こりすのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS マクロとミクロ

<<   作成日時 : 2009/04/23 05:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 33

イギリスの科学者ジェームス・ラブロックがガイア仮説を提唱したのは79年。
地球の大気は21%が酸素、78%が窒素だが、酸素が1%増えただけで火災発生率が
70%も増加、4%も増えると地球は燃え尽きてしまう。窒素が75%以下になると
氷河期になってしまう。この21%と78%がうまく維持できているのは大気だけでなく
海洋、土、生物圏も一体になって維持してると考えたらしい。
元もと、火星に生物はいるか?という事でNASAから莫大な研究費でやっていたのに
火星探査機を出す直前に「火星に生物の兆しはないが地球にはある」といったせいで
NASAをクビになったらしい(笑)彼は、生き物なんだから名前がなくては、という事で
地球に「ガイア」としたと言う。(ギリシャ神話の大地の女神の名前)

アポロ9号宇宙飛行士ラッセル・シュワイカートも、船外活動中アクシデントで
何の仕事もなく宇宙空間におかれたとき、今ここにいるのは私であって私でなく
”我々”としての私であると気づき涙が止まらなかったと言う。

ラズロ博士に寄れば、宇宙の70%を占める真空はただの空っぽなどではなく、
人間も含め全ての物質の全ての営みが保存記憶されてると言う。
だからこそ、初めての生物が現れてからたった38億年で超複雑な人間を生んだと言う。
ある数学者によれば、目隠しをされた人が1秒間に1回ルービックキューブを
でたらめにまわして正解にいたる時間は1260億年。しかし隣に見える人がいて、
一回一回あってるかどうか言うだけで2分でできるという。
その隣の人が真空、アカシックフィールドなんですね。
昔、「生まれてきた目的を果たすまでは死ねないな!」と思って、
アカシックレコードを読む日本人、と言う人にリーディングしてもらった事がある。
このアカシックレコードも、宇宙の全てを記録してある葉、じゃなかったかな・・・
(アーヴィン・ラズロ博士。
原子・人間・宇宙に存在する一貫性のある原理・構造を探究する「システム哲学」を提唱し、
その発展に努めている哲学者。)/「地球の祈り」より

しかし数学者ってこんな事考えてるんでしょうか・・・いったいどういう計算式なのか・・・
それにあってるかどうかってどうやって証明するんだろう・・・

ま、ご先祖様がいなければ今の自分はいない訳だし・・・すべて包括されている感じも
分からなくもないけど、マクロすぎで、ピンとは来ないかなあ・・・
ミクロな私は近頃また馬に乗りたい・・・

私はブリティッシュから調教を学ぶことでウエスタンに転向、レイニング競技を学びました。
こんな感じ。これは2002年。

これは2007年。チャンピオン総なめにしてる人です。

こういう競技も時代とともに評価が変わるんですよね。
02年はラージサークルが猛烈に速く、スモールサークルは今ほどゆっくりじゃない。
ワイルドさが前面に出てると言うか。最近は美しいですね♪
私にもデパーチャー(駈足発進)は馬の頭が下がってるほうが好き、とか好みがあります。
02年はぴょこんと頭が上がります。でも07年ではあがってません。
02年、走りはかっこいいです!その馬の良さを引き出す方が良い、とか、
自分の好みとジャッジの好みが違ったりと芸術点っていうのは難しい。
障害のように落としたバーの数、とか明瞭じゃありません☆
しかしアメリカのライダーは、割と馬は大丈夫かな?と思うような巨体の人が多いな・・・

私はライダータイプじゃなかったので、いずれは調教師が良いな〜なんて
夢見てましたが、けがなどであえなく挫折☆
良い馬って「思っただけで動く馬」だと思うんだけど、良い馬じゃなくても
馬なら乗り手の気持ちが100%伝わるので、本番に弱い私は不向きなんですな☆
体操の池谷選手はギャラリーがいないとやる気でなかったそうですが、
そういう人はライダー向きですね!映画などで使われる馬などもカメラがまわってないと
ちゃんと演技しないそうです♪
私も、この馬、スゴイでしょう!見て見て!と言う気持ちでやれば良かったのかも知れません。
いつかまた始めるチャンスあるかな〜。

競技には向かない私ですが、入場曲はちゃんとあったりして(笑)
ランチではよくかけてましたね、SHANIA♪
Man,I feel like a woman /shania twain

で・・・調教をしだすと、商業的?というか勝負に行って、競技に行くのは男性、
女性はわりと、どこまで力じゃないソフトな調教ができるかという事で
鞍なしハミなしに興味を持っていくような気がします・・・。私もそうだったけど♪

鞍なしはまだしも、ハミなし、というのは100%馬が言う事を聞いてくれなければ、
降りる事も止まる事もできないし、コントロール不可な状態。
暴走なんて問題外、ってことです♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(33件)

内 容 ニックネーム/日時
子馬が好きです。
凡・ハヤト
2009/04/23 06:01
僕の義理の息子も数学者で若くして幾何学の博士号を持つ
大学の講師なんだけど、やはり頭の中では宇宙の真空が
どうだとか普段考えているんだろうか?
しかしいろんな趣味を持ってる人は羨ましいですね。
僕なんか、馬は鍋にするものだとばかり思っていましたよ

2009/04/23 06:28
お早う御座います〜♪
久しぶりに私達が住んでいる地球の事をかんがえました。
でも、数字に弱い私は(@_@;)
馬さんが大好きだったのですね(今も同じ気持でしょうね)
優しい目の馬さんとこりすさんの目は似ているような気がしています。
ミモザ
2009/04/23 07:24
私も好きです
凡・ハヤトさま
2009/04/23 07:50
博士!?スゴイですね!ほんと一体何を考えてるんだろう〜って思います!やっぱり思考回路が全然違うんでしょうかね〜???「馬は鍋」(笑)(笑)(笑)達さまらしいと言うか(笑)私は食べるのが好きなので、いくら馬好きと言っても一度は食べてみたいんです〜なかなかチャンスなかったんですよね☆
達さま
2009/04/23 07:53
地球とか宇宙とかになると非日常的にな数字になってくるので、だんだん訳が分からなくなってきますよねここで分からなくならないのが数学者や天文学者なんでしょうかね〜?馬の目って優しいですよね〜♪昔は良く見つめ合ってました…(笑)あんまり長い事乗ってなかったせいか、最近急に乗りたくなってきたんです…哀愁かしらん?(笑)
ミモザさま
2009/04/23 07:57
何時だったか、地球が滅び行く日のTV番組を観たことがありましたが、
無限大に広がる宇宙の中で、生物が存在しえる星である地球・・
そんな地球が、広大な宇宙の中で誕生したということにも、限りないロマンを感じます
それは、様々な偶然が重なったものなのか、それとも必然だったのか、
神のみぞ知る神秘な領域の事なのかもしれませんが、
はじめに地球が有ったから、
私たちは生まれてきたんですものね

何億光年は続くだろうと言われていたその地球の生命が、
温暖化等に伴う環境破壊等により、意外と早くにその終焉を迎えるのではないかと言われ始めてもきていますすね・・
地球がいつ滅びていこうと、もうこの世にはとっくに存在しない自分たちに関係ないことだと言えば、それまでですが、
今人間のやらなくてはいけないことは、何なのか・・

そんなことを、ふと考えてしまうような、こりすさんの今日の記事でした
下手なコメントでごめんなさいでした・・


こうやって、生かされている私たちの原点のミクロ、マクロの世界・・

風子
2009/04/23 09:04
下、2行削除忘れです・・すみません
風子
2009/04/23 09:05
こりすさん
おはようございます。

乱読屋の雨漏りですが、拙の弱い部分をカヴァーしてくれる、こりすさんに多謝多謝・・・です。

この世は五行・・・木火土金水・・・で出来てると教える往古の哲人たちに、この記事を読んで貰いたいと思うのですが?

ディック・フランシスの著作 スグレモノですよ♪

あぁまた外したかなぁ?
雨漏り書斎主人
2009/04/23 09:45
エドガー・ケイシーの本を読んだとき、アカシックレコードという言葉を知りました。
数学というより、チャネラーやリーディングという予言する人って感じですね。
数学的なことより、こっちが興味あるかも〜
ブルー・ブルー
2009/04/23 10:23
へ〜そんな番組やってたんですね!やはり多少警告の意味もあるんでしょうか。計算上としては他にも地球があってもおかしくないですが、やっぱり私は偶然必然の地球!と思いたいですね今私たちは地球1,3個分の資源を使ってるとかで、2個分になってしまわないうちに何とかしなければ!と思う人達が増えてきてるそうです。自分がいない未来の事でも、今やる事で多少の未来は変わると思うんです。まさしく「今人間は何をやらなければいけないか」考える時なんでしょうね〜。考えてるだけの時がある私ですが
風子さま
2009/04/23 13:18
なんだか時々マクロな事考えたり調べたくなったりしたくなる時があるんです〜♪私もマクロビをやって少し五行も見ましたけど、多分、専門の人達で話せば、つきつめれば科学も非科学も同じ結論になるんじゃないかと思ったりしますあるいは、共通の答えがかなりあるのではないかと♪
ディック・フランシスとな?なんとそんな人がいたんですね!チェックせねば(笑)かもめのジョナサンなどそうですが、やはり飛行士が飛ぶ話を書くのはまさにリアル。推理小説に馬も登場するか?はおいといても図書館へGO(笑)
雨漏りさま
2009/04/23 13:23
(笑)確かに数学よりははるかに面白いですね(笑)でもアカシックレコードを知ってたので、アカシックフィールドの話を知った時は嬉しかったなんと言うか、科学者も非科学者も森羅万象の答えは同じなんじゃないかと思ってたので♪ラズロ博士が科学者じゃなかったのは残念だったけど、でも非スピリチュアル系で出た話だけに、くじけてはいませんアカシックレコードでも連綿と過去から続く自分がいて、やはり未来へと続くのでしょう、未来の地球の滅亡は他人事じゃないのは事実かも!?
ブルー・ブルーさま
2009/04/23 13:27
地球自体を生命体とする考えですね。ガイア、聞いたことがあります。
アカシック・レコード、本当にそういう物が存在するのでしょうか。そこに刻まれているのは過去だけか、これからのことも書かれているのか、少し気になります。
桃源児
2009/04/23 17:55
地球の事をガイアと呼ぶのはずいぶんメジャーですよね。どっかの国の言葉で地球の事をガイアだと言うんだと思ってる人が多いように感じます☆アカシックレコードは、確か宇宙の始まりから全ての事を…という事だったように思います。だから未来まではないような気がするんですけど、私がリーディングしてもらった時は、ハッキリ「まだ何回か生まれ変わりますね」と言われガックリした記憶があるので…どうなんでしょう、これはアカシックレコードと関係なく彼のスピリチュアルな方面の事なのでは…いずれにしろ、ミクロな私にはあずかり知らぬこと…証明できない事…知ったところでどうだって事もないこと…だったんですけど、最近未来や来世、ちょっと知りたいかも(笑)
桃源児さま
2009/04/23 19:50
ちょっと難解ですが、地球に生命が誕生したのも微妙なバランスなんですよね。
もし、自転速度もっと速かったら、こんなに濃密な大気や適度な温度形成は出来なかったでしょうし、地球の質量も、生物が生存するにはもっとも適した質量だたと言う話を聞いたことがあります。

おそらく、今確実の広がっている宇宙空間には、地球のような生命体がいる惑星があるかも知れないですが、僕が生きてる間にコンタクトが出来る可能性は0に近いのかな

サラブレッドの話ですが、名馬は自己の抑制が出来る馬だと言います。
人馬一体と言う言葉にも通じますが、これが出来る馬と人間がもっとも競馬に適しているらしいです。
でもこれ、どんな競技でも通じることなのでは
ブルースカイ
2009/04/23 21:22
前半のアカシックレコードの話は、うちのグループの全員が食いつきそうな話だな。
最近の先端物理学で、宇宙は多元的に同時に存在している(???)とかいう結論に至ったそうで、つまりここに、見えないけど別のパラレルワールドが同時進行しているらしい。
同時進行というと最初と終わりがあるようだけど、実は私たちの意識はCD-ROMの情報を読む磁気針になってるだけで、本来の宇宙というのはそのCD-ROMそのものだから、すべての時間の情報がもうすでに存在しているんだとか。
難解すぎて、よくわかってませんが、僕。

でも、そういう仕組みだからこそ、ちょっとはなれた場所の情報を読み取る能力のある人が「予言」したり「透視」したりできるのでしょうね。過去も未来も。
うちのグループの人にもひとり、そういう特殊な才に長けた人がいて、ときどき失くしもののありかを電話で教えてもらってます。
Beehive 〈K〉
2009/04/23 23:52
宇宙のお話、私の頭の体操になっています(笑)。
以前女性の物理学者の方のほんが話題になって、その人の内容の中で宇宙を食パンのスライスで説明をする話があり、その後きちんと読んでみようと思っていながら・・・得意な分野ではないので、ついそのままになってしまったことを思い出しました(苦笑)。。
こりすさん、これからでも又馬に乗られたらいいのに〜〜♪
それにしても☆鞍なしハミなし☆って、内腿辺りの繊細な筋肉で馬に指示を与えるのでしょうか。。興味があります。。
komichi
2009/04/24 01:48
数字にうとい私には数学者ほどにはその数字の微妙さのスゴさがドンと分りませんが、とにかくすごい狭い数字の間でうまくバランスを取ってるのは神業なんでしょう馬ですが、結局はどんなスポーツもメンタルですよね☆だから私はテニスも弱いトップアスリート達は技術はほとんど同レベルですよね、違いはメンタルの優劣とかコントロール次第で…。馬に関して言えば、乗馬も競馬もやっぱり血統ですね!これは否めません☆アメリカでは冷凍精子をやってたように思いますが、これが日本にも入れば飛躍的に良い馬が作れると思いますが…それは商業的考えで。ちょっと面白みにかけると思う私でした
ブルースカイさま
2009/04/24 07:54
(笑)そうなんですか、Mさまより神様の話は良くすると聞きましたが♪CD-ROMは分る気がします(ホントにかどうかは不明・笑)、沢山の人が色々受け取って発信してるように思います。分ってるけどしない人、スルーしちゃう人、けれどもヒト全体としてはちゃんと予定通り動いてるような。透視はまさしくそれで説明がつきますよね♪私も若い時周りにやたら江原さん人間がいて、もういやになった事がありますけど(笑)なくし物を教えてくれるのは助かりますね♪物理学は非常に難解で理解できませんがスゴク興味あります。科学とスピリチュアルの間のような。死生観そのものがまさに不思議!(それこそ次の次元に移行するだけの事…と言ってるのだろうか???)もっと噛み砕いて誰か教えて欲しいと思う(笑)
Beehive <K>さま
2009/04/24 08:05
頭の体操(笑)ホントですね、「たまに」っていうところもまさに♪私たちの今の次元は何枚かスライスした食パンのうちの一枚、みたいな感じでしたっけ?エライ人達も私たちにも分かるように説明して下さってるのか、パンが並んでるのか(殴)もうひとつの地球があるどころではなく、実はたくさんの私が色んな人生を歩んでいるのでしょうか?まったくもって難しすぎますね!馬、ゼヒ乗りたいんですがね〜内腿の筋肉!鋭い☆実際はふくらはぎ、体重の移動ですね。小さなコンタクトに馬が集中していて従順に従う、と言うのが完璧に出来てないとできません。ハミ、鞍ありでも基本はふくらはぎと体重移動なんですよ。ハミは最終手段ですから
komichiさま
2009/04/24 08:19
う〜む・・・数字に滅法弱い私は数値を見てるだけで一点魔になりそう・・(笑) でもこういう事考える人のアタマって凄いですね!(子供の頃、何食べてたんだろう?^^)
乗馬、見てるだけなら結構簡単そうなのに実際にやってみたら怖いし難しいし、馬にゃバカにされるしでひでぇメに遭いました!^^;
ミー太郎
2009/04/24 09:05
(笑)一点魔どころか目が点ですよ〜一体何がどうしてこういう計算をするのやら。頭の良いヒトの考える事はさっぱり分りませんな!ひでぇメに遭いましたか(笑)そうなんですよね〜乗っただけで「初心者なのでよろしくね」という気持ちがモロに伝わるんですな!「てめぇ〜言う事聞かなかったら後で桜肉にしてやるかんな!」という気持ちで乗ればOKですよ(笑)
ミー太郎さま
2009/04/24 14:49
こりすさんは頭が良いですね。
説明が分かりやすかったです!
宇宙は私も好きです
これからの発見が楽しみです。
地球の酸素と窒素の話も興味津々でした
4%酸素が増えると燃え尽きてしまうとは
全く知りませんでした。
せいパパ
2009/04/25 01:02
私も、大気の成分はさぞかし複雑…なんて思ってましたけど、複雑じゃなくて、微妙なバランスを保ってるのがきっと複雑なんでしょうね。でもこれほどまでに狭い幅内で保たれてるとは知りませんでした。まだまだ知りたいですね!私たちに分かりやすいように噛み砕いて説明してくれる学者さんが出てくれると良いなあ♪
せいパパさま
2009/04/25 05:12
「人間も含め全ての物質の全ての営みが保存記憶されてると言う」・・・真空の宇宙は、単に気圧的に真空なだけであって、固体である物質は微細なものも含めて存在します。

そこに生命の素となるアミノ酸その他があって、生命が育つ環境の条件が整えば地球のように生命が満ち溢れるようになるのでしょう。物質のすべての営みが保存記憶されてる・・・・となると、恒星、銀河系の誕生・・・ビッグバン・・・もっと広く言えば、この3次元世界の起源に行きつくかもしれません。

パラレルワールドの話も出ましたが、そうなると我々の次元では想定できない4次元世界の存在・・・・という話になりそうです。こんな話、子供の頃から好きです。(笑)
けいつ〜
2009/04/25 06:40
地球の生命って微妙なバランスの元に、成り立っているんですね。

宇宙という生命体の中のガイア、その中に自分がいると思えば、不思議な気がします。
宇宙も出来てすぐは水素のかたまり。
星の中で沢山の元素が作られ、星の最後に宇宙にばらまかれる・・・私たちの体って、沢山の星々の元素が集まって出来ていると考えたら、宇宙そのものが自分じゃないのかなぁと思いますねぇ (=^_^=)ニャア
よしお
2009/04/25 07:10
(笑)難しいけど楽しい話ですよね!全ての記憶があるという真空(真空って何もないと思ってましたよ〜)があるから3割に該当する惑星や生命体が出来るのかもしれない。誕生も起源もすべての謎が解明されるか知らん???多次元が同時存在と言うのは小説なんかでも見られるようになりました。「私」は実はひとりだけじゃない、とかね♪これはもう〜語りつくせませんね
けいつ〜さま
2009/04/25 09:19
まさしく!宇宙そのものが自分なんでしょうね〜私もそう思います。基本的な材料は地球も人間も全て同じみたいですものね〜、不思議と言うか…だからこの微妙なバランスを取ってる要因に生物も入ってるんでしょう♪この壮大な不思議さ、楽しいですそういえば、宇宙に行った犬は聞いたことがあるけれど、猫は行った事あるのかしらん???
よしおさま
2009/04/25 09:23
こんばんHA

冷たい雨がビショビショ降ってますぅ 
雨漏り書斎主人
2009/04/25 20:49
山口は朝あがったんですよ〜。雨雲はそちらへ移動したんですね〜。
ほんとに冷たい雨…今朝もなんだか少し寒いですよ
こんな天気の話なんて日本人とイギリス人くらいなのかなあ〜?
雨漏りさま
2009/04/26 04:48
こりすさんへ
科学者を任じていたひょうすけですが、サッパリわかりません。私の宇宙知識、現時点の東京行きの新幹線列車は半年前は現在の大阪の方向に走っていた、という程度です。馬に乗っておられたとはすごいです。あらためてこりすさん尊敬してしまいます。
ひょうすけ
2009/04/28 10:26
科学者って面白いですね♪新幹線って…2回くらいしか乗った事のない私はまさにサッパリわかりません(北海道には走ってませんでしたしね〜)☆馬も昔は身近だったようですが、今は本当に珍しいことになってしまいました。とても残念。馬で買い物とかいけるようだったら良かったのに
ひょうすけさま
2009/04/28 15:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
マクロとミクロ こりすのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる