こりすのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS あいしてる

<<   作成日時 : 2009/06/04 04:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 32

最近、雨の多い山口です。
北海道出身なせいか、湿度に弱い。
温泉か室内プールにいるみたいで、息がしずらい。
横隔膜があがっちゃったまんま、って感じで、息を吐けない。
過換気症候群みたいな感じ。雨なんかだと、10時間くらい平気で寝ちゃって、
自分でもビックリする(と言うより、子供と一緒に6時半か7時に寝てしまう、そして
一度も起きずに朝になってるのが怖い)。医者は自律神経って言うんだけど、
友人の話ではドイツでは気圧予報もあるって言うし、やはり低気圧の人に与える影響は
大きいという事だろうか。でも砂漠のある国に行くと、乾燥でこれまたスゴイ体調不良になる。

エジプトまで行ったのに、とにかく具合悪く動けなくなって、ろくに観光していない(95年撮影)
画像

やっぱり日本人なのね

曽野綾子の本に「魂の自由人」と言うのがある。
カトリックの人なんだが、あまり読む事はないけれど、
とても面白いと思う内容がある。
「魂の自由にとって有害」なものとして「努力すれば報われると言う甘い考え」
を指摘している。「もし自分の努力が必ず実る、ということになったら
人生は恐ろしく薄っぺらなものになるだろう」と言う。
うまくいけばどんどん傲慢になるし、失敗すれば破滅するまで自分を責める事に
なると。で、「努力と結果が結びつかないところに救いがあるのだし
言い訳もなりたつのである。因果関係は必ずしもはっきりしない、
というところで、世界はようやくふくよかなものになったのだ」と。
こういうのって日本人的。結果より過程・・・と言うか。
結果主義(?)なアメリカ人は納得しないんじゃないかな〜。
確かに結果を求めて努力してたら、結果、当初の目的が変わったり、
努力の最中が楽しくて、目的を手にしたら面白くなかった、とかね、
あるものね〜。結果は全てではない。努力と結果も、必ずしも報われない。
面白いなあ
量子力学的には(また・笑)、ある、と、ない、と、あるない、が同時に
存在してるから面白いのと似てる・・・全然違うかな(笑)

ココロがほのぼのする詩。
谷川さんておじいちゃんなんだけど、すばらしいなあ。
あいしてるって・・・どういう感じかなあ(笑)

『あいしてる/谷川俊太郎』
 
あいしてるってどういうかんじ?
ならんですわって うっとりみつめ
あくびもくしゃみも すてきにみえて
ぺろっとなめたく なっちゃうかんじ

あいしてるってどういうかんじ?
みせびらかして やりたいけれど
だれにもさわって ほしくなくって
どこかへしまって おきたいかんじ

あいしてるってどういうかんじ?
いちばんだいじな ぷらももあげて
つぎにだいじな きってもあげて
おまけにまんがも つけたいかんじ

ここしばらく続けてるバイオレゾナンス療法。
まだ薬指の水泡が続いてるし、断続的に鼻なんかにも
現れるので、まだピロリ菌、あるかも・・・なんて思ってたら
ピロリ菌はもういなくて、リンパに侵入した雑菌で
「脳と身体のバランスを崩している」と言う。
脳?と、身体のバランス???
今の不調も雑菌をデトックスすれば楽になるでしょう、と言う。
脳???バイオレゾナンス・・・だんだん良くわかんなくなってきたぞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
愛する人が欲しいです。
凡・ハヤト
2009/06/04 05:12
谷川さんは若い時から素晴らしかったんだから...
おはよう!
山口の湿度の高さはミストサウナにでも入っていると
思わねば仕方がないのかも
曽野綾子もたまには好いこと言いますね♪
僕が将来書く本では
「努力しなければ出来ない自分を恥ずべきである」と
「努力すれば誰でも出来る」を強調したいと
思っております(^_^)/


2009/06/04 06:40
加奈子ちゃんの他にも、って事ですね…
凡・ハヤトさま
2009/06/04 07:35
(笑)確かに!谷川さんは若い時から素晴らしかった。そして今も尚。スゴイですね♪ミストサウナ…(笑)そういう京都は山口以上と聞いた事がありますが?(というか日本一?)達さまの本、ぜひゲットしたいですね(笑)現代のヤサオトコどもにカツ!と言ったところでしょうか私が将来書く本では「努力しなくてもなんとなく出きる」あたりを書きましょうか
達さま
2009/06/04 07:40
こりすさん

おはようございます。

曽野綾子サン、五木寛之サン も年をとって小説を書かなくなり、随筆ばかりになりましたねぇ   阿川弘之サンも名文家だけどエッセイばっかり。


繊細な?こりすさんと違って雑駁な?家人T   雑菌もピロリも寄せ付けませんww

雨漏り書斎主人
2009/06/04 09:31
気圧って体に影響を及ぼしますよね。曇天の日は頭が痛くなりがちな私です。かといって薬を飲むほどでもなく、みたいな。
エジプト、良いな〜!一度行ってみたい!ピラミッド見てみたい!
あれを間近で見ると人生観変わると聞いた事がありますが、本当にそうなんだろうな〜と思えます。^^
ミー太郎
2009/06/04 09:48
>努力と結果が結びつかないところに救いがあるのだし・・・

でしょうね、でしょうね
これってそう思いますよ
でも最近その努力もしていない怠け者です
ただ、日本人も努力より結果みたいなところはありますね
勝てば官軍って、風潮は、確かに、ありますから

でそれにしても、睡眠時間10時間とは恐れ入りました(笑)
私は、どう長くっても7時間が限度かな・・
それも、年に2,3回
旅行なんかすれば、一睡もできず精神安定剤に頼る私です(~▽~;)
風子
2009/06/04 09:54
こりすさん 
おはようございます。
谷川さんの詩 いいですね^-^y

去年39度くらいの熱を出して寝込んだときに
さすがに、かみさんに病院へ連行されまして
医者曰く『扁桃腺が燃えるように紅く・・・』

わたし半世紀近く生きてきて
あの喉のイガイガ感触が扁桃腺の腫れだと
そのとき始めて認識しました。

そんな奥手な私は
ピロリ菌がDDTもって
消毒にきてくれるかも・・・体質かと

お大事に
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2009/06/04 10:07
北海道は、梅雨がないから雨や湿気に弱いのかな〜
自律神経にいちばん反応するのが薬指って聞いたよ。
自律神経が乱れると、私は逆に息が吸えなくなるみたい。
ずっと深呼吸しているもの。
気圧が変わると頭痛がするは、私だけかな〜
低血圧すぎて、みんなにびっくりされる。
上が90しかない・・・
ブルー・ブルー
2009/06/04 11:41
ホントだ!大御所になるとエッセイばかりですね!なんでだろ?小説ネタよりあれこれ考えるようになっちゃったんでしょうか、小説書かなくても充分売れるから…?なんでしょね。私はあんまりエッセイとか読まないです。今回のもちょっと読んだとこが面白かっただけ…ですね繊細!?違いますって!このアヤシイ療法は、発症する前に打て!という医療方針で。でも、発症してないだけに、ホンマかいな的なとこがあるんですよね。いつまで続けて見るか迷うところです。とりあえず水泡が終わるまで…(終わるのか???)
雨漏りさま
2009/06/04 15:43
お☆ミー様も頭痛ですか!そうそう、薬飲むほどじゃない程度の不快感!そんな感じです。お医者様の自律神経…っていう意味もわかんないんですよね〜。弱いと症状が出るって意味ですかね〜、皆が鈍感なのでは?なんて思ったり(笑)。ピラミッド。カイロからピラミッド大通り突き当りにソレはそびえたっている。あれま。と初めは興ざめだったんですが、近くまで来ると、流石に「でか!!!!」圧迫感感じましたね。機械なしの人力のみとはにわかに信じられませんな。なんともいえないダルさ、あれを思うと、再訪は考えてしまいます…
ミー太郎さま
2009/06/04 15:47
(笑)そうですよね〜。私なども努力しなくてもなんとかなるべし…みたいな人ですから(笑)努力だって、楽しくやってると努力って実感ないですしね、しまいには「努力とは何ぞや」みたいになってしまいます10時間睡眠すごいでしょう。私も自分でビックリです。早く寝たんだから早く起きてくれればいいものを…普段は7時間なんですよ♪風子サマは旅先で眠れない!?枕が替わると…繊細なんですね
風子さま
2009/06/04 15:51
谷川さんの詩、良いでしょう♪子供向けの本にあったんですけどね連行された先のお医者サマ、詩的な表現ですね♪その先も聞きたいものです(笑)。ピロリ菌も、なにせこの療法は発症する前に殺菌、なんで、ホントかどうか知る良しもないんですよ☆DDTだったらピロリ菌より胃に悪そうじゃありませんか!まあでも持ってる日本人は多いそうですね。私も養生いたします、ありがとうでございます♪
└|∵|┐高忠┌|∵|┘さま
2009/06/04 15:56
上が90?!低い!私は100くらいですが、下が低いみたいです。自律神経は薬指!?キャー☆それだとドンピシャなんですけどね。薬指だけが水泡がひどくて、低気圧で不調なときは薬指も不調ですから!キャー☆それを聞くとツボ療法なんかイイのかなあ…。低気圧の頭痛はよく聞きますね。息を吸わないのもなんかイメージできます…吸えないのも吐けないのも、血圧が上と下っていうのも、結局同じ自律神経なんでしょうね〜☆お互い養生しませう
ブルー・ブルーさま
2009/06/04 16:02
こんにちは〜♪
まだ、くすり指の痛みが続いていたのですね。
神経が細いのかしら?お大事にしてくださいね。
谷川俊太郎さんの詩は、いつ聞いても心に響きますね。
時々、私も詩の本を出して読んでいます。
良い詩を見つけて下さってサンキューです。
ミモザ
2009/06/04 18:33
そうなんです!薬指だけしつこく続いてます!一応病院でもビオチン療法も併用してるんですが…気持ちは太いんですが(笑)湿度にも乾燥にも弱い…困ったもんです☆詩は、山口に来て目覚めたんです(笑)中原中也ですね。それに元々好きだった宮沢賢治も童話の他に詩も読むようになって…。声に出すとまたステキなものですね♪記録も含めたブログなので、この後もたびたび登場の予定です
ミモザさま
2009/06/04 19:30
アメリカの個人主義って一見冷たく見えますが、機会平等で結果自由ですから、100万ドル長者になるのもホームレスになるのも、それこそ自己責任。

自由にはリスクと責任が伴うことを、忘れてはいけないんだニャ〜。

この体の60兆個の細胞は、少なくとも1年ですべて入れ替わっているということを考えると、自分の体なんて一定なものはどこにもないし、自分の心といっても日々移り変わっているし・・・何なのでしょうね(笑) 
あるといえばあるし、ないといえばないしニャ〜〜 =^_^=
よしお
2009/06/04 20:08
自由とはそういう事ですね。だから自由じゃない方が案外楽だったりして(笑)。アメリカ人はやっぱり「長者」という結果が大事な気がしますね。だからむしろその結果を大事にしてる感もある。日本人だと結果もさる事ながら経緯も大事にするから、経緯いかんによっては結果を大事にしない事もあるような…☆あるといえばある、ないといえばないこのカラダ、私の好きな「電光影裏に春風を斬る」」斬るなら斬れ、どうせこのカラダも春風のようなものなんだから♪を思いまする〜〜〜良いなあ
よしおさま
2009/06/04 20:45
知り合いの中医(中国医学の医師。よく言われる漢方医のことですね)によると、「湿」や「乾」は、「熱」「冷」「風」などとともに、人間の健康を損なう「邪気」のひとつとされているようです。
「風邪」というのは、たまたまそのうちの「風」の邪気が入ったもので、その呼び名だけが代表的になってますが、カゼにもいろいろあって、「湿邪」や「熱邪」や「冷邪」など、どの邪気が入ったかによって、同じカゼでも対処法が違うのだそうです。
ですから、湿気の多いところや逆に乾燥しすぎるところに行って具合が悪くなるのは、中国医学的には普通にあること。
僕は高温多湿のところに出張するときには、この中医から「勝湿顆粒」という漢方薬をもらって出かけます。
この湿気ひとつとっても、熱系の湿気と、冷系の湿気とでは処方がちがうそうですから、人間の体って微妙なものですね。
<K>
Beehive
2009/06/05 01:04
マクロビでも陽性の風邪と陰性のそれとでは対処法が違いますね!万人同じ風邪ってやっぱ変でしょうね☆「乾燥しすぎて具合が悪い」と言うのは全くもって初めてで意外だったんです、でも中国医学的にはアリなんですね〜ナルホド!北海道は秋頃ひどく乾燥しますが中東の比じゃありませんからね〜湿気にも2種あるのは奥が深い、さすが中国漢方ですね。山口はどうなのかな〜。私にはサウナ状態だけれど…バンコクよりはマシかしらん。Kさんはまわりにスゴイ人がいっぱいですね♪
Beehive <K>さま
2009/06/05 07:51
曽野綾子さんの確固たる意志の強い文章も好きで、よく読んでいました。
キリスト教の考えが基礎となり、あれだけの行動(集めた寄付金を自ら届けるなど)も、恐れ入ります。「努力すれば報われると言う甘い考え」を指摘するあたりも彼女らしいですね。。

『あいしてる/谷川俊太郎』この詩はじめて読んでみましたが、ちょっとセクシーな感じもあって、なかなか大人の詩だな〜〜と感じています。。
私は東南アジアのこの湿度が好きです。。
この季節さらに朝寝坊になっています(苦笑)。

komichi
2009/06/05 13:41
まさしく曽根さんは確固たる意思のある人らしい文章、行いですね!ワタシだと、そんな気がするな〜ってトコですが(笑)。「あいしてる」はナント!「いちねんせい」という小学生向けの詩集に入ってるんですよこの湿度が好き!?(笑)どんな感じなんだろう(笑)確かにさすがの朝型のワタシも寝坊するのはこの時期ですね♪東南アジアのように、山口の人も薄着になってくれれば良いんですが…シッカリ服着てるんですよね〜(涙)
komichiさま
2009/06/05 14:04
エジプト、行ってみたいです。
でも、観光出来なかったんですか、残念ですね。
努力しても必ずしも報われない。よくあることです。それを不条理と思うか、運と思うかという所でしょうか。
脳と身体のバランスですか、ちょっと怖く聞こえたりもします。
桃源児
2009/06/05 17:05
カイロでは、とりあえずやりたい事はやったんですが(ラクダとか・笑)カイロもオールドカイロや、夜のピラミッドのレーザーショーとかみんなキャンセルでした。とにかく理由もなしに具合が悪くて動けないんですよ。ああこのままこのホテルで死ぬのか…って思いましたよ(笑)。脳と身体のバランスって怖いですよね!一体なんなんだって感じで…。まだピロリ菌の方が怖くなかったです
桃源児さま
2009/06/05 17:31
こりすさん、こんばんは
>北海道出身なせいか、湿度に弱い。
人間の体って、そこの環境(地域)でつくられていくのでしょうかね?
だったら、こりすさんの子供さんは、山口の体になるのでしょか?ね。(笑)
ところで、こりすさんの平均睡眠時間はどのくらいですか?
10時間には、オドロキました。(笑)
私は、平均5〜6時間くらいかなぁ。

>努力と結果も、必ずしも報われない。
そう思いますね。
最近、何に対しても努力しょうという気持ちに
ならなくなりました。こまったものです。(苦笑) 
これも歳のせいでしょうか?ね。(笑)

谷川さんの詩
「あいしてる」ってこと、上手く言葉で表現していますね。
なるほど〜!って思いながら読んでおりました。
kirari
2009/06/05 22:25
こんばんわ
北海道と山口の違いはやはり湿度なのかな
今日は札幌も蒸し暑かったけど、きっとこんなのは内地なら屁の河童なんだろうな…

魂の自由って何だろう
漠然として分からないかも…。
自分に置き換えるなら、結構自由なんですよね。
同居人がいても
ある程度の縛りがありますが、不自由と思ったことないんですよね。

僕的に魂の自由とは、自分にとって窮屈になるようなことはしないということかな。
僕にとって窮屈とは、無理をすることで、無理してまでするようなことはこの世にないのかなと…。

あいしてるってどんな感じかな
向き合って微笑み合える空間かな
ブルースカイ
2009/06/06 01:26
やっぱり育った環境で身体は作られるみたいです(笑)だから私は北海道製、子供は山口製、よっていいだけ大人になってから環境の違うとこに引越すと大変ですね☆簡単なトコではやっぱ毛穴の数が全然違うそうです(3歳までに決まるそうで)!私の睡眠時間は平均7〜8時間ですね(よう寝てるなあ)、5〜6時間にすればもう少し他の事もできるのに…と思います(笑)。私はもともと努力しない性格です頑張るとかあまりアツくならないというか…。それに過程が楽しいと努力って感じしないじゃありませんか?辛いのを努力って言うのかなあ…☆あいしてる、良いでしょう♪
kirariさま
2009/06/06 05:18
魂の自由、そう言われると難しいですね(笑)。でもまさしくブルースカイさんの言うとおり、無理しないってことだと思います。それと…なんだろ、自分で自分の首を絞めるってよく言うけど、そんな考えとかは魂を不自由にするのかなあ札幌もここ20年くらいで蒸し暑い日もあるようになりましたよね!もちろん山口の比じゃありませんけど、札幌の辛いとこはエアコンがない(涙。)札幌ではよく夏バテしてましたが、こっちだとエアコンがあるので「食べれない」って事ないですもんね☆あいしてる…どんな感じかなあ…(笑)微笑む空間♪ステキな事には間違いないですね
ブルースカイさま
2009/06/06 05:25
エジプトですか!
妻が一番行きたい国ですよ。
私が行きたい国はギリシャなので
エーゲ海を挟んで隣国
いつかは家族で2ヶ国を
訪れたいです。
私もグチャグチャです・・・。
せいパパ
2009/06/06 20:04
家族で行くってまた良いですね♪特にギリシャはクルーズじゃないですか!家族旅行にもってこいですね♪私もグチャグチャって…(笑)最近お忙しかったから
せいパパさま
2009/06/06 22:08
真っ青な空に高くそびえるピラミッド '95年にいらしたのですね、直ぐ傍までバスが行くのですか?ご体調崩されて大変でしたね。知り合いのおばあちゃんがエジプトに行きたくて旅行会社に行ったらNOと言われ、ロビーの端から端まで全力疾走して体力のある様を見せ付けて、結局OKもらって行ったんだけど、60度の灼熱に若い方々はバタバタと倒れ、おばあちゃんはシャンとして全行程を楽しんだそうで、らくだに乗ってピースサインの写真を見せてもらいました。
>あいしてるってどういうかんじ? あいするってとっても大切と思います、やさしくなれるもの・・。谷川俊太郎さん、尊敬しています。
>努力・・私は結果は求めないけれど、いつも小さな努力を重ねて行きたいと思っています。
>バイオレゾナンス療法・・雑菌がリンパに入っている!?お大事になさってくださいね。
そよ風
2009/06/08 14:50
エジプトは一人で行ったんですが、それでもミニバス(笑)。ホントすぐふもとまでバスが入れます(駐車場なんてモノはありませんが)。でもみやげ店がいっぱい!とか風情のないことはありませんよ♪おばあちゃんにNOは失礼ですね!しかし全力疾走で体力を示すなんて、さすがだし、この方は世界中どこに行っても大丈夫ですね♪だいたい老人といえど自分の体力なんて分りますよね!分からないのは案外若い人かも☆谷川俊太郎さん、たまに読むとココロが洗われます♪それこそ、優しくなれる感じ…。これも愛だわ(笑)♪バイオレゾナンス、そもそも発症する前に〜みたいな療法なんでほんと良く分らない!リンパに雑菌とか怖い事言いますしね(笑)。でもこれを飲めば大丈夫的に漢方臨海水を処方されるんですよ
そよ風さま
2009/06/08 16:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
あいしてる こりすのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる