こりすのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 音、Red、幸福度(韻を踏んでみました(#^.^#)

<<   作成日時 : 2008/01/23 05:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

病気を治す手立てとして幸せ感、があります。
「笑う」なんかそうです。
カラーブリージングと言ってピンクの空気を吸うとか。
心躍る音楽や香り、本などなど。
私ももちろんそれらは持ち合せておりますが、でも割と、
なにもせずにいる、「普通」の状態が幸せだったりして、
「私って人より幸福感の感知度が少ないのかな〜」つまり、
なかなか病気が治りにくいのかな〜などと思ったりしました。
まあ、これは、幸福度というのは個人差なので、
そういう訳でもないみたいですが。

心ウキウキ!も、良い!確かに!
けど、若干、疲れる・・・スパイスのように、ちょっぴりでいい・・・
私、枯葉が落ちただけで感動できるもん・・・
だって実際、東洋医学では、「喜は心(臓)を傷つける」というし・・・

心臓には赤い食品が良いそうですね(#^.^#)あとは野菜果物など。
特にホウレンソウ、ひじき、ナッツ類、かんきつ類、全粒、豆・・・
ベジタリアンメニューですな〜・・・私心臓が強くなるのかしらん?

赤は体を温めます。赤いお部屋の実験は有名ですね。

オーラソーマでは、赤はグランデイング(地に足つける)カラーです。
エネルギー、生命力、目覚め、情熱、犠牲、危険、活力・・・
チャクラは第一。下半身です。赤い靴下でも良いってくらい。
だから逆に夜は避けます。
レッドは私達が乗り越えるべき恨み、不満、怒りも表します。
自分の中のネガテイブな部分の存在を認め発散して行く事が
レッドのチャレンジ的側面です。

バイオグラフィーのワークがドンづまったところで、ピンポイント式で
「嫌な事に注目し、何かを得る」に切り替えたところ・・・
さっそく、「本当はやめたくなかったのにやめた仕事」の話になり号泣したばかり。
まさに今、私は赤が必要だったのかも

面白い記事発見。こういうのって、単純に「面白い」んです〜〜〜♪
「色聴という言葉を聴いたことがありますか。
ある音を聴いて色を見る能力のことです。原始人はこの能力を持っていたといわれ、
現代でもほとんどの子供たちにこの能力が備わっているそうです。
赤を色聴で表すと「ド」の音です。「ド」の音を聴くと、人は「赤」を感じ、
赤の色と同じイメージの刺激を受けます。黄色は「ラ」緑が「ファ」青が「ソ」。
白が混じる明るい色は高い音、黒が混じる暗い色は低い音。」

シュタイナー教育でも、音の事が出てきます。
特に幼児ではドとファの音はまだ早い(又はそれ以外は持ち合せている)
と言う事で、ペンタトニック音階(レミソラシ)を使います。
うちのライアーちゃんです(シュタイナー教育で使われる楽器)
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こりすさんこんばんはっ!
へぇっ☆赤色ってそんなに行動力のある色なのですねっ♪私は「ド」は黒いイメージがありました♪ソが青色かなぁ♪ラはみどりかなvなんて面白い想像をさせていただきましたv
ウキウキにつかれる気持は分からなくはありませんが、私は「嬉しい」という感情はとても大事にしています。嬉しいっていうのはね、嬉しすぎると悲しくなるんですよ、疲れる前に。こんなにも嬉しくって苦しい!みたいな。いっそ疲れて、萎えてしまいたいと思うほど嬉しさをかみしめてしまう私ですvどこへいくにもニヤニヤしてしまってねぇ(笑)でも、嬉しいのが時につかれるなんて、こりすさんはとっても充実した生活をなさっているんですねっ☆「普通の状態が幸せ」なんて、もう哲学の域ですよソレ!!☆
ぶなしめじ
2008/01/23 22:21
哲学…(^_^;)テ事はないだろうけど、幸せ欲求度と言うか低いんでしょうね〜★前に引用した「多くを望めば多く手に入る…」の時も「あ〜私あんまり望んでないからあんまり手に入んないな〜」って思いましたもんね!ぶなさまの「嬉しくって苦しい!」ってぶなさまのブログ読むと分かる〜〜〜ぶなさまアンナさまの話すると身もだえしてるもんね〜〜〜〜あはは(笑)←ゴメンナサイ♪にやにやも目に浮かぶ〜〜〜♪視覚派だから…
ぶなさま
2008/01/24 05:26
こんばんは☆今日はたくさん睡眠とったのでかなーり調子いいですっ!色彩は時には感情をもコントロールするんだなって思ったのはつわりの時です。私は「赤」がダメだったんですよ。赤い色は胸がむかむかしてきて一気に船酔い状態でした!確か入院していた祖父も赤がダメで病室から赤い色を取っ払ってましたよ。なんか弱ってる時には刺激が強いんですかねー。
音階は私も3歳からピアノをやっていましたが(今はまったくダメです!涙)色を意識しながらひいてました♪ドは赤だけどレは黄色ミは黄緑ファはピンクソは青でラはコールドでシが白でした〜。人の耳っておもしろいですねー☆「やめたくなかったのにやめた仕事」私も思い出して苦しくなっちゃいました。。赤!赤を探せーっ!(笑)
ひな
2008/01/28 00:27
おおっ☆赤でつわり…へ〜〜〜っすごい…しかもおじいさまもなんて〜〜不思議ィィ!!!さらにピアノまで〜〜〜!最近ピアノの奥深さに感動してる私です(ピアノの先生のメルマガ読んでて)!このフレーズは何色、ならまだ私にも何とか、でも各音の色を意識する?フレーズになったら色が混ざる?とかちょっと方向違いな想像をしてしまいました(#^.^#)いいな〜〜〜ピアノ…うちに電子ピアノがあって…いつかは…です(#^.^#)
ひなさま
2008/01/28 05:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
音、Red、幸福度(韻を踏んでみました(#^.^#) こりすのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる