こりすのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 脳の記憶とビック★フィッシュ

<<   作成日時 : 2008/03/20 07:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「ビック・フィッシュ」見ました。
時々遊びに行くぶなさま(ぶなちゃんち)に教えてもらったもの。
(やっとリンクの張り付け方分かったんだよ〜〜

なんか、心温まる良い映画でした。
(ちなみに「ネバーランド」も見たんですけど、良かった
実は2度目なんだけど、前の時はさほど感動しなかった。
「ビックフィッシュ」も前ならそんなに好きじゃなかったかも。
なんか「自分」は変わった、のを、実感しました。)

えっと・・・
心に残ったのは「事実」が重要なのか、
「脚色してあるけれど、楽しく素敵な事」が重要なのか、かな。
パパは、ストーリーテーラーのごとく、お話が上手。
しかも冒険経験も豊富で、どれが事実でどれが作り話か分からないくらい。
けど、事実である事より、皆が喜び楽しい事が、重要な、パパ。
作り話ばっかりで、「本当のパパ」が見えなくなって、
真実が知りたい息子。

私、も、「事実」が重要で、どんな嫌な事も見つめ、保存してました。
だってそれが事実だから。私がこの世に生きてる証の一つだから。
でも、この映画を見て、なんだか、その価値が、ひどくくだらないように感じました。
「楽しい」事の方が重要じゃない?って。

でも、大変だったことの方が多かった場合は・・・と、思った時、
年末から取り組んでたバイオグラフィーのワークにあった事を
思い出しました。
「過去を変えることができる」というエクササイズ。
〜「私の人生」と思っているものは、「私の記憶」によるもの。
 同じ時期同じ幼稚園に通ってたAさんの記憶は「お花がたくさん咲いて、
 夢のような幼稚園だった」Bさんは「国道が前を通っていて、
 車の音がうるさくて、それが嫌でたまらなかった」と、全然違う。
 夢のような幼稚園時代を過ごした記憶を持つAさんの人生。
 嫌でたまらなかった幼稚園時代の記憶を持つBさんの人生。
 そして二人が幼稚園時代の話をする機会があったら、
 お互いが忘れていた色んな記憶が付加され、彼らの過去が変わる。
 「私の歩んできた人生」だと思い込んできたものは私が覚えている事によるもの。
 であるから、記憶違いのために「私の人生」は事実と異なってるかもしれない。〜
私は、ちょっと、愕然としましたね(#^.^#)
事実と思ってた事が、本当は、事実じゃないかもしれない、
ただの思い込みだったせいかもしれない、ほんのワンシーンや、
一つの出来事で、全てを同じに、ひとくくりにしてしまっていたかもしれない、と。

で、ビック・フィッシュ。
「事実」である必要があるのかな?なんて思っちゃった。
「事実」でつまんないより、脚色で楽しい方が、
「私の人生」楽しいんじゃない?って。

息子の生まれた日、パパは幻のビック・フィッシュを、
金の指輪で釣ったんだ、と言うパパ。
事実は、パパの仕事中に、普通に病院に行って、
普通に出産されていたと言う事実。
「真実」をおいもともめて、パパの話が楽しめない息子。
「事実」を聞いて、「がっくり顔」の息子。←ちょっと笑っちゃた♪

バイオグラフィーのワークでは、「今の自分」は「過去の自分」の上に
成り立っている訳だから、自分の目の前の色んな出来事の答えは
自分の生きてきた全ての事を見て行けば、その中にある、と言うもの。
(ちょっと乱暴かな〜〜〜?(#^.^#)
だから、振り返って、「本当に嫌だった」事は、本当かもしれない。
でも、何で嫌だったのか、他にどういう事があったのか、その時の自分は
どうだったのか、本当にいろいろ考えて行くと、思い出す前の「嫌な記憶」も
それほどじゃなくなるような、気がするんです・・・
(まだワークが終わってないもんで、断言できない

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こりすさんこんばんはっ!
あっ♪ご覧になったのですね、すごくうれしいです♪これを見てぜひ感じとっていただきたい内容を私と同じように感じてくださって、すごくすごく嬉しかった!甘口ですごく見やすいのですが、重要なテーマが揺れ動いてしまうほどにかわいらしい設定や表現がされていて、ちょっと笑ってしまいますよねv私はね、真実や事実なんて知らなくていいと思ってる。基本的に物事には。
自分がいいと思えるものにはそう思っていたいし、好きではないなと思えるものには、自分なりに形を変えて考えるようには務めています。この映画がそうさせたわけではないのですが、そういう考え方をやさしく面白おかしく、「そんな考え方もありじゃぁないかっ☆」って笑いながら後押ししてくれるような映画で、観ていてすがすがしいですよねっ☆こりすさんが取り組んでらっしゃる活動にも通ずるものがあったのなら、さらに私は嬉しいですv見てくださってありがとうございますv
ぶなしめじ
2008/03/22 23:08
ぶなさまって〜〜〜「私が最近これがいいな、でも今までの自分の中に全然ないから、移行に難しい、けど、いいな〜〜〜」っていうの、ばっかり、持ってるんですよね!!!今回も、私の中での真実の定義が変化して、でもちょっとトロイから移行中かな。それもぶなさまなんかは前からそうで…って、何で!?どうやって!?みたいな(笑)まあ人はみんな違う、だから勉強になるんだろうけど…以前コメントくれた変化に対する受け止め方は、未だ私には難しいし…花粉症の自己暗示なんか苦手の最たるもの(笑)これからもぶなさま研究する事にしよう(^◇^)♪映画ありがとうございます、ね♪でも他のが全然レンタル中で見れないのよ〜〜〜涙涙涙
ぶなさま
2008/03/23 05:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
脳の記憶とビック★フィッシュ こりすのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる