こりすのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 「普通」ってコトバ

<<   作成日時 : 2008/07/15 05:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

最近、と言うか、育児するようになって
耳障りな言葉「普通」

断乳にしろ夜泣きにしろおむつはずれにしろ・・・
普通、断乳は○才、とか、夜泣きは成長の証だから普通ある、とか・・・
育児に「普通」なんてあるかい

同じ兄弟だって、お兄ちゃんと弟では全然違うのに、
人数が多いと「普通」で少ない方だと「普通じゃない」のかしら。
夜泣きしなかったうちの子は成長してないんか〜〜〜★

反抗期も。あるのが普通。ないと精神薄弱になる、とか。
(確かに意志が弱いかな?と思ったりしました。
き〜〜〜ってなるほど欲しがらないし、大声出したり、叩いたり、
ひっくり返ったり体を反らせたりするほど主張された事ない・・・)
小さい時いい子だった子は後で大変よ〜とかね(次の反抗期がひどい)。
良く言われました
もしそれが事実だとしたら3歳までに人生が決まっちゃうようなもんじゃない?
3歳反抗期があってもなくても、この後の人生は長い訳で、
この子には色んな事が待ってる訳で・・・
良い子に限って犯罪を犯す、とかね。
そのアバウトすぎるデータってなんなのかしらん???

反抗期と言えば、親、あるいは上の兄弟が怖過ぎて、思春期に
反抗しなかった、反抗する気になれなかった、と言う人もいるらしい。
別に犯罪も犯してなければ、まっとうないち日本人として生きてる様子。

それに「良い子」の定義もね、おかしい。
「大人から見て良い子」??
どんな子が良い子なんだろう?
どんな子が悪い子なんだろう?
子供は子供じゃないのかな〜。
今、良い子だとか悪い子だとか決めて何か良い事でもあるのだろうか?
その子が、良い子だろうが悪い子だろうが、
死ぬ時になるまでわからないんじゃないかな〜。

うちの子はジラも夜泣きも反抗期もなく、
聞き訳も良かったから、「後で怖い」タイプみたいだけど・・・
でもちゃんと、わがまもいうし、泣くし、いやだ、とも言う。
すっごい小さいだけで
「訳のわからない」ところがないし、心は安定してると思う。
だから、今は心配してない。
「後で怖い」事も。「後」だし。
人は変わるものだし(何歳になっても)変わるのが人間だし。
つまりのところ子供の性格をコントロールする事は出来ないのだから、
「子供」をそのまま、これからも、「ただ見」ていきたいなあと思う。
それが「うちの子」なんだし、この子に必要だったり、過程だったり、
私なんぞには解明しきれない彼女の人生を、見て行くのは楽しい。
これはシュタイナー教育勉強してきてそう思えるようになったなあ♪

でも、そのシュタイナー教育をされてる先生の本によれば。
思春期の反抗期で親や社会が許さない事をする事もある。
でもそれをやり続ける子とやめる事が出来ない子といて
やめる事が出来る子は無意識な基準を内に持っているのではないか、
それは私の尊敬する先生によれば幼児期の環境、どう育ったかに
よるのではないか、と言う。

学校も行政も、国民を「普通化」させたいように見える。
多様性、など、一向におかまいなし。一律化?
「早寝早起き朝ごはん」運動????
朝忙しいお宅で、トーストとジュース出すだけで精いっぱいなお母さんには
ひどい話・・・朝の勤務1時間繰り上げ措置でもあれば、と言う意見には納得(笑)
早寝早起き朝ごはんが地についてる私から見ても
ちょっと強制されるべき事ではないような。

何が良い、何が悪い、何が普通かって事も、現代は多様化してるように思う。

反抗期のサイトで、すごいブログを見た。
第1時反抗期(2歳半から3歳)よ〜?
〜個々の意志の強さが発達するは、その子供の反抗が引き起こした親との衝突が必要である。
 自分の意志を貫こうとする子供の欲求が周囲の者によって押さえつけられるのに対し、
 これに反発することで反発する意志の力が育まれる。
 逆に強い押さえつけがなければ強い反発もない、強い意志も育たないということになる。
 つまり、第一反抗期には強い命令と禁止による押さえつけが重要なのだ。
 場合によっては広義での体罰さえも絶対必須の条件となる。〜
第2次反抗期にはひょっとしてそれもありかな???と、
思わないでもないけど、3歳も????
これは3歳まで「西原式」2歳頃から「シュタイナー教育」勉強してきた
私には、びびびびっくり!なんですけど!!!
ついでに「抱っこ法」とは全く逆よね!!!
世の中いろんな考えがありますな〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こりすさんこんばんはっ!
私は子供などまだいませんが(結婚してない)、子育てについては(というより学校教育的な感覚で)よく考えますので興味深く拝見しました。
 「普通」については同じようにわずらわしく感じます。今は価値観については決して「普通」という基準を用いないように努力しています。
 私も犯行期には、社会に反する事をだいぶしたように感じます。やったかやってないか、ではなく、「結局やらなかったか」「やったけれどもやめた、あとから思うととんでもない事をした、と恥ずかしくおもう」かどうかだと思うんですよね。だから、成長過程に意味を読みとる(そこに価値を置く)こりすさんの考え・疑問に私は激しく共感です。
 だって、間違いのない人なんていないし、悪いことした事ないからこそ、そこ意地が悪いだなんて断言できないですよね。 親にたたかれた事のある人も、叩かれた事のない人も、良識のある人はあるんです。それって、どう育てたかっていう「物理的なやり方」ではなく、どういうやり方にせよ、そこに親ないし教える側の「愛があったかどうか」だと思いませんか?
ぶなしめじ
2008/07/17 23:48
なんか・・長くなってすみません・・ つづきです。

 どんなにやさしい教え方でも、ヘタクソな教え方でも間違った教え方でも、愛情さえあれば子供は感じとってくれるものだと思うんですよね。
 こりすさんの記事を読んで激しくそう感じました。
 『ついでに「抱っこ法」とは全く逆よね!!!』
このあたりを読むとなおそう思います。一番大事なことは子供への「子供のための」愛情ですよねv 子供に向けた自分への愛情ではなく。
 私に子供ができたら、もう一度こりすさんの記事は読みなおしたいなぁと思いますよホント。便乗していろいろ考えることはありますが、こりすさんの日々湧きだす疑問や考えって本当にすごいです。興味深いなぁって思います。
 私も改めて考えることが多くなりましたからねっ☆
いつもありがとうございますv
ぶなしめじ
2008/07/17 23:48
(涙)ありがとうです〜〜〜〜(涙)(涙)(涙)「私に子供ができたら〜記事は読みなおしたい」ありがとうです〜〜〜感激しました(涙)これらの記事で、ぶなさまの育児に取り入れるかどうかではなく、何の考えもなしに皆と同じにするより「一度一考する事」が素敵なのでは、と思うです!シュタイナーでは、「考えたり悩んだり乗り越えたりする姿を子供に見せる」という考え方があるのですよ。だから失敗(子供のためにできなかったり)しても良い、しようと思い悩んだ後ろ姿を子供はちゃんと見てます、って。これってぶなさまのいう「愛があったかどうか」に通じるのではないかしら?と思いました。それと私は「子供に向けた自分への愛情」って「愛情と言う罠」と呼んでいるんですが(笑)「〜してあげたい」「あなたのために」というフレーズが頭に浮かんだらいつもその罠の事を考えます。ぶなさまもう育児できるわ〜〜(笑)ところでぶなさま!餅は餅でも玄米餅!よろしく♪(チーズと合うかどうかは定かではありませんが…栄養的に☆夏バテメニューですから!笑)
ぶなさま
2008/07/18 05:34
反抗期のサイトのブログ…ひぇぇえぇぇ〜!!こ、個人差あるんだからみんながみんなそんな逆境に強いなんてことないと思いますよ〜!「3歳まではぬくぬくと育てる」って思ってる私にもびっくりでした!「普通」これは耳にたこさんができるくらい言われるし聞きます。離乳食をなかなか与えなかった私についには「知能遅れの子になる」って恐いこと周りは言い出して「普通」を求められました。「育児に「普通」なんてあるかい」もうこの言葉すごく気持ちよかったです☆普通を求められると「個性」はどうなってしまうのかよく考えてしまいます。大人になるにつれて受験や就職活動やらで今度はこっちのが求められますよね。「夜泣き」も個性!…いつかおわる日がきますよね(泣)
ひな
2008/07/31 00:07
なんかね、のきなみ一律化したいのかしら?って思うほどですよね。みんな同じじゃないといけない風潮…元々日本には昔からあったと思うんですけどね、でも現代は多様化してるじゃないですか!!!昔とは違うんだ〜〜〜★★★昔だって個性と認めてくれなくて窮屈に育った人いると思うなあ〜。少数派だけど頑張りませうね〜〜〜☆同じ少数派(だと思う)のその反抗期ブログのような方は…「普通」のように押しつけてこない事を祈るばかりですね(#^.^#)
ひなさま
2008/07/31 14:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
「普通」ってコトバ こりすのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる