こりすのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 初めに言があった

<<   作成日時 : 2009/03/03 05:08   >>

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 30

感動的なお話が出てました
「今ここに存在すること・・・それがpresent」
http://heartyshinjuku.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/present-e811.html

「旅する事は 生きること」というアンデルセンの言葉。
彼は生涯で約30回の海外旅行とかで旅行記も結構あるんですね、知らなかった。
ちなみに4/2はこどもの本の日なんだとか。
私にとって旅する事は・・・立ち位置が変わってものを見れる良さを感じるし
感情が過敏になるからいろんな事で感動できるから好きなんだけど・・・
「生きること」というより「生きてるって楽しいと簡単に実感できる体験」かな☆
あああ〜旅行したくなってきたあああああ

言霊、を結構信じてる。
言葉が生きて旅をする、とまでは思ってないけど・・・
「初めに言があった」というように、コトバには意思も感じるし・・・

その言葉が、その時は反発を覚えてのどに入らずぺっと出す事もあれば、
しばらくしてごっくんと飲み込んで、受け入れたりする事もある。

だからたとえば何か話し合いがあったあと、時間をおくようにしてる。
その時の私の反応はああだったけど、その後自分に入ってくるのかこないのか。
(あの時はそう考えたけど、あの後やっぱりこう考えるようになった、とか)
相手も、あのときの反応はああだったけど、その後どうなっていくのか。
「消化」や「発酵」に似てるかな。

ところで・・・2月はまだ朝6時半まで暗くて月が綺麗だった。
ちょうど食卓テーブルに座ると正面に三日月が見える♪
朝ごはんの7時にはすっかり明るくなっちゃうので
残念ながら「月見朝食」にはならないけれど・・・
画像

画像

画像


お祈りとかお経とかって、意味とかわからなくても入ってくるものがある。
(って私は全然祈らないんだけど・笑)何が入ってくるんだろう・・・
それが音、と言うか言霊なのかなあ、と思う。
意味よりも音が大事?と言うか・・・
だから脳に良いんじゃなくてココロに良い感じ。
三浦綾子さんの手記で、お祈りが文語体から口語体にかわって
意味は分かりやすくなったけれど、文語体の方が(意味が分かりづらいお祈りのほうが)
祈ってる感じがする、と書いてあった。(私は歌う方が良いな〜♪)
うちの子も意味なんて分からなくて良いからと2歳から唱えてます。
体に沁みこんでほしいなって思って・・・。
自分は一人じゃないってこと、必ず守ってくれるものがあるって事
自分ひとりで世の中まわってるんじゃないって事、ココロやカラダに。

最近遊んでる最中の独り言や歌の中に混じってるから
けっこう入ってきてるかも・・・

週末お世話になってるにじみ絵の先生のアトリエ展に行ってきました♪
画像

「作る」「造る」「創る」すばらしいな〜〜〜って思う・・・
小さい子でもできる貼るだけのバッチを作ってました。
うしろにピンがついてて。うちの子もせっせと作りました♪
画像

作ってるときも作った後も、また、良いんだよね{〜%キラキラwebry%}
こういう姿を見ると、母親として自己満足してしまう(笑)幸せ♪
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
可愛いバッジが出来上がりましたね。
凡・ハヤト
2009/03/03 05:37
中川さんもゴックンせずにペッて吐き出せば良かったのにね(笑)
僕は図画工作は3だったから、そちらの方の才能は皆無だと諦めて造形にはとんと関心がなくなっているけれど、後から考え直してみるという習慣の方は結構身についているような気がするな。
感情と理性のバランスがとれた人物なんだろうね(・_*)\ペチ 

旅。
今日から4日間東京の国際展示場で開催される展示会に出展するので、朝早くから新幹線に乗って東下りの途中です。 
4日間立ちっぱなしは辛いので、夜はちょっと青森まで抜け出して飛びきりのお鮨を食べて来ます(^^)v

2009/03/03 07:01
お早う御座います〜♪
私は聞き役が多いのですが、言葉はとても大事ですよね。
ちょつとした事で相手の顔を見たくなくなったり・・・
お子さん、しっかりとした顔付きで楽しみです。
こりすさんの素直な心を受け継いでもらえると良いですね。
本日も寒い仙台です〜風邪にご注意を!
ミモザ
2009/03/03 08:01
のりで貼り付けるだけの簡単なバッチなんですけどね♪子供には「自分で作った」という事がまた更に楽しかったようです。ビーズや毛糸、フエルトの切れ端、無限大にいろんなバッチが出来ますね♪
凡・ハヤトさま
2009/03/03 08:18
中川さん!ペッどころか全部吐き出してからコトの及んで欲しかったです(笑)。私はやはり日本の全て点数で決めたところにヒトの可能性も潰してる気がしまして☆結果が3であろうと1であろうと楽しく造形する事に意義があるんだと思うんですよね♪だからうちは出来たものに対して何も言わない「ほめない教育」で…果たして良いのか分かりませんけど東京ですか♪青森まで抜け出すって「抜け出す」距離でないのでは!?料亭「青森」じゃないですよね(笑)また美味しいもの教えて下さい♪
達さま
2009/03/03 08:23
こちらも、冷たい雨が降ってる寒い山口です花粉症には一休みな感じで良いですが…☆コトバって不思議だなっていつも思うんですよ♪意味もなくだらだら流れていく時もあればヒトの心にどしっといる時もあったり。同じ言葉でも言う人が違うと感じ変わったり!不思議だ(笑)
子供が何かいっしょうけんめい遊んだり作ったりしてるとこ見るのが好きなんです♪素直な子になってくれると嬉しいですね
ミモザさま
2009/03/03 08:27
三浦綾子さんの本は、3冊ほど読みましたよ
氷点が有名ですが、私には「銃口」とか、「塩狩峠」が印象的で、感銘を受けました・・
小さい時から、お祈りする習慣があるなんて、素敵なことですね
お子さんの、無心に、取り組んでる姿が、なんとも可愛いです(=´▽`=)ノ

風子b
2009/03/03 09:37
言葉もだけど、文字も残ると思うと怖い気がする。

三浦綾子さんの本は、学生の頃随分読んだなぁ。
最初に読んだのが塩狩峠で、先輩から進められたの。感動するよって。
電車に乗ると、しばらく思い出していた。

このバッチの飾りみたいに小さいものをつまむ時、子供は集中しているよね。
うちの息子は、ずっと指を使う遊びをさせていたよ〜
ブルー・ブルー
2009/03/03 14:42
え〜ホントですか!三浦綾子さんは旭川の人で舞台が北海道だからそういう点でも読みやすくて、ほとんど読みましたよ♪塩狩峠〜懐かしい!すごく印象的ですよね!ちょっとショックにも近かったかなあ…ひな祭りの貝あわせもそうですが、お祈りとか、自分がしないできた事を、して欲しいと思ってさせるのって大変です(笑)お祈りは、「7歳までは神の内」ってホントだなあっていうくらい、子供の方がすんなりやってます♪子供の無心な姿ってかわいいですよね〜
風子さま
2009/03/03 15:07
文字も怖いと私も思います!だから小説家とか喋る仕事の人とかスゴイなって思う…訂正きかないし〜☆三浦綾子さん、けっこうみなさん読まれてるのですね〜♪私も塩狩峠の事は急な坂道とか行くとしばらく思い出してましたね!三浦綾子さんは淡々と言うか…そんな感じでムゴイというかやるせない話書くので、ひそかにショック受けたりしました(笑)。普段は走り回ってる子供の集中した姿、なんともカワイイですよね♪指を使う遊び☆よしッそれで受験突破だあああ
ブルー・ブル−さま
2009/03/03 15:14
「人生とは旅である」と私も思います。実際に旅をしていなくても色んな人との出会い・別れを経験しながら歩く道はまさしく旅のような気がして。(^^)
ほんの気まぐれで始めたブログも間もなく2年になろうとしていますが、ココは「ブログ」という名の国のようにも思います。言葉が極めて不自由な外国にいる時の自分こそが真の自分と聞きますが、だからこそ「自分探しの旅」なのかな〜と思ってみたり。いずれにせよ心に大きな影響を与えるのは間違いないですよね。
「言葉」の扱いは確かに難しい。。話す言葉にしろ書く言葉にしろ、簡単に人を傷つけられるし不愉快にさせられますもんね。喋るか黙るかどちらかを選べ!と言われたら黙っている方を選びたい私です。(笑)
ミー太郎
2009/03/03 15:26
私もブログを始めて、言葉の難しさを感じます。初めは誰かが読むなんて思ってなくて自分だけ分かれば良かったんですけど、旅行記を書くにあたって過去に書いた自分の文の意味が分からない事があって(笑)将来の自分にも分かるように書かなきゃ、って思いました私は普段、黙ってるか喋ってるかどっちかの人なんですが(笑)どっちかにしてろ!って言われたら、やっぱり黙ってますね。伝えるって難しい★
ミー太郎さま
2009/03/03 15:42
人生は旅ということは、色んな人が言っていますね。
色んな所へ行き、様々な人に会うということでは正にそうですね。
意味がわからない言葉の方が、確かに祈っている気がします。
ピンクのバッジ、お花一杯で綺麗です。
桃源児
2009/03/03 18:17
人生も旅ですが、ホントに旅したくなったこりすです☆う〜〜〜ん、いつ行けるのか…「旅できない 育児人生も これまた旅」なんじゃコリャ今日はちょっと壊れてるこりすです(恥)☆意味がわからない言葉。お経なんかスゴクそう思うんですよ♪まったく意味分かんないけど唱えることで功徳を生むでしょう〜。意味分かったらその意味考えちゃうからかしらん?バッジ、本人も会心の作だったようです♪
桃源児さま
2009/03/03 20:11
私のブログに遊びに来て頂き
ありがとうございます。
子供が手作り出来る展示会良いですね
私も、子供が楽しめる展示会開催を
考えています。
言葉のパワーは
ブログを始めて大事だなと
思い始めました。
せいパパ
2009/03/03 20:20
ごていねいにありがとうございます「子供が楽しめる展示会」せいパパさん主催ですか???楽しいですね!企画するのは楽しいでしょう♪私たちが行ったとこのは、テーブルにのりやつまようじ、ビーズやフエルトなどたくさんあって、自由に作らせてもらえる、というやり方でした。時間を決めて簡単なものを教えながら一緒に作る、ワークショップ式も多いですね♪参加型が楽しいですね、特に子供はブログをはじめると、ほんと「コトバ」について考えてしまいますね!これは良いコトだ
せいパパさま
2009/03/03 20:33
ご訪問ありがとうございます。ブルースカイです。
そうですね〜。
旅は良いですよね。知らない街、知らない風景、そして知らない言葉を聞くと、それだけで心がワクワクするものです。
それに、空気が違うって感じれる瞬間も、『旅』した時かなって自分では思います。

子供の集中力って凄いですよね。
画像でも判りますよ
目が真剣ですもん。

大人の独り言は別な意味で怖いけど、
子供の独り言は、逆に大人の方が真剣に聞いてしまいますよね。
あれって不思議ですね
ブルースカイ
2009/03/03 21:36
こりすさん  こんばんHA

東京は今シーズン二度目の雪・・・

聖書も文語体じゃないと感じが出ませんねぇ
イザヤ書41章だったかな ”・・走れども疲れず、歩めども倦まざるべし”
コレ 口語体だとツマンナイ ww
雨漏り書斎主人
2009/03/04 00:45
旅は大好きです♪
その「いつもある空気」を感じれること自体素晴らしいですよね♪
子供はいつも走り回ってるだけに、こういう顔見ると、おかしいというか、可愛いんですよね(笑)ホント、真剣です♪
子供の独り言はホント笑えます。脈絡もなく思いついたコトバをどんどん出していきますから、「あんなこと言ってる!」とか、あれ、私の口癖だわ…とか(笑)あるんですよ
ブルースカイさま
2009/03/04 08:23
お〜雪でしたか♪春だ春だと思ってたのに…ですね☆
おおッ聖書!(全然読んでない!汗)文語体って何か妙に味がありますよね…。
これぞまさに音の不思議と思っておりまする〜♪
雨漏りさま
2009/03/04 08:25
はじめましてハーティカウンセラー日記のheartyです。
ブログの履歴をたどってまいりました。
私の記事をご紹介いただいたこととてもうれしく思います。

ところで北海道のご出身なんですか?
私も幼少期を北海道ですごしました。
ただそれだけですが、それがまたすごくすごくうれしくって。
今日のハッピーエネルギーになりました。

hearty
2009/03/04 12:54
こりすさん、こんにちは
生きていると、いろんなことがありますよね。
苦しいことがあるから、楽しさも感じられるのですよね。
いつも幸せだったら、何が幸せなのか判らなくなるかもしれませんもの。(それが当たり前になるとコワイ)
人間誰しも、幸と不幸は半分ずつ訪れるというから。
だた、その人がそれをどう受け取るかによって
随分、変わってきますよね。
(幸せと思うか、不幸と思うかによって)

旅は、心をリフレッシュしてくれるのいいですね〜♪
先日、また湯布院に行ってきましたぁ。(笑)

>「作る」「造る」「創る」すばらしいな〜
本当にそう思います。
作ってるときは、作業を途中で止めさせることなく
最後まで、根気よく見守り、成し遂げさせてあげると
本人に、自信がついていいですよ。
kirari
2009/03/04 13:54
とても良いお話だったので、保存したい気持ちもあって貼り付けてしまいました〜お断りもせずにゴメンなさいいつも拝見させていただいてます!
ハイ、7年前に札幌から山口に来ました!生まれたのはお菓子の町帯広です♪
幼少時住まわれたとの事ですが、記憶とか思い出はあるでしょうか?良い思い出だと良いな〜♪この膨大なブログ世界で、なにかちょっとでも共通のものがあると不思議と嬉しいものですよね♪確かtenderさんかマクロビをやってるのでその系統から行き着いたような記憶しています。
heartyさま
2009/03/04 14:03
私も「どう受け取るか」という事、とても考えています!ストレスも考え方を変えるとずいぶん軽減するらしいです。考え方、受け取り方の癖、と言うのがあるらしいんですね☆それから「終わりよければ全てよし」なんてのも最近思うんです…不幸が続いても最後ハッピーなら割合が不幸の方が多くてもなんとなく良い様な気がして…湯布院!行きたいな〜♪リピートしても良いくらい良いトコなんでしょうね〜作ること。私もできるだけいろんなモノ作りたいと思うんです…じっくり☆子供もそうですよね♪
Kirariさま
2009/03/04 14:10
お経を詠んだり、ヨガで唱和すること、最近は好きになりました。その場とシンクロしてゆくような・・・不思議な気持ちになってきます。
自分の声が体の奥の方へ向かってゆくような気持ちのよさです。
☆子供たちが無心に創造の翼を広げている姿は素敵です!!
komichi
2009/03/04 15:56
 今日は。
 バッジを作っている子供の後にいる人は誰なのか気になります。三浦綾子さんもクリスチャンですが何を祈ったのでしょか。子供、平和いろんなことが浮かびます。
珊底羅
2009/03/04 16:09
ヨガの唱和?そういうのがあるんですね、知らなかったけど、良さそう♪お経とか、まったく意味が分からなくても、その音なんでしょうか〜、良いですよね声も、場所も、体も何もかもひとつに溶けちゃうようなイメージです♪まったくもって気持ち良いとはそのとおりですね☆いつもははしりまわってる子供が一生懸命やってる姿ってホントカワイイですよね♪
Komichiさま
2009/03/04 19:40
こんにちは、ようこそいらっしゃいました子供の後ろですね(笑)もうひとりバッジを作ってる子がいたのでそのこの親かなあ???どうでしょう(笑)。三浦綾子さん、何を祈ったでしょうね。病気の辛い人でしたが、病気の事なんか祈らなかったんじゃないかなあなんて想像します。当時の信仰生活は現代の私にはビックリです。しかも同じ北海道でしたので、どえらい先輩って感じがします
珊底羅さま
2009/03/04 19:45
こりすさん、こんにちは。
僕も「ことば」の力は信じています。
言霊というのは本当にあって、思ってもないこととか、言っちゃいけないことを言うと本当になっちゃうとずっと信じて暮らしています。
Beehive S
2009/03/11 10:09
ホントですね♪仕事で「風邪をひいたんで休みます」って嘘ついたらホントに風邪ひいて(笑)二度とこういう事はしませんでした♪亡くなった方にもう一度亡くなってもらうとかね(笑)イエ、別にズルばっかやってた訳じゃないんですけど
Beehive Sさま
2009/03/11 11:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
初めに言があった こりすのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる