こりすのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 親がいても子は育つ、さあ「思おう」(^O^)/

<<   作成日時 : 2008/01/11 05:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

私があーでもいないこーでもないとやってる側で、
我が子は日々成長している
私の事なんかおかまいなしに、私の影響受ける事なく、
立派に成長してほしいもんです・・・アーメン!
今勉強中なのは「どう子供に関わるか」と言うシュタイナー教育・・・
私が得た答えは「私が私が」ではなく、「この子がどう育ちたいか」を、
気づいてあげる事でしたビバ!シュタイナー!(←ばか・・・

微妙に良く分らないのは、うちの子の表現の小ささ。
ジラをしない、というのは親にとってはめちゃくちゃ楽な事だけど・・・

「兄弟がいないと闘争本能の育ちが遅い」とか「叩かれた事なかったり、
叩いてるとこみた事ないから」と言われたけれど・・・
一人っ子でもじだんだ踏んだり、叩いたりしてるしね・・・
それは見た事あるか、経験した事あるか、と言うより
やっぱり子供の性格があるように思う。
兄弟がいようといなかろうと、「欲しい」と言う要求が強ければ、
泣いたり怒ったり、叶わなければお母さんにねだったり叩いたり。
「そこまでするほど欲しい」ように見える。
うちのこには「そこまでして欲しい要求がない」ように見える。
だからそういう性格・・・な上に、私のやった育児は、多少あったそういう
とこもあまり育てない育児だったように感じる。
結論から言えば、そういう強い感情の起伏が必要に感じないし、
幼稚園でも入れば自ずと育つし、まあいっか・・・と言う感じではあるが。
でも「意志のない、風見鶏的性格の人間になったらどうしよう」と思う。

私自身言われた事のある事だけど、
すごく私はしたかったのに、例えればいわゆるじだんだをふまなかったから、
(じだんだをふむなんて想像できなかったからしなかっただけで)
「そんなにしたかったと思わなかった」
「そんなにしたかったら普通迷惑かえりみずじだんだ踏むよ」
と言われる。・・・・・・。
いいえ!すっごくしたかった!でも、じだんだふむなんて知らなかった・・・
と、我が子まで親と同じ目にあうような事になっても可哀想だし・・・

子供のホホすりすりして「☆☆ちゃ〜〜ん」とか、できない!
と悩む私に、旦那は「うらん(犬)にはしてるじゃん」と言い放った。
してる・・・確かに!しかもうちの子は叩くけど犬には叩かない(笑)
だってそれは〜〜〜犬は命も人生全て私に捧げてるんだもの〜〜〜
私がいないと死んじゃうんですもの〜〜〜それに比べて子供は
私から離れて出て行く人間ですし〜〜〜・・・責任の方が感じると言うか?
子供は3歳までに親孝行を済ますというが、まさしくうちの子は完全に
親孝行を済ませてますし・・・
絶対影響を与えてしまう「母親」と言う役を仰せつかってしまって、
いかに彼女の人生に邪魔にならないよう考えてんだけど。

全ては「愛情」…「愛情」に勝るものナシ!
そうじゃない事も出来るけど、子供の為にあえてやる。
今の私だと「私が得意だから」それらをやってるだけで、
たまたま子供のためにも良かっただけにすぎない。
「子供にも自分にも良い事」というか・・・
(自分ではこれが私の愛情、と思ってたけど、愛情だったかなあ
時々、もし「規則正しい生活は乳幼児に良くない」だったら、
私はどうなってたんだろう・・・って思う事がある。
親や親戚の助けもなく(むしろ自分の思い通りにできた)旦那も「口出ししない」
体制をとってたので、「一筋縄」になっちゃったのかもしれない・・・

私変わらないと・・・と悩んでる時「気づいただけいいよ」と言った人がいて、
私は「気づいただけで、まだできてないからダメじゃん・・・」って思ったんだけど、
変わるには「まず思」わなきゃダメだし、昨年暮れから、家で良い子、
外で子供らしく、って言うんじゃなくて、家も外も同じが良いな・・・と
思い始めてたら、特に何かした訳じゃないのにすでにもう家の中で
今までになく子供らしくなり始めている我が子・・・
「思う」ってすごい・・・というか、感知するの子供は早いな〜と思う。

「私が変わる」ために何をしたらいいか分からないできたけど・・・
やっぱり「思う」なのねえ・・・
そして叶うまで「思う」。
これは祈りにも通じます。

「多くをのぞめば、多くが返ってくる!あまりのぞまなければ、得るものも少ない!
何も望まなければ、何も得ることはできない。」
Expect much, you will obtain much! Expect little, you will obtain little!
Expect nothing, you will obtain nothing!

無粋な事を言えば肉体に直に呼びかけられるのは右脳。
具体策よりイメージだなっ☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
遺伝が有力かな・・って最近思うようになりましたよ。親のようになってほしくないってこと、私も妊娠中から思っていたことがあるんです。私は感受性が強い子だったので小さなことにも敏感に反応して夜泣きはすごいしじらもすごかったんです。(母は大変だったようです)この性格のせいで苦労したこともあるので、自分の子にはそうなってほしくないし、私が子育てする上でもきつい思いしたくないから、のんびりした子になるよう妊娠中から音楽聴いたりしてかなりゆったり過ごしたんですよ。だけど効果なかったみたいで・・(汗)うちの子は性格はどうも私の血をひいてしまったみたいなんです。感受性が強く気も強いのがよくわかります。何をしてほしいかよくわかるのですがその分こっちは体力つかいます。(全く妥協しないので泣き続けます)
ひな
2008/01/12 00:11
続き・・

そんな子供にたまに私はヒステリーが出てしまって怒鳴ったりお尻をぺチンとやったりしちゃいますけど、それでも結菜ちゃんは私にすり寄ってきますよvそして同じように母も私に対してはかなりヒステリーで怒鳴ったり叩いたりしてましたが、それでも私は母が大好きですよ。どんなに間違った子育てをされたとしてもあの時の母は一生懸命してくれたことに変わりないので感謝していますvでもこれに気づくのも成人して少し経ってからなんですよね。そして自分が子供を産んで更にその思いは強くなりました。私に似ているからといって子供には何が向いているかわからないですよね。ですからこれから私の知っている限りのことを見せたり聞かせたり習わせたりしていろんなレールを引いてあげようと思います☆どのレールに乗っかってくるかは子供次第で。それくらいのことしかできないかなぁって思ってます。こりすさんの記事を読んでまた子育てについて考えることができたので感謝ですーっ☆
ひな
2008/01/12 00:12
ありがとうですう…(;O;)私はほんとに、ペットを育てるように楽してきたので、3歳になった「今更」!!!!育児の事考えさせられてるんですよね(涙)。遺伝子学上遺伝はいってもいかなくても50%ちょっと。あと半分は環境なハズなんですよね…。その環境が「その子に良い(どう育ちたいか気付いてあげる)」であればいいんだろうけど、今は「私がやってていい事」だから、私に似てきちゃうんかな…、と、今書いてて思いました!おおお!←ひとり感動(*^_^*)
ひなさま
2008/01/12 09:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
親がいても子は育つ、さあ「思おう」(^O^)/ こりすのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる