなんですう〜♪♪♪でもこれはドライフルーツたっぷりで、相当甘いですけど…。もうちょっと器用で美しく作ることが出来たらきっとお菓子屋さんとかやってたと思うんですけど…でも「マクロビなら下手でも出来る♪」と言うのが今の私の売りです(爆)←でもこれ事実…
風子さま
2009/12/22 20:57
リーダーズダイジェスト、多分読んだ事ない…ですが「ところかわれば」素晴らしく大好きなシリーズです♪私自身が札幌=山口で痛感しておりますゆえ
こりすさん・・・
2009/12/22 21:02
 今晩は。
 前記事の写真の犬、本物だったのね。てっきりヌイグルミかと思っていた。手作りのクリスマスツリー子供達の達成感が滲み出ています。終わったあとどうするのだろう。
珊底羅
2009/12/22 21:53
こんばんわ
第4待降節はクリスマスイブやその前の日と言うわけではないのですね。
ホント無宗教なんですが、やっぱりクリスマスは特別ですね。
街も華やかになりますし、自分の所にサンタは来るのかと心待ちなんです。

おまえ、大人ななのにサンタを信じているのかって言われそうですが、
もちろん信じておりますよ〜
心の持ちようですよね。
家でクリスマスケーキを食べて、幸せだなぁ〜と感じれたら、
それはサンタさんからの贈り物って思います。
ブルースカイ
2009/12/22 23:54
こりすさん、素敵なクリスマス楽しく拝見させていただきました。
ココちゃんが見つけた迷子のマリア様とヨゼフ様、無事に戻ってよかったです!ウランちゃんがかみかみしたゆりかごも微妙なカーブを見せてくれていますね(^^)
天使さまからのプレゼント・ココちゃんのくるみの針山はきれいなピンクでよかったこと!リースもとっても素敵に出来ましたね♪ ミンスパイ ナッツやドライフルーツが入って美味しそう!手作りが何よりです、不ぞろいのところが大好きです。1月6日まで毎日食べられていいですね、こりすさん一家に益々のお幸せが訪れますようにお祈りしています。
バックの青いお空にお星様が静かにピカッ!ピカッ!って光りますね、とってもきれい…☆
そよ風
2009/12/23 01:13
お早うございます〜♪
シュタイナーのクリスマスまでの様子など詳しく教えて下さって
いるので興味深く写真も拡大して見ています。
カトリックとプロテスタントの相違でいろいろな事も起こり
宗教界も大変ですが、こりすさんのお話を聞いていると微笑ましくて
それにミンスパイのお話も興味がありました(^_-)-☆
ミモザ
2009/12/23 07:29
いよいよクリスマスも間近・・・ちまたの商業ベースのクリスマスとは違った、宗教的な雰囲気が伝わってきて、良い感じですニャ!
僕はキリスト教徒では無いので、こういう風に紹介していただけると、興味深いですね(^。^) 

ミンスパイは食べたことがありませんが、とても美味しそう =^_^=
よしお
2009/12/23 07:31
あははヌイグルミだなんてうらんが聞いたら喜びます…(う〜んどうかな、何も考えてないやつなので…笑)♪クリスマスツリーは、カトリックは確か主の洗礼の主日かそこらあたりまでがクリスマスなので、1月半ばまで飾って、あとはのこぎりで小さく分解しまして燃えるごみでございます。最後はからからに乾いて意外と切りやすく、前前年は自分の指まで切ってしまいました☆
珊底羅さま
2009/12/23 07:52
待降節は、まあ第何週、と言った感じでしょうか。サンタさん、そんな感じですよね〜、「サンタさんはほんとにいるのか?」というサンニュース?だったかのアメリカのコメントで良いのがありますが、やはり思いやりとか暖かさとか目に見えない、幸せなものがサンタさんだと思います。宗教関係なく、こういうステキな時期があって良いと思います…♪おさいふにこっそり入れていってくれると良いですね
ブルースカイさま
2009/12/23 07:57
うらんは普段寝てばっかりで、どんなおもちゃを与えても遊ばないので、まさかそんな事をするとは意外でビックリしましたよ!みつろうねんどの香りが美味しそうだったんでしょうか…☆ミンズパイ、ナッツ好きのこりす家には良いですが、毎日って飽きそうで心配です☆で、1週間分は作ったんですけど、残りの一週間は食べてみてから考えようと思ってます(笑)幸せはそよ風さんがお祈りしてくれたし
そよ風さま
2009/12/23 08:07
シュタイナーのクリスマス、ステキでしょう♪宗教的クリスマスの過ごし方はもっと内省的ですね☆宗教とはとかく難しいですね、もっと何が大事なのかシンプルにならないかな〜って思います。ミンスパイ、全然興味なかったんですけど、すごく面白かったです。本物のミンスパイ、すっごく食べたくなりました
ミモザさま
2009/12/23 08:20
単にお喋りな国民性なんじゃないかな
ロンドンの郊外1時間の距離。なだらかな丘と田園風景が目に浮かびます♪

下手下手と仰っているけれど、想像力の邪魔にならない簡素さが、私達の想像力を刺激してくれるのが手に取るように感じられて、とても嬉しいです

2009/12/23 08:22
面白いですか?良かった♪ワタシは面白くてやってるので良いですが…(笑)、これはシュタイナー的クリスマスの過ごし方、ですね、なかなかステキでしたね〜(来年もやろう〜♪)、カトリック的だと、もっと内省的、と言うか告解したり、犠牲(募金、節制など)なんだろうと思います。ますます商業的クリスマスから遠いですね(笑)間とってシュタイナー的クリスマスが厳かな静けさも体験できてちょうど良い感じがします。ミンスパイ、私もホンモノが食べたい
よしおさま
2009/12/23 08:23
そうかしらんねワタシが一人旅だというと、居酒屋の「ビール一丁!」「ビール一丁!」「ビール一丁!」の店員さん確認コールのように、タクシーの中で数人のアメリカおばちゃんの「まあ一人!」「一人ですって!」コール…ほんと、おかしくて差別も気になりませぬ(根の深さは理解を超えますしね)。ロンドン郊外、丘稜地帯、羊、まさにイメージされた通りの場所でしたよ♪BSEさえなければ…(涙)。下手もほどよいと笑えますしね♪すごく上手じゃないのがまた味になってて、この程度が意外と良いのかもしれませんありがとうございます
達さま
2009/12/23 08:29
いよいよイブになりました。メリークリスマス。
同じキリスト教でも分かれるのは、仏教でも同じですね。
イギリス、行ってみたいものです。
桃源児
2009/12/24 00:36
手作りは良いですよね
暖かさが違いますね。
人は綺麗な物に興味が惹かれるけど
他では見る事が出来ない世界観が良い味を
出しますね!
シュナイターは良く分からないけど
良い感じですね〜。
せいパパ
2009/12/24 01:07
本当〜もうイブですね!待降節を追うのばかりに気をとられていて本番をすっかり忘れている私です…(笑)もう明日は良いや的な気分になってます宗教の分裂はやはり人間に分裂…人間の都合…どうせ分かれるならやおろずに別れてしまいにはみんな同じだよね〜に帰りたいなって思います♪イギリス、ワタシは英語はダメですが、なんとなくイギリス英語が好きなんです〜。桃源児さんはどうかしらん♪
桃源児さま
2009/12/24 07:41
手作りの良さ、みたいのを少しづつ感じている今日この頃です。下手でも心がこもる感じがしますね♪シュタイナー、良い感じでしょう、宗教や思想の枠を超えて、静けさや厳かな感じを、この時期みんな味わえるといいなあ〜って思います♪
せいパパさま
2009/12/24 07:42
以前、フィリピン人主催のクリスマス会に出席した事がありますが、みんな敬虔なクリスチャン、賛美歌を歌い聖書を読み上げ歓談といった内容。仏教徒の私でも全くお構いなく仲間に入れてくれたのでした。アメリカへ行った時も教会に誘われたのですが時間の都合で断念。結構異教徒でも歓迎してくれるのが意外だったのを覚えています。一歩も踏み込めなかったのはイスラム教くらい。(笑)
ミー太郎
2009/12/24 08:30
山口にもフィリピンの人が多くいますが、みなさん敬虔なクリスチャンですよね〜☆韓国もずいぶん多いとかで。キリスト教は門徒を増やしたいのではないでしょうか♪仏教は開かれてるのかどうか自体良く分からない…。ワタシをキリスト教にいざなったきっかけはイスラム教なんですが、ほんと入れないですね、お祈りも近寄りがたいし…
ミー太郎さま
2009/12/24 14:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
第4待降節☆ こりすのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる