こりすのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 動物のホリスティック医療 in 山口

<<   作成日時 : 2009/02/04 04:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

昨日は節分でした。
豆まきするのは面倒なので(まあ1ヶ月豆まきのハナシを寝物語したし)
おやつにお豆を食べて、夕食に簡単な海苔巻きをつけただけで済ませました。
そのおやつ。
画像

たった百円なのに神式のお払いもしてあると言う炒り豆。これは山口ですね。
北海道はなぜか落花生(宮崎も落花生らしい!)。
4歳なので4個づつ。おまけにクコの実、というメニュー。

さて。動物のホリスティック医療。
人間だってなかなか受けられないのに動物は尚更。

しかしそのマイナー診療(笑)をやってる須崎先生(東京)が
移動診療所としてたまに山口に来ることになった!
(隊長ブログhttp://www.agilitydog2.seesaa.net/)
今回は2月。すでにもう満員御礼です。
次回はいつかな(って高嶺の花で受けれないケド)。

うちの愛犬(笑)うらんの手作り食はその須崎泰彦先生のを
参考にしてるのだけど、それでも時々外耳炎なんかするので、
ちゃんと原因究明に見てもらうと良いんだけど・・・。
普通だと抗生物質と消炎剤だけで、どうしてなったか、
ならないためにどうしたら良いかなんてそこまでやらないし、
そもそも手作り食自体、病院側としてはフードは売れないし
病気になった時その病気用フードを買って貰えないし&犬も食べたがらないので
治療がやりづらいとして、フードに変えるよう言われる。
病気になる前に予防に走る飼い主との意見の相違。
逆に須崎先生のとこだと全て解決&解消できる。
(がんなんか特に感じるけど、手術して切っておしまい。しまいには副作用で
元々のがんじゃないとこが原因でなくなったりする★やれやれだ。
医者が一番受けたくない医療。医療は経済だから、と言うけれど・・・

ここ山口では主に、その須崎先生のセミナーを受けたりしてたくさん勉強された方が
塾と称して、今まで勉強されてきた事をカミングアウトしてくれる(笑)講座と
(だって普通では知りえないようなあんな事!や、こんな事!も教えてくれる
須崎先生もしてるバイオレゾナンスでのチェック&トリートメント、
(これはドイツの振動医学のもので日本ではまだあまり馴染みがないですね☆
体内のどこの振動に乱れがあるかで内臓チェックしたり調整したりできるそうです。)
先生オリジナルの(人間可の)サプリの販売代理をするという事です。

今回はその塾とバイオレゾナンスを受けてきました!
バイオレゾナンスは元々人間用であり、(須崎先生のとこと他の大きく違うことの一つに
ペットも飼い主も健康になる!というとこがある)飼い主もドウゾ!という事だったので、
素人でマクロビやってる我が家としてはとりあえず、わが子を投入(笑)
画像

↑こんな機械に↓こんなの取り付けて計ります。
被験者には首と腕にわっかみたいのをかぶせます。
画像

所要時間はチェック項目によるのだけど、今回は35項目で10分ちょっと・・・かな。
電磁波やジオパシック、防御力や生命力、内臓胸腺脳、ホルモンや病原菌アレルギーなどなど。
わが子は、パーフェクト♪なかなかいません!と言われて気を良くした私(笑)。
これからもマイマクロビで頑張ろう〜
うらんは、毛髪(笑)、歯、十二指腸のみの乱れ。よかった〜。
オーラルケアなんか全然しなかったことを反省。
私もやってほしかったけど時間切れ。次回やってもらお!でも怖いな〜〜〜★

さてこれは今回チェックだけだったけど、そのままトリートメントして
共鳴作用でハーモナイズして調整することも出来る。
花粉症、アレルギー体質ケアも出来るので、私はそれにしようかな・・・♪
(旦那がニセ科学だな!と言った(笑)。治れば何でも良いのだ!
だって正科学で治らないんだからさ!参ったか!笑)

その問題となったうらんの外耳炎は、いつも軽症で。
ハーバルイヤーリンスで洗うと良くなる。でも繰り返す。しかも黒ずんできた。
外耳炎は肝臓や腎臓に良い食事、となるんだけど、うらんの場合、意外と
そういうのに良い食材をたまたま使ってたのになってた。
病院に行く前に福岡のハートランド
「ワイルドアラスカンサーモンオイル(オメガ3)」と
「バードックプラス(慢性皮膚疾患、肝機能や代謝機能の障害を鎮める」
「プラントエンザイム(消化吸収)」購入。ハーブは5日与えて2日休むリズムです。
しばらくやってみたけど、腫れも繰り返すし・・・黒ずみも出たりひいたでなんともすっきりしない。
で・・・結局、抗生物質のお世話になる

耳の黒ずみは漢方で言う体が「熱い」ときに起こることが多いとか。
そういえば、中耳炎とかも、体の熱や水が出ない時になるとかを読んだ事あるような!!!
たいていの肉は体を温めるから、今与えてるささみを休んで、体をあまり温めない
「豚肉かウサギ肉」に、さらに人参やインゲン豆や生姜など体を温める物も控えて様子を見よとの事。
きゃ〜〜〜毎日すりおろしにんじんもささみもあげてたし!!!
これは我が家にはにんじんは陽性すぎるから、にんじんはすべてうらん行きなのであった!!!
改善☆でも耳の方まではなかなかな改善せず・・・

昨年のドラマ緒形拳さんの遺作になった「風のガーデン」では
在宅医療や自宅で死を迎えることを扱ってるけど、
このドラマでそう希望する人が、増えるたじゃないかな・・・どうかな。
ラスト、闘病生活的涙涙になりすぎないのが、良かった・・・
「風のガーデン」ノクターン 平原綾香

農水・環境省主導でで有害ペットフードを取りしまるシステムができるそうです♪
早ければ10年度にも試行。ペットフードの安全法の施行とともに国が製造・表示方法に基準を定め、
罰則を設けて取り締まれるようにしたのです。
http://pets.yahoo.co.jp/news/n2009012001.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
お早う御座います〜♪
うらんちゃんの外耳炎心配ですね。
須崎先生って動物に関して評判の良い先生なのですね。
そういう先生のアドバイスの一声て効果があるような気がしますね。
動物のアレルギーは分かっていましたが、花粉症もあったのですね。
うらんちゃんが良くなる事を祈っています。
音楽を聴きながら在りし日の緒形拳さんの元気だった頃の
姿が思い出されます。
ミモザ
2009/02/04 07:55
そうなんです〜最近は人間も動物も同じような病気になってますね☆大きい病気じゃないので良いですが、そうなったら高嶺の花でも須崎先生かな〜と思って…貯金せねば!って感じです(笑)。緒形拳さん、良い俳優だっただけに惜しまれます
ミモザさま
2009/02/04 08:39
こりすさん  おはようござんす。

治れば何でも良いのだ!
だって正科学で治らないんだからさ!参ったか!笑) <コレに尽きますネ

須崎先生って獣医さんですか?
ウチは、旅行、外出が多いから、PET買わない飼わない方針なので、そんな苦労はしませんが、それ以上のものがあるとは承知しています♪
雨漏り書斎主人
2009/02/04 09:50
幸い我が家のケモノ達は日頃から丈夫で助かりますが、以前一度だけ
猫が膀胱炎にかかり、以来体質改善のため病院食に切り替えて現在に
至ります。(これがめっぽう高い!)毛長なので泌尿器系の病気にかかり
易いとか。猫は喧嘩でやられて実は片目を失明してるんですが、視力は
ゼロでも見た目が普通に見えるようにする眼科手術があるそうで、
それは「眼科専門」と言われました。(辞退しましたけどネ)
猫も人間並みに色々あるみたいで驚きました。(^^)
保険もあるようですし、イッチョ前ですよね。
ミー太郎
2009/02/04 09:53
私が知っているブロガーさんも、ワンコの食事は全て手作りよ。
ペットフードとか、昔はなかったもんね。
今は、安売りの日とかに大量に買っている人を見かけるけど、1缶100円もしないのが不思議です。
「風のガーデン」は、結局1回も見てないです。
受験生がいるとなかなか夜は、テレビをつけられないです。
後ちょっとだけど、がんばろ。
ブルー・ブルー
2009/02/04 10:20
我が家にも、ワンコがいた頃、ペットフードにもいろいろと気をつけていましたが・・
ネが食いしんぼうのワンコで、食べすぎで12歳で、糖尿になってしまって亡くなりました
手作りのものも与えたりしてたんですが・・
飼い主の責任でもあるんですが、後になってアレコレ悔やまれました
風邪をひいても辛いものですが、やっぱり健康が一番ですよね・・
風子
2009/02/04 10:51
そうなんですね、治れば何でもいいのだ♪須崎先生は獣医さんですが、同じような診察をやってる人間向け(笑)先生もいるみたいで、持病難病を持ってる人は特典として(笑)紹介してもらえるみたいです♪犬でも3万ですから人間だとどうなるのでしょう〜高嶺の花です…。でも命には代えられないかあ〜私も、ペットホテルの預けると下痢をする子なんで、なかなか札幌に帰れないです★
雨漏りさま
2009/02/04 11:11
ケモノ達…(笑)それにしても「見た目が普通に見えるようにする眼科手術」!すごいですね☆整形…みたいな感じでしょうか…目だからちょっと違うかしらん。元に戻らないなら手術で負担かけるより良いですよ〜。いずれにしろ大変な事です。ほんとなにもかもがイッチョ前ですわ〜金額は保険がないから、イッチョ前以上ですが…
ミー太郎さま
2009/02/04 11:24
ペットフードの世界はすごいみたいです…ちゃんとやってるとこもあるんですが、一缶百円ってもう、そういう内容だって事なんですよね〜。値段には理由がある☆ドラマは今便利になって後でもゆっくり見れます♪私も乳児期はまったく見ませんでした〜☆受験、頑張って下さい♪♪♪
ブルー・ブルーさま
2009/02/04 11:31
糖尿ですか〜。ほんと、人間と同じですよね!健康いちばん♪動物は不調を隠す習性があるのでなかなか見つけられないみたいですね…。出来ることはやってあげたいと思っています♪もうほとんどわが子と同じですもんね
風子さま
2009/02/04 11:34
運命論者の僕は本能のままの食生活で限りある人生を生きているから、読んでみてふと僕は果たしてこれで好いのかしらんと思ってしまいましたよ(^-^) 


2009/02/04 12:30
(笑)どんなに良い食事をしてもまずいと思ってたり、ストレスがあったりするとやっぱり病気になるそうです☆全てはバランスみたいです♪動物はなんせものを言いませんし、「愛玩」なので、飼い主の納得のいくようにせざるを得ないんですよね〜
達さま
2009/02/04 14:55
落花生を撒く所もあるんですね。知りませんでした。節分と言えば、何処も大豆かと思っていましたが。
現代の医療は基本的に悪い所を切っておしまいというパターンが多い気がします。
やはり、お子様は生命力に溢れているんですね。
桃源児
2009/02/04 18:07
そうなんです♪落花生、北海道だけと思ったら宮崎もという事で驚きました☆掃除が楽で良いんですけどね(笑)。現代の医療、切っておしまいってひどいと思うんです〜!ずいぶん経済的事情が絡んでて医者のせいとも言えないようですが、患者である私たちは病院を妄信できないことは確かみたいです☆まさしく、チェック項目に「生命力」というのもあって(笑)バッチリでしたよ♪ホント、安心しました
桃源児さま
2009/02/04 19:14
こりすさんへ
お早うございます。カタカナ語が多くてその99%の意味がわからなくて結局わかったのは落花生の豆まきだけでした。自分の無知さかげんにあきれて笑ってしまいましたよ。昔我が家にも犬がいましたがほかりっぱなしで10年以上生きていました。
ひょうすけ
2009/02/05 05:02
おはようございます♪今回はかなりマイナーな話題でしたね(笑)まあこんな事気にしてる人もいるって言う感じで♪昔みたいに人のあまりご飯を食べてた方が良いって事ですよ〜☆最近のフードは安くてひどいので犬も可愛そうなんです
ひょうすけさま
2009/02/05 05:24
おはようございます。
今日も遅番出勤。 最終日です。
インフルの件で、あんこ顔とけんかして、2階に避難しています ww
雨漏り書斎主人
2009/02/05 09:13
けんかするほど…ってやつですねインフルエンザは猛威を振るってるようですね〜☆山口は人ごみ自体がないので(笑)ノンキにしてますが〜。
雨漏りさま
2009/02/05 09:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
動物のホリスティック医療 in 山口 こりすのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる