こりすのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS

<<   作成日時 : 2009/02/10 05:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

ちょっと前になりますが、ブルー・ブルーさんとこの記事で
http://mana-maharo.at.webry.info/200901/article_25.html冬のローズマリー〜MANAに感謝!)、
勉強に専念したい時はローズマリーの花輪をかぶる、
と言うのを見て、おお☆ギリシャ人の彫刻っていつも草冠かぶってるし〜。
ひょっとしたら普段からかぶってて、こう勉強の時、とか目的ごとに
花輪も変えてたりして?な〜んて想像しつつ・・・♪

でもやっぱり皇帝とか、英雄、勝者詩人などに「与えた」ものみたいですね
現代のマラソンではなぜか月桂冠だけど、オリンピックではオリーブの草冠
(オリンピア神殿の神木)が与えられてたんですね。
他に、松の冠、パセリの冠、月桂樹の冠(アポロン神殿の神木)。
もともと神を崇めるための競技祭って言うんだけど・・・
崇めるために競技・・・?良くわかんない(笑)

アディダスのロゴは、その勝利者に与えられた月桂樹をモチーフにしてるんだそう。
(アディダスという名前は創始者兄弟のアディとダスラーから)

なんで黄金の冠じゃなくて草木の冠なのか?いくらご神木とはいえ・・・

ギリシャ人にとって「自由」すなわち「競争できる」であり、
黄金もさることながら名誉を重んじ、勝者はスポーツ選手にとどまらず
その名誉を後ろ盾にしてその後の活躍に利用できたらしいです。
それに競技の前後は戦争を起こしちゃいけない、という了解もあったらしくて
これは平和のオリーブの冠モノですな!

「小説葉隠」を読んでいたら・・・
「武士は主君の馬前に死することを以って最大の名誉とした」とある。
(戦いがなくなってきた江戸元和時代、それに代わって追腹が名誉とされ
寛文元年葉隠の佐賀藩では殉死の禁(追腹)を施行)
同じ名誉でも、それのために死ぬ日本と生きるヨーロッパ。
日本=陰(死)とヨーロッパ=陽(正)だね〜。

あんまり、草花を取るのは好きじゃないので、子供にもあまり取らせてないんです。
でも子供時代に花冠とかして遊ばないと〜などと思って、多少許してるんですケド・・・
やっぱり必要な分だけ。「花の命は短い、手折らずにそのままで」といつも行く公園に
看板が立ってるのだけど、その看板自体が手折られてます(涙)

シドニーオリンピック 高橋尚子金メダル(7分くらいで中央トラックに入り、9分頃ゴール)

マラソンと高校野球って見てるだけで、涙が出ちゃうので
あまり見ないんですが、高橋尚子の人気ってなんでしょうか?
初めての金をもたらしたから?そうだとすると、野口みずきの時も
感動的だったけど、金は金でも2番だと人気でない???のかしらん?
やはりQちゃんといわれる親しやすさだったり?

「西郷隆盛紀行」を読んでいて、やっぱり思うのは西郷さんの人気。
アーネスト・サトウが後藤象二郎より人物が一枚上手、と評したという。
西郷隆盛の晩年の座右の銘は「敬天愛人」。
革命家のチェ・ガバラの人気。
同志や友たちが、「チェ・ゲバラという人間の、最も優れた資質は何だったと思いますか?」
という質問に口を揃えたように、「人間を愛する才能です」と答えたそうです。
隣人を愛せる人にはたまらない魅力がある、という事でしょうか。

西郷さんに関してはやっぱり何冊も本が出るくらい魅力のある人だなあと思う。
そして本質(西郷さんで言えば純粋さと言えるのかしら)は変わらずとも
人は、西郷さんでさえ、人生の中で考えは変わっていくのね〜と改めて思いました☆
というか、固執するよりもそのほうがより良い、とも言えるのかなあ〜。
特に西郷さんの時代は激動期だからそうならざるを得ないとこがあったでしょう。
それが彼にとって良かったかどうかは別として・・・

もどって、マラソン。
走るためだけの体つくり。それだけで涙出ちゃう〜。
女性ホルモンが減少して男っぽいカラダになるそうです。
マラソンって、追い詰められたときに出る脳内ホルモンでやめられなくなるのかな〜
って思ってるんですけど、そのための毎日のハードトレーニングを考えると
やはり「走る事が好き」ってことなんでしょうか。

アテネオリンピック 野口みずき金メダル。こちらも感動的です♪
ZARDの「負けないで」がかかってます。この歌最高です〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
昔は月桂冠と決まっていた訳ではないんですね。
西郷隆盛、やはり人気がありますね。特に鹿児島では。
あちこちで銅像を見ました。
筆者は実はあまり好きではないのですが。
薩摩以外の人に対しては、かなりひどいことをやっていますから。
あまり書くと、鹿児島の人に怒られそうなので、やめておきます。
桃源児
2009/02/10 06:25
(笑)そうみたいですね!あの本にはその事もちょっと書いてありましたよ♪良いイメージばかり先行して「人間西郷」がどんどんなくなっちゃ感がありますものね☆スター西郷か逆賊西郷か葛藤し失敗もする西郷であった事で私としては人間らしくて親しみが持てましたけど♪良いにしろ悪いにしろ話題になってしまう西郷人気が気になってしまうこりすでした
桃源児さま
2009/02/10 08:08
Qちゃんって、やっぱり愛らしいっていうのも、皆の支持を得られた要因の1つだと思いますね
あんなに華奢な女の子が、全身全霊を込めて力走する姿に国民は心を打たれたんですよね
スポーツはあんまり見ない私ですが、それでもたまに見て感動をいっぱい貰えることってあります

西郷さんといえば、この記事には関係ないですが、以前「あの肖像画は西郷さん本人ではない」なんて、TVでやっていて面白く観たこと思い出しました (=´ー`)ノ
風子
2009/02/10 09:44
隣人を愛せる人にはたまらなく魅力がある・・
興味深い言葉ですね〜。(^^) 人を惹きつけるという事と同じでしょうか?
そこに黙って静かに座っていても人が寄ってくる、人を惹きつける人っていますよね。友人の中にも一人いますが本当に不思議な魅力。
イライラ・カリカリしてばかりいると女性でも男性ホルモンが強くなって毛深くなると聞いた事があります。顔つきもキツくなってくるし、イライラはやはり良くないみたいですネ。(^^)
ミー太郎
2009/02/10 10:46
リンクありがとうございます。
うちの庭には、月桂樹の木も植えてあるんだけど。
もしかして、神木を知らないうちに選んでるのかな。
榊もあるから、和と洋の神木が・・・
松の冠、パセリの冠、月桂樹の冠とよく考えてみると、全部香りがいいですよね。何か理由がありそうな気がします。

西郷隆盛の本当の写真はこれだ!っていうテレビ番組をみたけど、痩せてましたよ。
実際、鹿児島の西郷隆盛の像は、違う人って言われているし・・・何故自分の姿を隠したがったのだろう。
ブルー・ブルー
2009/02/10 11:26
その昔、頭が良くなるという触れ込みで微電流だかの流れる金属の輪っかを頭にはめて勉強しているの図を何かの雑誌の広告で見たことを思い出しました。 

今日は流石に遊び過ぎで頭がボ〜ッとしているので、その輪っかが欲しい気分で神戸に向かっているところです(^-^)

2009/02/10 13:18
高橋尚子は「Qちゃん」の魅力だったんですね〜♪マラソンはもう見てるだけで辛くて…感動以前の問題なのでゴールだけ見たりします(笑)西郷さんのニュース、私もどこかで聞きましたね!もうすっかり太まゆ、デカ目、太ったイメージがあるので、違うとなると変な感じですね!確か足利尊氏かなんかありませんでしたっけ…
風子さま
2009/02/10 17:52
そうなんです…なぜかその人の周りに人が集まるっていう…いまいち言葉に出来ない魅力。それってなんなのかな〜って。たまたま西郷とチェでは人を愛すると言うキーワードが同じだった訳ですけど、ほんと何なんでしょう☆イライラすると毛深くなる…ホントですか!!!気づいたら毛深くなってたらやですね!!!(笑)
ミー太郎さま
2009/02/10 17:55
微電流のわっか!?それすっごい怖い感じがしますけど…。頭が良くなれば何でも良いのかって感じですね☆まあ頭が良いにこした事はありませんが…遊びすぎてボ〜っとするってどんな感じですか!!!(笑)ちょっと経験、ないですね〜(笑)帰国してもまた移動ですね、香港くらいだと国内旅行とあまり変わらない感じかしらん…
達さま
2009/02/10 17:58
月桂樹に榊…まさに神木ぞろいですね☆西郷さんのニュース、どこかで私も聞きました!確か奥さんも、あの人はこんなじゃないとか言ったとか。まあ銅像ってそんなに似てるもんじゃないですけど、もう西郷さんの特徴的な容姿って浸透してますよね。歴史的にも最近で、何百年も前って訳じゃないのに、そんな事ってあるんですかね〜。鹿児島じゃ国民的英雄ですよね。西郷さんと会った事ある人、ずいぶんいたと思うんですけど…
ブルー・ブルーさま
2009/02/10 18:02
Oh、読了されましたね ♪
あまり女性向きじゃない本なのに、エライッです♪
ついでに「大東亜戦争肯定論」も、行っちゃいましょうか ww

公的機関勤務ですが、公徳心の欠如が益々ヒドクなっています。
困ったものです。

野口みずきさんの場合、二番煎じと言っちゃ可哀想ですが、やはりねぇ ww
雨漏り書斎主人
2009/02/10 20:42
今日は起きてましたよ(笑)どちらの本も読みやすかったです!図書館お取り寄せでした♪大東亜…もう題名だけで挫折しそうですね(笑)西郷論と近しい印象を受けます…まさしく公徳心の欠如ですね☆花も公園のならば看板も公園のでしたからね★やっぱ2番煎じですね「日本初」ってあまりにも衝撃的かつ感動的ですもんねさあ今日はもう寝ようっと♪またeariy birdでお伺いいたしまする〜
雨漏りさま
2009/02/10 20:58
国内旅行と大して変わりませんね
沖縄のちょっと先って感じかな。
今日は朝寝も昼寝も夕寝も充分にしたので、
夜中になっても快調です。
明日まで持ってくれれば好いんだけど(^^ゞ
西郷隆盛っていろんな評価のある人ですね。
だけどスケールの大きな人だったことだけは
確かなようで。
城山に行った時西郷さんが自決した豪を外から
眺めたことがあるけれど、現代人の感覚で
評価しようとしてもし切れないところがある
人なんだろうねぇ。
しかしどうしてお札にならないんだろう?
やはりあの肖像画が本人のものじゃないからかな?

2009/02/12 00:01
まさしく「現代人の感覚では評価しきれない」って感じですね。そう思うのはどの時代の偉人変人(笑)もそうですけど。人を理解する事自体難しいですしね♪確かにお札になっても良さそうと言えば良さそうですが…。そんな何百年も前の人じゃないのに顔が違うなんてあるのかしらんお札にならないのは逆賊説もあるからかしら?なんか髭とか、ニセ札防止のための細工が出来るような人相、と言うのを聞いたような気がしますが、それじゃ樋口一葉の説明がつきませんしね。だいたいなんで樋口一葉が選ばれたんだろう…
達さま
2009/02/12 07:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
冠 こりすのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる