こりすのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 育児〜頭の中でけんか

<<   作成日時 : 2008/12/15 05:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

基本、変化に弱い私。
毎日同じ時間にご飯を食べ・・・きちんと同じ場所にリモコンがあり、
と言った具合。
でも、育児って、相手が人間なだけに、どんどん変わる・・・
3歳までが、花だった・・・
3歳までって、変化も可愛いもんで、なんというか、わが子で言えば
ペットみたいなもんで(笑)よく調教された犬であった。
しかしそれ以降は・・・人間と言うより、猿。
とにかく「真似」.。
教えてない事を真似るようになる。
禁止されてた事も、私がいなければするようになる。
私がいると、しないけど、なんで皆はして良いのに自分はしちゃだめなのか、
と思うようになる。そしていじける。
めんどくさいわ〜〜〜

近頃は自分自身にも、困ったことが。
たとえば、「これは子供に言っちゃいけない」と分かってて、言う。
なんでかね〜〜〜。言ってしまうの。

それから。
たとえば、朝ごはんで、「食べたくない」と言う。
マクロビな私は、朝は排毒の時間なので、食べないあるいは小食、大いに結構、と思う。
かたや、調教師の私が、食べたり食べなかったり、とか、残すと言う経験とか
させないほうが良い、と思っている。
またまた別な私が、世の中食べる事にも困ってる人がいると言うのに、なんと贅沢な!!!
と、思う。なので形勢的に、まず「なにを!!!」と、思う。
で、頭の中で、けんかが始まる。
しかし4歳で、この場合好き嫌いで言ってるのではなし、
他のもの食べてお腹すいてないではなし、ちょっと風邪気味であることだし
(そういう時はなるべく食べないほうが良い・・・食欲に任す方が良い)、
こういう時くらいなら、今後食べたり食べなかったりとかするようになると思えない。
と、言う事で、「仕方ない」と思って残させる。この間、わずか数秒。
でも、顔は眉間にしわがより、まったく!!!などと小言もついて、
選択したんだから微笑みで対応すりゃいいのに〜と思うんだけど、
感情が解決しないまま(というかそんな時間ないし)行動に移すので、
そうなってしまうんですな。それぞれの人格?が納得いってないままの即断。

ま〜あなた考えすぎよ〜、と、自分でも思う(笑)。
でも自分でもビックリするほどに、自分のしてる事には
すべてにそれなりの理由があって、なんとなくしてる事はないから、
上記のような事が起こってしまうんだと思う。
たとえば。普段は、水かルイボスティーを飲みます。
ちゃんとこれにも健康上理由がある。
好きだから〜とかなんとなく〜で、飲む飲み物も、する事も、ない。

これは調教の学校で私まで調教された結果だと思う。
(動物の調教で「なんとなく」する行為は絶対だめ!)
その割りに、勉強中はそう頭がシフトされてなかったからなかなかできず、
ついつい「なんとなく」とか「意味もなく」する事が多かった。
実に、育児でこれが発揮されてしまったのである・・・
私は柔軟に対応できるように鷹揚に構えていたいのであるが。
こんないちいち考えてるようじゃ、鷹揚のおの字にもかかってないではないか!!!
たぶん7歳まではひたすら人の真似を繰り返し、これがこの子のオリジナルじゃない、
いつか飽きて過ぎていく、と思っていればいいんだろうけど。
これからどんどんこの子のオリジナルが出て、いろんな事考えて、選択して、
たとえわが子でもどんどんわからないとこが増え、知らないとこでいろんな経験を
してくるから、ひとつの行動も、私の中の情報だけで判断できなくなり、
こりゃまた一体どうすりゃいいんでしょう。
まあなるようになるしかないのですが。そのときそのとき向き合うしか。

10時10分まゆで(古い?怒ったような眉毛)にらみつけるようにじっと見てる姿。
(特に嬉しいとき楽しいとき興味あるとき)
これがわが子の生まれてもったオリジナルなように思う。
はの字まゆ(情けな〜)の私も、同じなのであった(笑)
(すごく喜んでるのを態度に出すのが下手)

「チーム・バチスタの栄光」主題歌 青山テルマ「守りたいもの」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
育児の経験が無い私では役に立ちませんけど、
小さな子供って実に宇宙人だなと思います。(^^)
思いもよらない事を考えるし、やるし。(笑)
友人達の育児奮闘記を見るにつけそんな感想が。
一年ごとに個性が増す、自分とは違う感性を持つ
子供の変化ぶりは母親としても大きな衝撃なのでしょうね。
きちんとした理念に基づく行動は大事ですが、時には
もっと適当でも良いんじゃないかと思う私です。
基本「何となく」人間なので本当にそう思います。
こりすさんは頑張り屋さんなんでしょうね。。きっと。(^^)
ミー太郎
2008/12/15 10:44
自分の子供に対する親の反抗期なんだと割り切って考える訳にはいかない性格なんだね(^-^)

子供は3人いるのに子育て経験皆無の僕に語る資格はないけれど、3人共大人になって、それぞれがまっとうな社会人になってくれたのを見ると、してはいけないこと、こうあるべきことを小さな頃から教えて来たことが、人格となっていることを実感出来て嬉しく感じることがあるね。

2008/12/15 11:48
いくら自分の子でもやはり私とは違う別の人間なので
全部知りえるとは思ってないんだけど、なんとなく、
じゃ〜親としてどうすればいいの?という、若干の戸惑いが…
子供が4歳になって、出てきたんです〜。
頑張りやというか…ほんとに、いちいち考えすぎですよね(笑)
ミー太郎さま
2008/12/15 15:50
やっぱり大事なこと、というか伝えたいことは、小さいうちから
教えていくのが大事ですよね!
なんか小さいことにこだわってるな〜と、思いつつ…
頭がよくまわってない、というか…(笑)
大事なとこだけ押さえて、あとは気楽にしたいと思ってるんです〜〜〜☆
達さま
2008/12/15 15:53
資本主義の尖兵だった拙、育児は殆ど家人Tに任せっぱなしでしたが、
思えば彼女も苦労・苦闘してたんだなぁと改めて考えさせられました。
ありがとうございます。
雨漏り書斎主人
2008/12/15 23:59
うちなんかは悩みがないのが悩み、というほど、育児は楽してるんですけど、
悩みがないせいで小さいこと考えすぎちゃうんじゃないかな〜と思ってます。
おとなしい子だったら、もっと元気があっても良い、とか、ワザと悩みを作るみたいに…ないものねだりってよく言われますが、おとなしくても元気でも
なにかしら心配したり悩んだりするのが母親みたいですね☆
雨漏りさま
2008/12/16 05:20
お早う御座います〜♪
子供のいない私ですが、子育ての大変さがヒシヒシと伝わって
きます。
(守りたいもの)を聴きながら、こりすさんの気持ちがお子さんに
伝わっていくのではと感じています。
ミモザ
2008/12/16 06:31
ありがとうです♪♪♪
ほんとに大変な人もいるので、私なんか楽してて申し分けない感じなんですが、「大事なこと」さえ押さえてれば、伝わっていきますよねえ〜。ささいな事で迷う母親4年生であります
ミモザさま
2008/12/16 08:31
子供が小さい頃は、おやつは手作りとか、肉より魚とか、いろいろ頑張ったなぁ。
でもね、小学生になると友達の家にいって、いろいろ食べてきたみたいで。
今頃、知ったりするのよね。
最近は、なんでも食べろって感じになってきたかも。

昨日、当たったホ・オポノポノの本は、ちょっと私が読みたかったのと違う気がして、半分も読めません。
こりすさんが、読んだ本の題名を知りたいです。
ブルー・ブルー
2008/12/16 17:39
私も、小学校に入ったら給食もスゴイメニューだったりするし、友達と
何食べるかもう把握できないから、小学校入学までは頑張ってやっとこう、
と思ってやっとります♪
私の読んだ本は「ハワイの秘法」(ジョー・ヴィターリ)です。
自身をクリーニングすれば自ずと周りもクリーニングされる。
そのための言葉はひたすら、ごめんなさい、ゆるしてください、
ありがとう、愛してます…こりゃ簡単なようで深くて難しい!
と思ったのです〜。ブルー・ブルーさんが読みたい本かな…
ブルー・ブルーさま
2008/12/16 17:55
そうそう、ホ・オポノポノってそういうものよね。
この当たった本も確かに、そういう事も書いてあるんだけど、著者が自分はイルカの生まれ変わりとか、森にイルカが泳いでいるのが見えるとか・・・
なんか違うのよ
「ハワイの秘法」(ジョー・ヴィターリ)探してみる
ブルー・ブルー
2008/12/16 19:38
森にイルカ???イエ、別に良いですけどね〜何でも
この本は割りと冷静に書かれててお勧めですよ♪
「みんなが幸せになる ホ・オホノポノ」(イハレアカラ・ヒューレン)というのもそんな感じの本みたいです。これは未読ですが、昨年9月にでたみたいです。
ブルー・ブルーさま
2008/12/16 20:00
子育て、本当に大変なものですね。
頭の中でけんか、わかるような気がします。
大人は基本的に変化に弱いのではないかと思います。それに対して、子供は変化を好む者ではないかと思います。
桃源児
2008/12/16 23:57
おお!大人はわりと皆、変化に弱いですかね???私が超弱いだけじゃなかったんでしょうか…☆育児大変、といってもうちなんか楽なほうで恐縮なんですが、子供というか自分に自分が大変(笑)。まあこれが育児大変、のひとつかもしれませんね♪
桃源児さま
2008/12/17 04:47
こりすさん   おはようございます。
風の又三郎です。又来ます♪  (←よう分からん)  ww
雨漏り書斎主人
2008/12/17 09:31
(笑)又三郎ですね♪よう分からんけど(笑)了解です♪
雨漏りさま
2008/12/17 12:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
育児〜頭の中でけんか こりすのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる